新宿の山吹の里伝説~新宿中央公園の碑と紅皿の墓(大聖院)


スポンサーリンク
スポンサーリンク

太田道灌の山吹伝説は、その候補地がいくつかありますが、今回は東京都新宿区の山吹の里伝説を、現地写真も踏まえてご紹介させて頂きます。

新宿で伝わる伝説では、太田道灌が高田の里(神田川の面影橋付近)へ鷹狩に来て、にわかに雨にあったとされます。
この「山吹の里伝説」に関しては、下記の太田道灌の項目にてご確認願います。

太田道灌~忠義を貫いた名将の終焉の地~太田道灌の首塚

まず、都庁の脇にある新宿中央公園には「久遠の像」がありますので、行って見ました。

 スポンサーリンク


久遠の像は山本豊一氏が制作した銅像で、江戸城を築いた太田道灌が鷹狩りをした際の、少女とのやり取りが表現されています。

この少女の名は「紅皿」(べにざら)と言い、太田道灌はのちに紅皿を江戸城に招いて歌の友としたそうです。
太田道灌が殺害されたあと紅皿は出家して尼となり、大久保に小庵を結んで太田道灌の菩提を弔いながら暮らしたと伝わっています。

都営地下鉄・大江戸線の「都庁前」のA5出口を出ますと、そこは新宿中央公園となります。
その新宿中央公園の北端に「久遠の像」があります。
下記地図のポイント地点の辺りがその場所です。

再び、大江戸線に乗り飯田橋方面に向かい、途中の「東新宿」で下車します。
東新宿駅ではA3出口から出ると、新宿イーストサイドスクエアの広場に出ますので、そのまま広場を東へと歩いて行きます。
そして、狭い通路を抜けると街に出ますが、そのまま道を真っ直ぐに進むと、小高い丘に少女・紅皿の墓がある大聖院となります。

ちなみに、大聖院は隣の西向天神社と並んでいます。

上記写真の階段を登ると、大聖院です。

かつてこの辺りは東大久保と呼ばれていたそうです。

この階段は短い階段ですが「山吹坂」と呼ばれています。

さて、紅皿の墓がある場所ですが、ちょっとわかりにくくて、グルッと回り込む必要があります。
大聖院の境内から北へ降りる階段を降りて、右にある駐車場へ登って行き、右手に折れると墓所があります。

境内からだとフェンスがあって入れませんので、回り込んでください。
下記地図のポイント地点の場所に紅皿の墓と伝わる墓碑があります。

面影橋の山吹の里の碑

新宿の早稲田に近い神田川に掛かる「面影橋」があります。
その橋の脇に「山吹の里の碑」があります。

なんでも、この辺りから新宿区山吹町までを、その昔は「山吹の里」と詠んだそうで、近くには山吹の里公園もあります。
なお、面影橋の「山吹の碑」は1686年年に建てられたそうです。
都電荒川線の面影橋駅から北の神田川を渡った、右側にあります。

山吹の里伝説は、歌舞伎で人気を博したこともあり、他にも埼玉県の越生町、東京都荒川区の町屋も伝承地となっています。

太田道灌~忠義を貫いた名将の終焉の地~太田道灌の首塚
石神井城と愛宕山城・三宝寺(東京都練馬区)
江戸城とは?【意外と見どころも多い江戸城の写真集】

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 豪姫(ごうひめ)は、織田信長の家臣・前田利家の4娘として尾張・荒子城(愛知県名古屋市)にて1574年…
  2. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  3. 寿桂尼(じゅけいに)は、藤原北家である勧修寺流の中御門家(公家)・権大納言中御門宣胤の娘で、兄に中御…

人気の戦国武将

  1. 広島城(ひろしまじょう)は1589年に築城された輪郭式平城で、別名は鯉城(りじょう)、在間城(ざいま…
  2.  天正壬午の乱(てんしょうじんごのらん)は、1582年6月、織田信長の死後、空白地帯となった甲斐・信…
  3. 今川義元(いまがわ-よしもと)は、1519年、駿河・遠江守護の今川氏親の5男として生まれた。幼名は芳…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る