三増合戦まつり~甲冑寸劇Sactさんの皆さまを応援・撮影する会【戦国武将好きのFacebook-clubイベント】


スポンサーリンク
スポンサーリンク

武田信玄北条氏照北条氏邦らが激戦を繰り広げた「三増峠の戦い」(みませとうげのたたかい)。
その合戦の「中心地」にて開催される「三増合戦まつり」を皆さまと共に見学すると言う企画イベント参加者を募集致します。

三増峠の戦いについてはこちら

私が撮影したものではありませんが、昨年(2015年)の三増合戦まつりの動画を参考までに掲載しておきます。

■開催日

2016年10月2日(日)
※雨天決行です

■開催場所

神奈川県愛川町の三増合戦跡地
※雨天の場合には屋根がある体育館に会場変更となりますので、当日にFacebookにて場所など配信させて頂く予定です。

電車ですと結構「不便」なところですので、クルマの方は電車組の方など「乗り合わせ」など、参加者様同士でご調整願えますと幸いです。
当サイトやFBグループでは責任を取れないので、待ち合わせなどには関与できませんが、FBイベント告知ページにて「往復クルマ同乗させてください」などと呼び掛けて頂ければ幸いです。

※なお、クルマに同乗される電車組の方は、大変恐れ入りますが、国内旅行保険(日帰り330円)などにご自身にてお申込みのうえ、ご参加のほどお願いできますと幸いです。
※当日用には、非公開で連絡用のメッセージ・スレッド(参加者様用スレッド)にて連絡を取り合います。

■無料駐車場の場所

下記の地図ポイント地点となります。
地図は縮尺を変えてご覧願います。
※ヤフーの仕様が変わったようでして、地図の位置を再調整しました。

※「詳しい地図で見る」にすると、ポイント地点がずれてしまう現象を確認しています。上記の中で拡大・縮小願います。

最寄りの臨時駐車場が満車になりますと、ちょっと離れた所に誘導されるかも知れませんのでご了承願います。
朝10時前には、武者行列通過のため、道路が10分ほど通行止になる場合があります。

■遠方からの交通情報

東京方面からの場合「新宿駅」から小田急線の「小田原方面」(小田原・箱根湯本)行き「快速急行」又は「急行」(いずれも急行券不要)で「海老名駅」か「本厚木駅」でクルマ組に合流が良いです。
※特急ロマンスカー(特急券必要)で本厚木も行けますが、本厚木停車の特急は少ないです。

東海道新幹線の場合は「小田原駅」「新横浜駅」が最寄りとなります。
小田原の場合には、小田急線で「本厚木駅」まで行って、クルマ組の方に同乗するのが良いです。
※厚木駅と言うのもあるので「本厚木」と間違わないよう注意。
新横浜の場合にはJR横浜線で「町田駅」乗換の小田急線の小田原・箱根湯本方面で「本厚木駅」が分かりやすいです。
※小田急線は快速急行まで特急券不要で、特急だけ特急券必要です。
相模大野駅で、藤沢・江の島方面に線路が分かれているので、町田や新宿から乗車時には行き先注意です。

航空機の場合には羽田空港から京急の「エアポート急行」(急行券不要)の「新逗子」行きで「横浜」乗換の相鉄線の「急行」(急行券不要)の「海老名」行きで終点「海老名」、海老名か本厚木辺りでクルマ組が良いです。
※エアポート急行は横浜方面と東京方面があります。「新逗子」行きが横浜方面で、それ以外は品川方面となりますので、ご注意を。
※羽田からリムジンバスで本厚木駅まで行くこともできます。(所要80分)

JALのダイナミックパッケージ、楽天トラベルの航空機+宿泊などは飛行機の時間も選べて、航空運賃もIT運賃と言う旅行会社向けの安い設定となっていますので、ご参考までに。

なお、三増の会場近くにバス停もあるのですが、日曜日はほとんど運行がなく、日曜に運転があるバス停からも徒歩20分以上です。
しかも、バスの本数も少ないですし、最寄り駅からバスも所要60分掛かりますし、バスも色々な行き先があり、不慣れですと大変かと存じます。
車でしたら駅から40分くらいで現地到着できますので、クルマ組の方を頼ったほうが無難です。

■集合・解散目安

朝10時前に武者行列の入場がありますので、目標としては少し余裕を持って朝9時30分現地集合となります。
武者行列が会場に入場するとそのまま「出陣式」となります。
その後、SacTさんによる三増峠の戦い寸劇は、午後13時台になる見込みです。(まだ詳しい時間は未定)
なお、SacTさんのご配慮で、劇の終了後にバックステージにて戦国武将姿の演者さまと記念撮影などができる場もご用意いただける予定です。
そのあとは15時頃に「帰陣式」となり、そのあと現地解散と致します。
遠距離の方もおられると存じますので、遅れて来る・早く帰るなどの遅刻・早退があっても構いません。
ただし、人数は把握できた方が良いと存じますので、9時30分より到着が遅い方や15時より早く帰るご予定の場合には、事前に一声掛けて頂けますと幸いです。
以上の予定などは変更になる場合がございます。
変更事項などは、Facebookのイベント案内ページに記載致しますので、適時チェック願います。

