土田御前(どたごぜん)とは~信長の母


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 土田御前を一番分かりやすくご説明すると、織田信長の母親と言えよう。
 
 土田御前は織田信長の父・織田信秀の継室であるが、実名は不明。一説には土田政久(土田治郎左衛門秀久)の娘とも。

 織田信長を生んだ他、織田信行、織田秀孝、織田信包お市の方、お犬の方(佐治信方正室)を生んでいる。

 うつけと呼ばれた織田信長を嫌い、夫・織田信秀の死後は、可愛がっていた次男・織田信行と共に末森城に居住した。  

 織田家の家督争いで、織田信行が敗れると、織田信長に命乞いをして一度は許されたが、結果的に織田信行は誅殺されている。

 明智光秀本能寺の変で、織田信長と織田信忠が亡くなった当時は安土城におり、濃姫らと日野城を経た後、孫の織田信雄の庇護を受け「大方殿様」と尊称され、640貫文を化粧料として与えられている。

 織田信雄の改易後は、織田信包を頼り、1594年1月7日に死去。墓所は三重県津市の塔世山四天王寺

 スポンサーリンク



スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた。…
  2. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…
  3. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…

人気の戦国武将

  1. 淀城には「淀古城」と「淀城」の2つがありますが、その理由と歴史について調べてみました。 (さらに…
  2. ▼徳川家康は天文11年(1542年)に、三河国(現在の愛知県東部)岡崎城で小大名・松平広忠の嫡男とし…
  3. 錦帯橋(きんたいきょう)は、国の名勝で「日本三名橋」「日本三大奇橋」とも選ばれています。 初代…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る