伊吹善右衛門~おたつ 広峯神社の御師


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 NHKの大河ドラマ「軍師・官兵衛」に登場する、広峯明神の御師 と言う設定の伊吹善右衛門とは? と思い、調べてみた。

 まず「御師」とは、おんし/おし とも読み、寺に所属する僧侶で、参詣者を案内し、参拝・宿泊などの世話をする者の事を指す。

 広峯明神は、全国にある牛頭天王(ごずてんのう)の総本宮だが、京都の八坂神社も牛頭天王総本宮を主張している。
 牛頭天王は祇園神の神様で、広峯明神の創建は734年と伝えられ奈良時代に吉備真備が唐から帰国の際、神託によって社殿を造営る古社である。

 黒田官兵衛の祖父である黒田重隆が、広峯神社の神符を全国に売り歩いていた布教者たちに、黒田家秘伝の目薬を一緒に売ってもらうことで財を成し、得た財を低金利で貸付け、たちまち土豪として成長したと言う深い縁がある。

 しかし、伊吹善右衛門に関しては、何も出てこない・・。ドラマの設定上での架空人物なのだろう。
 
 御師の娘・おたつ、伊吹文四郎も、実在していないようで、同様に想像上の人物になると推測する。

 スポンサーリンク



スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 豪姫(ごうひめ)は、織田信長の家臣・前田利家の4娘として尾張・荒子城(愛知県名古屋市)にて1574年…
  2. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…
  3. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…

人気の戦国武将

  1. 今川義元(いまがわ-よしもと)は、1519年、駿河・遠江守護の今川氏親の5男として生まれた。幼名は芳…
  2.  戦国時代最大とも言われる山岳戦となった三増峠の戦い。  武田信玄が勝利したとも、北条氏照が勝利し…
  3. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る