カテゴリー:織田氏

  • 織田信行(織田信勝)~信長の弟の数奇な運命

     織田信行(織田信勝)は、織田信長の弟と説明すると一番分かりやすいだろう。  1536年に、織田信秀の3男として、母・土田御前との間に生まれたとされるが、生まれた年も含めて不確定要素が多い。  名は織田信行・織田…
  • 生駒吉乃 (いこま きつの)~謎が多い信長最愛の妻

     生駒吉乃(いこまきつの)は、柳街道に沿った小折(愛知県江南市)の富商・生駒家宗(生駒八右衛門家宗)の長女として、1528年?に誕生した。  生駒屋敷は小折にあることから「小折城」とも呼ばれ、生駒家は当時大量生産できな…
  • 今井宗久~織田信長が最も信頼した茶人

     今井宗久が生まれたのは1520年で、大和の今井町にて誕生した。  父は今井宗慶(今井出羽守宗慶)の3男で名前などは不明。母も不詳。  今井宗久の名は今井兼員で、初名を久秀、通称を彦八郎のち彦右衛門。号は昨夢庵寿林。…
  • 佐久間信盛~退き佐久間も最後は追放される運命に

     父は山崎城主・佐久間信晴、母の名は不明。  佐久間信盛は、1528年生まれとされ、若いころから織田信秀に仕え、のちに織田信長が幼少だったころから重臣として仕えた。  家督相続問題でも一貫して織田信長を支持して、…
  • 土田御前(どたごぜん)とは~信長の母

     土田御前を一番分かりやすくご説明すると、織田信長の母親と言えよう。    土田御前は織田信長の父・織田信秀の継室であるが、実名は不明。一説には土田政久(土田治郎左衛門秀久)の娘とも。  織田信長を生んだ他、織…
  • お濃(濃姫、お濃の方、帰蝶、鷺山殿)~謎多き道三の娘の生涯

     濃姫(帰蝶)は美濃の大名・斎藤道三の3女で1535年生まれとも。母は明智光継の娘である小見の方。  兄弟には斎藤利治がいる。斎藤義龍(斉藤義竜)とは異母兄妹。 (さらに…)…
  • 明智光秀とは?数奇なその生涯~本能寺の変と最後の地「明智藪」~詳細年表

    一介の浪人から織田信長に仕えると、その卓越した才能を発揮し、織田家の中でも異例の出世をする。 所領では税金を軽減して治水工事を行うなど善政も見られ、はたまた連歌会を催すなど教養も豊かな片りんを見せている。 そして、織…
  • 黒田官兵衛とは 黒田家とは~名軍師・黒田孝高、黒田如水の詳細紹介

     黒田官兵衛(黒田孝高、黒田如水)は天文15年11月29日(1546年12月22日)の朝8時頃に、黒田満隆(のちの黒田職隆、小寺職隆)の嫡男として播磨国の姫路で生まれた。  父・黒田満隆は23歳で、母は、16歳だっとさ…
  • 千利休(千宗易)~わびさびの茶で調べる信長・秀吉の茶頭

    千利休(せんのりきゅう、せんりきゅう)は1522年に和泉国・堺の今市町(現在の宿院西1丁)で、長男として生まれた。幼名は与四郎(與四郎)。 ※生年については1521年の説もある。 生まれは高名な商家で、家業は魚屋(と…
  • 荒木村重とは~池田家家臣から摂津37万石の大名に出世した豪傑

     荒木村重は、1535年、荒木義村(荒木信濃守義村)の嫡男として生まれた。祖父にあたる荒木高村の子とする説もある。  母の名などは不詳。  元々、荒木家は波多野氏の一門で、荒木村重から見ると祖父にあたる荒木高村が…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 石井彦鶴姫は、1541年に肥前・飯盛城主である石井常延(石井兵部少輔常延)の次女として生まれました。…
  2. 阿古姫(あこひめ)は、長宗我部元親の3娘です。 長宗我部氏の家臣で、上ノ加江城主である佐竹親直…
  3. 寿桂尼(じゅけいに)は、藤原北家である勧修寺流の中御門家(公家)・権大納言中御門宣胤の娘で、兄に中御…
  4. 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(ま…

人気の戦国武将

  1. 淀殿(茶々)が産んだ、子供である豊臣秀頼の父親は誰なのでしょう? 状況的には豊臣秀吉が父親であ…
  2. 安土城(あづちじょう)は、琵琶湖東岸の標高199m安土山に織田信長が命じて築城した山城(比高112m…
  3. 甲斐宗運(かい-そううん)は阿蘇神社大宮司・阿蘇惟豊の筆頭家老である甲斐親宣の子として生まれた。 …
  4. 北条氏康(ほうじょう-うじやす)は、小田原北条氏の第2代当主・北条氏綱の嫡男として1515年に生まれ…
限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る