■甲冑劇SacTさんによる寸劇予定武将(2016年)

武田信玄
浅利信種
曽根昌世
武藤喜兵衛昌幸(真田昌幸)
山県三郎兵衛昌景(山県昌景)
北條氏照
北條綱成
北條氏邦

■概要ご案内

お昼ごはんは現地の出店で購入も可能ですが、持参差し入れも歓迎致します。ただし、晴れると気温が高くなり痛みやすいので、その点はご配慮賜りますと幸いです。
簡易ベンチとテーブルがありますので、場所が空いていれば陣取る予定です。(雨天時は屋内にビニールシートとなります。)
プリンター印刷などの手作り名刺で良いですので、よければお名刺をご持参願います。交流をはかるため名刺交換会もできればと存じております。
晴天の場合には、日光を遮るものがありません。日に焼けますので日焼け止め必須です。
風が無いと暑いですので、ウチワや扇子があると良いかも知れません。
運転される方は当然ですが会場での飲酒はご辛抱を。
一眼レフの方は、風が強い場合の砂ぼこり対策を。
近所にコンビニはありませんので、買い物などは会場設置の出店利用となります。
トレイは仮設ですが、例年ですとそんなに混雑はしないと思います。
貴重品の取り扱いについては充分にご注意願います。毎年落し物の放送が掛かっています。
朝に晴れていても午後から雨天が予想される場合には、実行委員会の方で、雨天会場にての開催と判断することもあると思いますので、当日の朝、必ず当方FBイベントページでのお知らせをご確認願います。

■絶対必要な持ち物

日焼け止め、折りたたみ傘、折り畳みクッションシート、お金など

■参加お申込み

このイベント企画はFacebookのグループ「戦国武将好きのFacebook-club」のメンバー様を対象に致しております。
まだメンバーになられていない方は、もしよければご申請のうえ、高田まで10月2日参加希望とお知らせ願います。ご招待させて頂きます。
当日に向けての細かな連絡などはイベント用ページを使用させて頂きます。
※参加者把握などの関係上、Facebookのイベントページ以外からのご参加受付は致しておりませんのでご了承願います。

※高校生未満(中学生まで)は保護者様ご同伴にてのご参加をお願い申し上げます。
※ご参加表明は当日の朝でも大丈夫ですが、当日は高田からは返信できない可能性が高いです。(スマホではFBやっていないので。) なお、電車組の方でクルマ同乗希望される場合には各自で交渉などお願いする関係で9月25日くらいまでにご参加表明願います。
※事故やトラブルなどが発生しても、当サイトやFBグループなどでは一切責任を負いかねますので、ご了承いただける方のみお申込み賜りますようお願い申し上げます。
※このページでは告知詳細ですので、ご質問・お問い合わせなどはFacebookグループにてお願い申し上げます。

■その他のご案内

ご質問がある場合には、Facebookにて高田までご連絡願います。
諸事情によりイベント企画を中止にする場合もありますので、予めご了承願います。
Facebookでの「ライブ動画」(生中継)がもし可能な方がおられましたら、寸劇(約30分)だけでも「ライブ動画」のご支援お申し出賜りますと嬉しく存じます。
見学するのではなく実際に「出演」する側でお祭りに参加してみたい場合には、2016年8月中旬までに高田までご相談賜りますと幸いです。
初心者さまでも大歓迎で、セリフなしもあり、男女問いませんが、前日午後に練習があります。
※まつり主催の方から甲冑類の無料貸し出しも可能ですが、数に限りがありますので、お早めにお願い申し上げます。

10月30日「葛山城址まつり」(静岡県裾野市)は、より簡単な劇となります。甲冑武将としてご参加を2016年9月末まで募集中です。
※今のところ、葛山城は高田が劇での参陣予定のため、他の方が実施されない限りFBのイベント企画としては設定が無い予定です。

2016年、冬からのSacT甲冑制作教室をリスタートする予定です。
毎月1回、約6回で工具・材料費の実費は合計約1万円くらいの見込みです。
詳しい事が分かり次第、甲冑教室案内にて告知致します。
ご希望の場合には、ご自身にてお作りになられた甲冑を来て、来年の三増合戦寸劇などにご出演も可能です。

→甲冑制作教室の案内は甲冑教室の案内はこちら
三増峠の戦いを徹底検証してみた 布陣と武田・北条の動きと現地情報・写真など詳細

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  2. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…
  3. 戦国時代には関東にも「足利氏姫」と言う女城主がいたと言うのは、あまり知られていないだろう。 157…

人気の戦国武将

  1. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…
  2. 甲斐宗運(かい-そううん)は阿蘇神社大宮司・阿蘇惟豊の筆頭家老である甲斐親宣の子として生まれた。 …
  3. 北条氏康(ほうじょう-うじやす)は、小田原北条氏の第2代当主・北条氏綱の嫡男として1515年に生まれ…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
2016年10月、書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

2016年8月、戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る