ご飯がおいしく炊ける「銀しゃり名人」戦国武将シリーズが新登場


スポンサーリンク
スポンサーリンク

サンケイさんから新発売された「銀しゃり名人」の戦国武将シリーズをご紹介させて頂きます。

執筆時点では下記の3種類がラインナップされています。

・赤備え真田六文銭
・甲斐武田菱
・加賀前田梅鉢

簡単に申し上げますと、お米を研ぐ道具です。

 スポンサーリンク


最近では、米とぎシェーカー、米とぎスティック、らくらく米とぎ具、超音波の米研ぎ機など、多種多様な製品が出ていますがこの「銀しゃり名人」は、ボウルに水を入れて、お米を入れたザルをセットして「揺する」だけと、使い方は簡単です。
そんな風に、簡単なのに、ストレスをお米に与えないで、割れた米や、肌ぬかだけを除去できるため、この「銀しゃり名人」で研いだお米を、炊飯器で炊くと、いつもより「美味しいご飯」が炊きあがると言うことになります。
もちろん、特許も取得している優れものです。

この「銀しゃり名人」の特徴と致しましては、下記の事項があります。

(1)コメとぎでの水交換は約3回だけなので、水の節約になる。
(2)水が冷たい冬でも、手を濡らさずに研げる。
(3)ムラなく早くお米を遂げて時間短縮になる。
(4)本体は抗菌使用でカビなども心配なし。
(5)原材料から製造も安心できる日本製。
(6)台所に片隅においてもインテリアになる。

下記のAmazonでも手に入ります。


銀しゃり名人 戦国武将シリーズ

我が家では、精米機にて精米したてのご飯を頂いておりますが、是非、試してみたいものです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 石井彦鶴姫は、1541年に肥前・飯盛城主である石井常延(石井兵部少輔常延)の次女として生まれました。…
  2. 竹林院(ちくりんいん)の生年は不明。 本名は利世(りよ)、安岐姫ともあるが、小説などでの創作名であ…
  3. 戦国時代には関東にも「足利氏姫」と言う女城主がいたと言うのは、あまり知られていないだろう。 157…

人気の戦国武将

  1. 筒井順慶(つつい-じゅんけい)は、筒井城主・筒井順昭の子として1549年3月3日に生まれた。 母は…
  2. 三方ヶ原の戦い(みかたがはらのたたかい)は、1572年に武田信玄が3万の軍勢を動員した西上作戦として…
  3.  戦国時代最大とも言われる山岳戦となった三増峠の戦い。  武田信玄が勝利したとも、北条氏照が勝利し…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
2016年10月、書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

2016年8月、戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る