花崎城~湧水で綺麗な水堀と空堀がある遺構


スポンサーリンク
スポンサーリンク

花崎城(はなさきじょう)は、埼玉県加須市花崎にある平城です。

栗原城(久喜市)の支城と言う位置づけだったようですが、1561年4月に長尾景虎(上杉謙信)が小田原城北条氏康を攻めます。
その帰り道である8月になって、上杉家に従った羽生城主の木戸忠朝(木戸宮内少輔)が、花崎城を攻撃しています。

粟原城主・細萱光仲(細萱民部小輔光仲)は、この時、70騎にて小田原城での籠城に加わっており、花崎城には、まだ11歳だった細萱泰秀(細萱半左衛門泰秀)が守備していたとされます。
ただし、花崎城と粟原城も落城したようです。

 スポンサーリンク


また、1574年には北条氏繁が攻めており、この時、花崎城は降伏しています。また、この頃は関宿城も陥落しています。

本丸部分が「城山公園」として残っています。

水堀(沼利用?)もあります。

北側を通過している東武伊勢崎線の向こう側まで城域だったようで、そたちらは「城址公園」と言う林になっているようですが、馬出跡との事です。

花崎城には障子堀(畝堀)もあるとのことですが、気がつきませんでした。
どうも、線路の向こう側である北側の遺構として、昭和55年~56年に発掘調査した際に、障子堀(畝堀)が確認できたようで、遺構として現在も見られるものではないようです。

なお、なかなか見ごたえある空堀もあります。

だいぶ埋まってしまっているようですが、昔はもっとハッキリしていたものと推測致します。

湧水があるようで、この花崎城の場所からは、縄文時代の遺構も出土しており、花崎遺跡(はなさきいせき)とも呼ばれます。

さて、花崎城の場所ですが、下記の地図ポイント地点となります。
こんなところに水堀があるだけでも珍しいですので、是非訪れてみて下さい。

栗原城(鷲宮城)と関東最古と言われる鷲宮神社
武蔵・加納城~桶川に残る堀跡と土塁
関宿城の訪問記と写真集~坂東武者を物語る歴史ある地
上杉謙信・長尾景虎・上杉景虎の人物像に迫る
騎西城(私市城)~土塁も残る成田氏傘下の城跡
小田原城とは~戦国時代の北条家遺構と総構え、江戸時代の遺構 訪問記

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 吉岡妙林尼(よしおか-みょうりんに)の生い立ちは良くわかっていませんが、父は林左京亮、又は丹生正敏(…
  2. 久保姫(くぼひめ)は、大館城主・岩城重隆の長女として1521年に生まれた。 通称は杉目御前、笑窪御…
  3. 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(ま…

人気の戦国武将

  1. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。 米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…
  2.  石田三成の波乱に満ちた生涯について公開されているホームページは多い。ただし、年表式に石田三成を解釈…
  3. 実際の山本勘助 武田家は滅んだ大名のため、武田家に関する資料は多く残されていない。 武田氏の…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり。
戦国武将シャツ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る