彦根・龍潭寺と清凉寺【井伊家菩提寺と島左近屋敷跡】


スポンサーリンク
スポンサーリンク

龍潭寺(彦根市)

浜松の井伊谷だけでなく、彦根にも龍潭寺(りょうたんじ)があります。
佐和山城への訪問とセットで訪れてみました。

彦根の龍潭寺は、1600年に井伊直政が佐和山城主となった際に、井伊家の発祥地である井伊谷の龍潭寺を分寺し、龍潭寺の五世・昊天禅師を招いて建立したものとなります。
そのため、浜松市の井伊谷にも同じ名称の龍潭寺があり、両方とも井伊家の菩提寺となっています。

1601年に着工し、2代藩主・井伊直孝の代に彦根・龍潭寺の諸堂が完成しました。

 スポンサーリンク


江戸時代初期に建立された彦根・龍潭寺の方丈(ほうじょう)は、有料拝観可能です。

方丈の玄関の内部には、佐和山城にて使用されていたと言う陣鐘「龍潭晩鐘」が吊るされています。
昊天禅師が、彦根藩の2代藩主・井伊直孝から拝領したそうです。

境内にある鐘楼の鐘ではありませんので、ご注意を。

受付でお伺いましたら、写真撮影OKとの事でしたので、方丈の中にある貴重な襖絵など撮影させて頂きました。

だるまでも有名な事から、大きな「だるま」さんもありました。

下記は書院の内部です。

方丈内部の見学時間は朝9時~16時で、建物から見事な庭園である「方丈南庭」と「書院東庭」も合わせて拝見できます。

開山・昊天禅師の作庭によるものとされ、枯山水と池泉式庭園になっています。
「ふだらくの庭」と名付けられた枯山水の庭園もあります。

なお、彦根・龍潭寺は、小田原城主・大久保忠隣が彦根藩預かりとなり、幽閉された場所でもあることから、久保忠隣幽居之跡として参道付近に下記のような石碑もあります。

ちなみに、龍潭寺の中門脇の壁は、内部に「瓦」が埋め込んでおり、鉄砲で撃たれても貫通しないと言う「戦い」の為の構造となっているそうです。

続いては、龍潭寺のすぐ隣にある清凉寺です。

清凉寺(彦根市)

龍潭寺の南300mほどの所の佐和山城の麓にあるのが清凉寺(せいりょうじ)です
彦根・清凉寺も彦根藩主・井伊家の菩提寺となっています。
写真の背後にある山は佐和山城となります。

境内は無料で一般公開されていて自由に参拝可能ですが、本堂、禅堂、墓所などは非公開となります。
非公開の高台には、彦根藩主の無縫塔の墓石が6基並んでいると言います。
ただし、拝観希望する場合には、寺の許可を得られれば見学可能と言う情報もあります。

この彦根・清凉寺がある場所は、かつて、佐和山城主・石田三成の家老であった島左近の屋敷がありました。
そのため、佐和山城落城や島左近にまつわる「清凉寺の七不思議」が伝わります。

清凉寺の正面に見える山門は「唸り門」と言い、江戸時代に焼失するまでは、島左近邸の屋敷門が移築・使用されていました。

しかし、唸り門は毎年大晦日になると、風もないのに山門から不気味に「唸る音」がしたと言う伝承があります。

上記「左近の南天」は樹齢500年とも言われ、参禅道場の手前にありますが、かつて島左近がひときわ面倒を見ていたとされる南天の木です。
触ると腹痛を起こすと言われていますので、当然、触るのは遠慮させて頂きました。

「木娘」と呼ばれる樹齢750年の椨(タブ)の大木では、江戸時代になると、たびたび娘の姿に化けて、参拝客をビックリさせたと言います。
本堂内部にありますので写真はありませんが、他にも「ひとりでに鳴る太鼓」と言うものがあるそうです。

方丈も奥にあり撮影は難しいのですが、島左近屋敷の居間を移築したものとされ、何度塗りなおしても壁に月形が浮かび上がる「壁の月」が出るそうです。
一説には、島左近の兜にあった前立てが、月形であったと言います。

他の七不思議としては、清涼寺の高台にある井戸の水にて、島左近が茶道を楽しんだいたとされ、この井戸水を汲んで汚れ物につけておくと、一夜にして真っ白にとキレイになる「洗濯井戸」があります。
また、墓域の一隅にある池は「血の池」と呼ばれ、佐和山城が落城した際に、血が山麓から伝わってこの池に流れ込んだとされ、それ以来、水面に血みどろの女の顔が映ると言われています。
あとは、関が原の戦いのあと、井伊家の家臣が戦勝品を虫干したところ、突然、黒い雲が湧でて強風となり、戦勝品をさらっていったと言う「佐和山の黒雲」と言う伝承もありますが、これは夕立でしょう。
 
下記は、清凉寺の客殿です。
大変立派な建物でして、ビックリ致しました。

下記は本殿です。

本殿と客殿のそばには、井戸もありましたが、これは通常の井戸のようです。

彦根の龍潭寺や清凉寺への行き方ですが、下記の地図ポイント地点が彦根市の無料駐車場となります。
彦根駅からレンタサイクル(レンタル自転車)を借りた場合、約15分の距離です。
トイレは駐車場にあります。

時間が許せば、是非、佐和山城もセットで訪れたいところです。

佐和山城の訪問記と佐和山城の戦い【佐和山城の登山道写真】
昊天と傑山~龍潭寺の僧で南渓和尚の弟子の井伊家での活躍
大久保忠隣~晩年には不遇な扱いを受けるも最後まで忠義を貫いた猛将
島左近(島清興) とは~「鬼左近」と称された猛将
石田三成とは~律儀で算術が得意だった才ある武将
井伊直政~井伊の赤鬼の異名を誇る徳川四天王
井伊直虎は「男」だったのか?~新説と見解をご紹介ご意見も募集
彦根城~国宝・彦根城の魅力とその防御陣形
浜松・井伊谷の龍潭寺と南渓瑞聞【井伊直虎の良き相談相手】井伊家発祥の井戸も
琵琶湖東岸の湖北・湖東にある戦国時代史跡スポットを巡る1泊2日の旅

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 慶誾尼(けいぎんに)は、慶ぎん尼とも書きますが、1509年に生まれた村中龍造寺家の当主・龍造寺胤和(…
  2. 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(ま…
  3. 大蔵卿局・大蔵局(おおくらのつぼね)は浅井長政の家臣だっとされる大野定長の妻で、茶々の乳母であったと…

人気の戦国武将

  1. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…
  2. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  3. 松山城(まつやまじょう)は、伊予(愛媛)の松山にある標高132m、比高約90mの連郭式平山城で、津山…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり。
戦国武将シャツ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る