饗庭局(あえばのつぼね)~最期まで淀殿に忠義を貫いた浅井の女性


スポンサーリンク
スポンサーリンク

饗庭局(あえばのつぼね)の父は田屋明政で、母は浅井亮政の嫡女・浅井鶴千代(栖松院)だが生年は不明。

父・田屋明政は、浅井氏の一族で、北近江・高島郷を支配する土豪であった。
浅井亮政の娘と結婚したのは、浅井亮政の婿養子として迎えられたためであったが、のちに浅井亮政の庶長子・浅井久政が浅井家の家督を継ぐことになったため、身を引いて姓名を「田屋」に戻したとされる。
しかし、当主の座を譲りながらも「大殿様」と家臣らからは慕われていたようだ。

姉に海津局(浅井政高の妻)がいる他、子には木村重成の番頭・内藤長秋がいる。

浅井長政お市の方の間に長女・茶々が誕生した際には、その乳母の1人となったようだ。
ただし、この頃、あいば殿(饗庭局)は15歳前後と考えられ、直接授乳した訳ではなく、乳母と言っても、血筋からで筆頭格の養育係であったようであるが、実態には謎が残る。

1573年9月1日、小谷城落城の際には、父・田屋明政は浅井長政を守って討死。

以後、浅井家の血をひく女性として、1589年の北の庄城落城も、ずっと茶々付きの高級侍女として生きる道を選んだようだ。
1598年、醍醐の花見には、茶々と共に和歌を残している。

「今日ここに人ともみゆきの山桜 あかず千年の春を重ねむ あい者」あいば殿(饗庭局)
「今日よりや花の色香も千年経む 君かみゆきの山桜かな かいつ」姉の海津局

1600年、石田三成関ヶ原の戦いでも、京極高次が籠城した大津城へ、淀殿の使者として遣わされている。
この時は、高台院(北政所)が派遣した孝蔵主、毛利輝元高野山からの使者・木食応其と共に大津城を開城に導き、豊臣秀吉の元側室・京極竜子を救出している。
また、京極高次の妻は、お初の方(浅井初)であった。
※京極家側の史料では、淀殿が大津城へ派遣したのは饗庭局の姉・海津局であるとされているが、入れ替わりで饗庭局も入った可能性はある。

淀君に近い順からの身分の高さは、大蔵卿局>二位局>正栄尼>饗庭局>梅津局である。

1614年、方広寺鐘銘事件の際には、大蔵卿局とともに駿府城を訪問し、徳川家康と会見。
大坂冬の陣での徳川家との和平交渉でも、常高院(浅井初)と共に徳川家康の本陣を訪ねて、再度の血判を求めた。

1615年5月8日、大坂夏の陣にて豊臣家が敗れ、豊臣秀頼と淀殿が自害するとそれに殉じて、子の田屋長秋と共に自刃した。
淀殿と固い絆で結ばれていたともされ、三十二義士の1人にその名が見られる。

小谷城の訪問記と小谷城の戦い~浅井家の滅亡・浅井御殿も
浅井長政(詳細版)~初陣で3倍の敵兵力に勝利した勇将
淀殿(淀の方、茶々)~豊臣家・我が子の為に生涯を全うした強き女性
大津城の戦い~京極高次と京極竜子~武田元明や京極高知との関係も
大野治長~大阪城にて淀殿を最後まで支えた豊臣の忠義者
清韓と方広寺鐘銘事件~文英清韓とは
大蔵局/大蔵卿局と大野治房・大野治胤・大野治純
木村重成とは~ 冷静さと勇敢・仁愛にあふれた若武者の最後
彦根・宋安寺~淀殿の念持仏がある名刹
大阪城の史跡巡り観光堪能2時間コースのご紹介

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 山手殿は宇多頼忠の娘という説が有力だが、武田信玄の家臣・遠山右馬助の娘とする説もあり、良くわかってい…
  2. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。 亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…
  3.  阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達…

人気の戦国武将

  1. 菅沼定忠(すがぬま-さだただ)は、田峯菅沼氏である菅沼定継の子となるが生年や母は不詳となる。 (…
  2. 淀殿(茶々)が産んだ、子供である豊臣秀頼の父親は誰なのでしょう? 状況的には豊臣秀吉が父親であ…
  3. 戦国時代を制して平和な江戸時代をもたらした英傑・徳川家康。 戦国の世に生まれ、今川義元の人質であり…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る