世田谷城と豪徳寺の招き猫~幻想的な井伊家墓所と井伊直弼の墓


スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京の世田谷にある豪徳寺(ごうとくじ)は、1480年に世田谷城主・吉良政忠が、伯母で吉良頼高の娘である弘徳院の住まいとなる「弘徳院」と言う庵を結んだのが始まりとされます。
当初は臨済宗でしたが、1584年からは曹洞宗になりました。

住宅街の道幅も狭く、ゴチャゴチャしている世田谷ですが、山門から大溪山豪徳寺の境内に入りますと、下界と異なりかなり広々とした空間であることが分かります。

1633年に世田谷領が彦根藩の管轄となると、彦根藩主・井伊直孝井伊家菩提寺として伽藍などを整備しました。
寺号は井伊直孝の戒名「久昌院殿豪徳天英居士」から取って、豪徳寺と言う事になります。

仏殿は、井伊直孝の娘・掃雲院が、父の菩提を弔うために1677年建立しました。
※各写真はクリックすると拡大します。

ピンボケになってしまいましたが、梵鐘は1679年の作です。

井伊家の菩提寺は彦根井伊谷にもありますが、なぜ世田谷の豪徳寺も菩提寺なのか?と言いますと、下記のような由来があります。

江戸藩邸に詰めていた井伊直孝がある日、鷹狩りの帰りにこの付近を通ったそうです。
その時に「猫」が井伊直孝を引き寄せるように門内に招き入れられると、たちまち天候が急変して「雷雨」になったと言います。
雨に濡れるのを猫が救ってくれただけでなく、和尚の法談を聞くこともできたのを大いに喜んだ井伊直孝は、井伊家御菩提所にするのです。

そのため、境内には猫を祀った「招福殿」があり、豪徳寺では招福猫児(まねぎねこ)と呼ばれています。
彦根城でも見られるマスコット・ゆるキャラの「ひこにゃん」が、にゃんこである意味と繋がりも納得です。

招福殿の左手には多くの招き猫が奉納されており、豪徳寺は「招き猫発祥の地」の1つとされています。
豪徳寺の招き猫の特徴は「右手」で招いており小判などを持っておらず、上品な猫です。
庫裏?にて、奉納猫を300円から購入することができます。
また、商店街では「たまにゃん」としてゆるキャラにもなっています。

ひときわ目を引き付ける三重塔には、猫の装飾も施されています。

その招福殿より西側に進みますと、六地蔵が控える奥地が「彦根藩井伊家墓所」となりますが、お参りする為に入ったとたん、正直、ビックリ致しました。

非常に墓域が「広く」そして、井伊直孝の他にも6代彦根藩主・井伊直恒、10代・井伊直禔、12代・井伊直幸、15代・井伊直弼、16代・井伊直憲の墓もあり、その他に正室や子など一族の墓も多数あるのです。
さすが、井伊家墓所が国の史跡になっているだけあります。

下記は、豪徳寺の仏殿を建立したと言う井伊直孝の長女・亀姫(掃雲院)の墓で、大変立派な石碑です。

下記は1860年3月3日に桜田門の変にて暗殺された幕末の大老・井伊直弼の墓です。

近くには、井伊直弼の墓守として生涯を終えた遠城謙道、日下部鳴鶴の墓、桜田門殉難八士之碑などもあります。

なお、井伊直弼の遺体は、江戸藩邸で首と胴体と縫い合わせて4月10日に豪徳寺に葬られたとれますが、近年の調査では、この井伊直弼の墓の下に埋葬されている痕跡がないことがわかったそうです。
2009年に傾いた墓の修理の際に、地下3mまでレーダー調査したそうですが、国の史跡でもあるため、それ以上の調査はできなかったとの事で、真相解明はまだです。

高安寺の見学所要時間は約20分といったところです。
水場の付近に昔ながらのトイレがありますが、温水式洗浄トイレにはなっています。

最近、東京の寺院は、防犯の為か閉ざしている門が多くて、境内へは1箇所からしか入れない事が多くあります。
豪徳寺もそうで、訪問時には南側の正式な山門しか開いていませんでした。

豪徳寺の入口への最寄り駅は、法律上は路面電車登録されている東急・世田谷線の宮の坂駅であり、徒歩5分となります。
ちなみに世田谷線の運賃は乗車時の前払い式で、交通ICカードも使えます。
小田急電鉄の豪徳寺駅からだと、住宅街の中を抜けて徒歩約10分となります。
下記の地図ポイント地点が豪徳寺の入口となる山門がある場所です。

豪徳寺の参拝者用無料駐車場も、その山門の右脇にある入口から入りれます。約30台は止められそうです。
トイレもありましたが、小生が訪問した日は、ドアが閉ざされていましたので、念のため記載しておきます。
※地図下の記事では「世田谷城」について続けて記載致します。

世田谷城跡

さて、豪徳寺がある敷地は、かつての世田谷代の本丸だったのではと考えられています。

豪徳寺の境内では、城跡と思われるような遺構は見当たらないのですが、三重塔の脇に、こんもりとした土塁や物見台のような小山があります。
これは、戊辰戦争の際に、大鳥圭介の旧幕府軍に加わり戦死した彦根藩士11名の首を弔った「えい首塚」です。
えいと言うのは埋めたと言う意味になります。

