スポンサーリンク
スポンサーリンク

長谷堂城(はせどうじょう)は、最上義光山形城にとって、最も有力な支城である防衛の要で、関ヶ原の戦いの際に発生した慶長出羽合戦では、怒涛のごとく上杉勢が攻め寄せることになった。

当時の上杉家は150万石で、対する最上家は25万石と、兵力においても上杉勢25000、最上勢が8000と圧倒的に上杉勢が有利であった。

 スポンサーリンク


1600年9月8日に米沢城から出陣し、9月12日に畑谷城を落としたあと直江兼続は、長谷堂城近くの菅沢山に本陣を置き、長谷堂城を包囲する。
下記写真は長谷堂城からその「菅沢山」を撮影したもの。

上杉別働隊の篠井康信、横田旨俊らも9月17日に上山城を攻撃開始した。
また、最上勢の寒河江城、白岩城、谷地城、長崎城、山野辺城、八沼城、鳥屋ヵ森城なども9月18日までに落城。
そんな中、最上義光は9月15日に白石城に在陣していた伊達政宗へ援軍を要請し、伊達家は留守政景を救援に向かわせた。

長谷堂城は山形盆地の西南にある本沢川の西側にあり、山形城からは約8kmしか離れていない。
他の支城が簡単に陥落する中、最上勢にとって山形城防衛の最終ラインが、この長谷堂城と言う状況となっていた。

長谷堂城を守備するのは智将・志村光安(志村伊豆守光安)ら1000名であったが、攻撃側の直江兼続ら上杉勢は18000。
9月15日、直江兼続は西の大手口と北の八幡崎口から力攻めを行ったが、長谷堂城の周りは深田であり、兵も馬も足をとられて迅速に行動ができないところを、最上勢は鉄砲を駆使して巧みに防戦。
翌9月16日、志村光安は200名の決死隊を率いて、上杉家の春日元忠に夜襲を仕掛けると、暗闇の中、上杉勢は同士討ちの大混乱となり、最上勢は直江兼続の本陣近くまで攻め寄せて、250の首を挙げている。
この時に活躍した最上家・鮭延秀綱は長谷堂城の副将であり、その戦いぶりには「鮭延が武勇、信玄・謙信にも覚えなし」と、直江兼続も舌を巻いたとされ、後日、直江家より褒美が鮭延秀綱に届けられている。

9月17日、直江兼続は春日元忠に命じて、更に長谷堂城を攻撃するも失敗。
業を煮やした直江兼続は、長谷堂城付近にて刈田狼藉を行って城兵を挑発したが、志村光安「笑止」という返礼を直江兼続に送ったとされている。

山形城の最上義光も、楯岡光直や清水義親を援軍として差し向けたが、上杉勢の軍監・水原親憲が察知し撃退している。

9月21日、伊達政宗が派遣した留守政景ら3000の援軍が、白石城から笹谷峠を越えて山形城の東にある小白川に着陣。
そして、9月24日には、直江兼続の本陣から約2km北東の須川河岸の沼木に布陣した。
また、最上義光も9月25日に山形城から撃って出て、稲荷塚に布陣して、上杉勢を脅かす。


※各写真はクリックすると拡大します。

もっとも直江兼続は、盟友・石田三成の勝利を終始信じており、徳川家康が敗れたとの情報が届けば、最上勢は降伏すると見ていたとも考えられる。

9月29日、直江兼続は長谷堂城に対して最後となる総攻撃を下知したが、上杉家の新影流の達人である上泉泰綱や溝口左馬之助が討死。

そのとき、関ヶ原で9月15日に石田三成が敗れたと言う知らせが、直江の本陣に届く。

敗報を知った直江兼続は自刃しようとしたが、前田慶次(前田利益)に諫められ撤退を決断したと言われている。

翌9月30日、最上勢と伊達勢にも関ヶ原の戦いで徳川家康が勝利したとの知らせが届くこととなり、10月1日に上杉勢は米沢城に向けて撤退を開始した。

当然、最上勢と伊達勢も激しく追撃に出たため、富神山付近では大激戦となり、自ら先頭に立って戦った最上義光の兜には、銃弾が当たったと言う記述も見られる。

追撃してくる軍勢を押しとどめるため、直江兼続と前田慶次・水原親憲は自ら畑谷城に手勢と籠城して殿をつとめ、10月3日には鉄砲隊を駆使して荒砥へと退却した。

そして、追撃を振り切り10月4日に米沢城へ帰還している。

最上勢は全戦線で反攻に転じており、寒河江城、白岩城などを回復し、最上領に取り残された谷地城主・下秀久は11日間の籠城のすえ降伏し、その後、尾浦城を攻め落とした。

こうして、最上義光は1601年3月に酒田・東禅寺城も攻略し、十五里ヶ原の戦いと奥州仕置で失った庄内地方の全域を上杉景勝から奪還することに成功した。
そして、上杉勢を釘付けにした最上家は57万石となり山形藩の基礎を築いている。
長谷堂城を守り抜いた志村光安は、亀ヶ崎城と改称した東禅寺城主として3万石となった。

