荒木村次(尼崎城主)は荒木村重の嫡男、そして次男・荒木村常


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 荒木村次は、有岡城主・荒木村重の嫡男で、生年は1561年頃と推定。
 母は、伊丹家の家臣団(伊丹市北河原)である、北河原長勝(北河原三河守長勝、北川原長勝)の娘とされる。

 この北河原長勝は、伊丹城主・伊丹親興?の第一の家臣であったが娘が荒木村重に嫁いでいた為、茨木城主・荒木村重と伊丹親興が争うようになると、北河原長勝は疑いを掛けられた。そして、伊丹親興は重臣・野間勘太夫と計って、北河原長勝を一族ともに追放したようだ。北河原長勝は、猪名寺(伊奈寺)に籠って抵抗したが、1574年3月中旬に伊丹親興の攻撃を受けて北河原長勝は討死。
 生き延びた北河原一族は、娘の嫁ぎ先であった荒木村重を頼り、その後、1574年11月に、荒木村重は伊丹城ほ攻めて、伊丹親興は自害。荒木村重は伊丹城を大改修し「有岡城」と改名し本拠地とした。
 伊丹親興の子・伊丹忠親は、明智光秀による本能寺の変のあと、羽柴秀吉(豊臣秀吉)に仕え、その後、黒田長政に仕えて関ヶ原の戦いで討死している。

 だいぶ話が逸れたが、荒木村次は正室に明智光秀の養女(娘とも)の倫子(革手)を迎えており、尼崎城主(大物城)を任されたようだ。
 1578年に、父・荒木村重が織田信長に反旗を翻すと、荒木村次は尼崎城にて籠城。

 1579年9月、父・荒木村重が荒木村次の尼崎城に逃亡した。

 スポンサーリンク


 なお、荒木村重の次男・荒木村常は北河原氏の北河原親忠(北河原与作)に養育されたとされるが、母や生没年は不明。
 この北河原与作の妻は、荒木村重の重臣・瓦林越後守の娘で、織田信長により有岡城が落城した際には、荒木村重の妻(継室?側室?)・だし らと共に、六条河原で処刑されている。北河原与作の妻は17歳だった。

 このように有岡城が落城した際には、荒木一族は妻子まで処刑されたが、その中に、荒木村次や荒木村常の名は含まれていないので、父・荒木村重と共に行動していたものと考えられる。

 荒木村重らは12月中に尼崎城を抜け出して花隈城に移動し、しばらく籠城。
 しかし、1580年3月2日と、7月2日の花隈城の戦いで、荒木村重は大河原具雅、荒木元清、瓦林越後守らと共に奮戦するが、池田恒興・池田元助・池田輝政に敗れると、毛利氏のもとに亡命した。
 恐らく、荒木村重と荒木村次・荒木村常も共に毛利を頼って逃亡したと考えられ、この頃に荒木村次は明智光秀の娘・倫子と離別。倫子はのち、明智秀満の正室になった。

 2年後の1582年6月に、明智光秀による本能寺の変で織田信長が亡くなると、逃亡生活から解放された。

 荒木村次は、羽柴秀吉に許されて家臣に迎えられ、1583年に柴田勝家と戦った賤ヶ岳の戦いに参戦。
 しかし、足を負傷した後遺症で、以後戦場で活躍する事ができなくなったようで大阪に住んだ。のち徳川家康家臣となるも38歳で死去。(没年不明)
 弟・荒木村基も羽柴秀吉の御伽衆となり、剃髪して道薫と名乗っていたとも、負傷で合戦に出れなくなった兄・荒木村次の代わりに豊臣秀吉に仕えたともある。(没年不明)

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1.  1547年?に誕生した「おね」は、尾張国の杉原定利の娘(次女)で、母は朝日殿。  生まれてす…
  2. 千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた。…
  3. 大蔵卿局・大蔵局(おおくらのつぼね)は浅井長政の家臣だっとされる大野定長の妻で、茶々の乳母であったと…

人気の戦国武将

  1. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  2. 源頼朝は、源氏の頭領である、源義朝の3男として、1147年4月8日に尾張の熱田神宮西側にあった神宮大…
  3. 戦国時代を制して平和な江戸時代をもたらした英傑・徳川家康。 戦国の世に生まれ、今川義元の人質であり…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり。
戦国武将シャツ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る