世田谷城の遺構と考えられるものは、豪徳寺の南東側に多く見受けられます。
まずは、豪徳寺の入口となる山門付近の土塁と思われる写真が下記です。

世田谷城は、足利氏と同族の奥州(武蔵)吉良氏系である吉良治家が、1366年に鎌倉公方・足利基氏より武蔵・荏原郡世田谷を拝領して居住するようになり、世田谷館を築いたと考えられ吉良御所、世田谷御所とも呼ばれました。
平山城の分類に入るそうですが、標高37mで、比高は4mですから、平城と言ってもおかしくありません。

吉良成高の代には、太田道灌ともに江戸城を防衛などしており、太田道灌から「吉良殿様」と呼ばれています。
吉良頼康は、北条氏綱の娘・高源院を正室に迎えておりますが、実子に恵まれず、駿河今川家の一族である堀越貞延の次男(吉良氏朝)を養子に迎えました。
1562年、吉良氏朝は北条氏康の娘を迎えており、いかに北条家が吉良氏を重視していたかわかります。

やがて吉良家は本拠を横浜の蒔田城へ移したため、世田谷城は北条氏直の直轄となったようです。

1590年、豊臣秀吉小田原攻めの際、世田谷城は陥落し、徳川家康が江戸城に入ると世田谷城は廃城となりました。

 スポンサーリンク


吉良氏朝の子・吉良頼久は、のち徳川家康に仕えると「蒔田頼久」と名を改め、江戸幕府では高家旗本として上総1125石となります。

なお、赤穂浪士で出てくる吉良上野介(吉良義央)は、徳川家に古くから仕えた吉良家本流・三河吉良氏(西条吉良氏)の出身です。
そのため、吉良上野介の三河吉良氏が断絶すると、蒔田氏が吉良姓に復しました。

なお、豪徳寺に隣接する吉良家の菩提寺・勝光院には、吉良一族の墓があるそうです。

豪徳寺の南東にある「世田谷城址公園」まで足を進めますと公園の一部は散策できるようになっています。
現在の淡島通りに面していますので、その昔の古道だったのでしょう。

ここまで来ますと「堀」と考えられる遺構や、小さな郭と思われる遺構が残っていました。

さぎ草の伝説の主人公である常盤姫も、ここに住んでいたとされます。

しかし、なにせ、所狭しと家が立ち並ぶ世田谷ですので、世田谷城の全体像を知るにはもう不可能だと思います。
そのため、城域もよくわかっていないようですが、現地の案内は下記の通りです。

世田谷城址公園の場所を念のため、地図でも残しておきます。
あと、徒歩10分くらい東に歩きますと、皮肉にも大老・井伊直弼と相対した吉田松陰の墓がある「松陰神社」もあり、なかなか見どころがある世田谷です。

井伊直孝に関してはこちら
大老・井伊直弼~開国を唱えるも桜田門の変にて横死する
松陰神社の訪問記
太田道灌~忠義を貫いた名将の終焉の地~太田道灌の首塚
北条氏綱とは~関東進出の基盤を作った政治力ある小田原城主

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

  1. 初めてコメントさせていただきます。興味深く拝読させていただきました。

    1点だけ指摘させてください。

    「徳川家に古くから仕えた三河吉良氏」とありますが、近年の研究によれば、吉良氏が徳川家に仕えたのは江戸幕府が開かれた数年後のことです。土豪出身の徳川氏と源氏一族の吉良氏では家格が違いすぎますし、吉良氏は家康の父や祖父の後ろ盾になっていた時期もありましたし、桶狭間の戦いを経て独立した徳川(松平)氏と戦って一時滅亡しています。古くから仕えていたわけではありません。

    • 高田哲也
    • 2017年 5月 17日

    コメントありがとうございます。
    私が参考にさせて頂いた際には、そのような表記がございましたが、貴重な他の情報を賜り、深く御礼申し上げます。
    もちろん、歴史の多くには「諸説」ございますので、また、最新の成果など何かありましたら、お知らせ願えますと幸いです。

  2. @高田哲也

    ご返信痛み入ります。

    「三河吉良氏」「西条吉良氏」は中世(鎌倉~戦国時代)の存在ですので、徳川(松平)氏と姻戚関係になったことはあっても、徳川氏に仕えたことを示す史料は見つかっていませんし、「諸説」にもありません。吉良氏が徳川氏に仕えたのは近世に入ってから(谷口雄太氏論文「中世吉良氏の研究」)ですので、「徳川家に古くから仕えた」という部分の削除をよろしくお願いします。

    • 高田哲也
    • 2017年 5月 18日

    ご指摘を賜りまして、誠にありがとうございます。
    当方にて近年研究された新たな資料の入手ができ、確認が取れましたら、追記・修正・削除などのた対応を検討させて頂く所存です。
    それまでは、このコメント欄もそのまま公開し、ご覧になられました皆様にて判断して頂けるようにさせて頂きます。
    ありがとうございます。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 大蔵卿局・大蔵局(おおくらのつぼね)は浅井長政の家臣だっとされる大野定長の妻で、茶々の乳母であったと…
  2.  淀殿をご紹介する記事では、できる限り中立的な立場にて記載したつもりですが、父・浅井長政や、母・お市…
  3. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…

人気の戦国武将

  1. 安土城(あづちじょう)は、琵琶湖東岸の標高199m安土山に織田信長が命じて築城した山城(比高112m…
  2. 1582年6月2日の本能寺の変で織田信長を倒して明智光秀ですが、なかなか味方してくれる大名がいなく苦…
  3.  小山田氏の祖である鎌倉武士・小山田有信から、戦国武将で武田信玄に臣従していた小山田信茂までの「小山…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり。
戦国武将シャツ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る