大一大万大吉の意味【旗印】石田三成と石田為久の関係は?(石田為久の墓も)


スポンサーリンク
スポンサーリンク

関ヶ原の戦いにおいて、石田三成は旗印に「大一大万大吉」と記載していたとされる。
元々、石田三成の家紋は「九曜紋」であるが、はて、この「大一大万大吉」とはどのような意味があったのか?

この「大一大万大吉」と言うのは、1184年に木曾義仲を討ち取った石田為久(石田次郎為久)という武将が使っていたものとされる。

石田為久

石田為久(石田次郎為久)は、平安時代末期の三浦一族・蘆名為景の子で、当時、相模国大住郡糟屋庄石田郷(神奈川県伊勢原市)を知行していた。
今で言う、小田急線の愛甲石田駅付近である。
石田の名前の発祥地は全国に数箇所あるが、そのうちの1つでもある。

石田次郎為久は、1184年に源頼朝の命を受けた源範頼・源義経と共に京へ進軍し、乱暴狼藉を働いていた木曽義仲を近江粟津原(瀬田の唐橋近く)にて討ち取ったことで、名を馳せた武将でもある。

すぐ愛甲石田北側の毛利庄は、毛利元就の祖となる毛利季光の知行地であることを考慮すると、毛利家も石田為久(いしだためひさ)と接点があったかも知れない。
そんな石田為久が使っていた旗印(軍旗)が「大一大万大吉」であったとされる。

もちろん、石田三成は同じ苗字の武将がかつて使用していた「大一大万大吉」を知り、まさに自分が目指そうとしていることだと言う思いもあり、使用したのだろうか?

 スポンサーリンク


大一大万大吉の意味

読み方は「だいいち-だいまん-だいきち」。

この意味としては「1人が万民のために、万民は1人のために尽くせば、天下の人々は幸福(吉)になれる」である。

なお、この「大一大万大吉」を使用したのは、石田三成だけでなく、備後山内氏(山内首藤氏)も使用していたとされる。
山内首藤清俊と言う鎌倉武将が、1243年に熊野山領であった相模国愛甲庄を知行しているため、この山内首藤清俊と石田為久じたいも、血縁関係など接点があったとも考えられる。
ちなみに、戦国大名で掛川城主から高知城主になった山内一豊も、この山内家の傍流を称している。

さらに、ちなみにで申し上げると、江戸時代には山内家の一族である五味家が「大一大万大吉」を使用した。

石田城(石田館跡)と石田為久の墓

愛甲石田駅の南東にある園光院の墓地に、石田為久の墓がある。
そもそも、石田城(石田館跡)が現在の園光院とされており、本堂・裏手が墓地に石田為久の墓があるのだが、結構、古い五輪塔も予想以上に多く、特に案内板などはないので、捜しても分からなかった。
スマホで写真を見て、同じ墓石を探そうと操作開始したら、お寺の方がちょうど買い物で出てきて、声を掛けてくださり、お陰様で石田為久の墓をお参りする事が出来た次第である。

石田為久の墓がある場所は、本堂右脇から入って、墓地の最上段へと上がり、すぐ右手であった。
父・石田為景と石田為久が一緒の墓となっている。
付近は「伊志田」と言う地名も残っており、この書き方の方が古そうである。

園光院への行き方・アクセスは、下記の地図ポイント地点が駐車場となる。

石田三成に関してはこちら
毛利季光とは【戦国大名・毛利家の祖】すなわち長州藩主の祖
丸山城と高部屋神社・糟屋館跡【神奈川県伊勢原市】
石田三成出生の地である石田屋敷跡と石田一族供養塔~三碗の才の大原観音寺
関ヶ原の笹尾山「石田三成陣跡」(島左近陣跡、蒲生郷舎陣跡)~石田三成の夢
訪問しておきたい神奈川県の城郭・寺院・古戦場など一覧リスト

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 奈多夫人(なだふじん)は大友義鎮(大友宗麟)の継室です。 奈多城主でもある八幡奈多宮の大宮司・奈多…
  2. 慶誾尼(けいぎんに)は、慶ぎん尼とも書きますが、1509年に生まれた村中龍造寺家の当主・龍造寺胤和(…
  3. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…

人気の戦国武将

  1. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…
  2. 真田丸(さなだまる)とは、真田幸村が築いた大阪城の出城の名称である。 大坂冬の陣に参加して欲し…
  3. 戦国時代を制して平和な江戸時代をもたらした英傑・徳川家康。 戦国の世に生まれ、今川義元の人質であり…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
2016年10月、書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

2016年8月、戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る