この長谷堂城の戦いにおける、直江兼続の見事な退却戦は、後世まで語り草となっており、日本陸軍の戦術書にも登場している。

最上義光は「上方にて敗軍の由告げ来りけれども、直江少しも臆せず、心静かに陣払いの様子。誠に景虎武勇の強き事にて、残りたりと、斜ならず感じ給う」と直江兼続を評価しており、あとになって直江兼続が駿府城を訪れた時「あっぱれ汝は聞き及びしよりいや増しの武功の者」と、徳川家康からも賞賛されている。

長谷堂城の訪問記

長谷堂城の標高は229mの山城で、比高90m。
下記写真は、内町口からの登り口で、かつては大手だったようです。

長谷堂城の築城時期は不明ですが伊達文書によると「1514年最上家と戦って長谷堂を陥す」とあります。

長谷堂城の別名は「亀ヶ崎城」です。
亀のような形に見えた山城でもあることから「亀の甲羅の如き堅城」という意味もあるようです。

ちょっと日光が入ってしまいましたが、上記の八幡崎口から登ってみました。

登山道は途中まで舗装されており、歩きやすかったです。
また、駐車場の登山口付近には「ストック(トレッキングポール)」もたくさん置いてあり、無償で借りられるようになっていましたので、地元の皆様のお心遣いを感じました。

上記は八幡神社です。
長谷堂城は上杉勢の攻撃をしのいだ数少ない城ですが、長谷堂城の戦いは慶長出羽合戦で最大の激戦となりました。
湯野目民部などが討死した伊達家の書状では、最上勢が弱くて、撤退する上杉勢を皆討ち取れなかったとあります。

土塁のような物も残っていました。

戦後、長谷堂城には最上家のエリート官僚・坂光秀(坂紀伊守光秀)が13000石にて入りました。

当時の長谷堂城主であった最上家譜代の家臣・志村光安(しむら-あきやす)は「性剛にして、口才人を挫き、いかなる強敵も彼の前には降った」と言うまさに智将でした。

長谷堂城の駐車場は下記の地図ポイント地点となります。

駐車場にはトイレもありますが、冬季は閉鎖されると思われます。
また、駐車場の脇には、水堀跡が復元されていました。
この水堀は、幅こそありませんが、長谷堂城を一周するように巡らされており、場所によっては2重になっていたようです。

その堀の脇が、小さな公園(広場)になっており、その公園を横断すると、八幡崎口からの登山道となります。

駐車場から本丸までは片道約25分で、観光所要時間は全部見ると60分以上となります。
登城口は、合計6箇所あります。

長谷堂城の麓には、意外と民家が密集しておりまして、長谷堂の戦いのあと、御殿も麓に建設されたと言いますので、江戸時代に入って廃城となっても、城下町として多少は残ったのかな?と感じました。

なお、近くに、非常に泉質の良い日帰り温泉「百目鬼温泉」がありますので、入浴したのは言うまでもありません。

直江兼続~戦国の上杉家を支えた智勇兼備の名将(詳細年表)
最上義光とは~羽州の狐・虎将と呼ばれた勇将【詳細版】
上山城と上山満兼~上山城の写真集も
義姫とは~2度も合戦場に出向いて停戦させるも伊達政宗毒殺事件は捏造か?
山形城は広く壮大な城郭だった?~山形城の訪問記

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。 亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…
  2.  於菊(おきく)は真田昌幸の5女で、名胡桃城で生まれた。  真田信之・真田信繁らの妹に当たる。生年…
  3. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…

人気の戦国武将

  1. 菅沼定忠(すがぬま-さだただ)は、田峯菅沼氏である菅沼定継の子となるが生年や母は不詳となる。 (…
  2. 長篠城を包囲した武田勝頼に対して、徳川家康・織田信長が38000の援軍を派遣すると、武田勝頼が120…
  3. 1535年7月23日、伊作城(本丸を亀丸城と呼ぶ)にて島津義弘が誕生。父は島津貴久で、次男として生ま…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり。
戦国武将シャツ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る