一領具足とは~浦戸城と吉良親貞の活躍そして浦戸一揆

浦戸城

スポンサーリンク
スポンサーリンク

高知を代表する景勝地「桂浜」(かつらはま)には、坂本龍馬の銅像もありますが、その背後にある山が、標高59mの土佐・浦戸城になります。
この浦戸城と長曽我部家の吉良親貞一領具足に関して、わかりやすくご紹介したいと存じます。
まずは、浦戸城です。

浦戸城

浦戸城(うらどじょう)は土佐湾から高知への海の玄関ともいえる入口にある城で、恐らくはかなり昔から城砦として機能していたと考えられます。

 スポンサーリンク


戦国時代に入ると、本山城主・本山茂宗(本山清茂)が勢力を伸ばし、長浜城とともに浦戸城を整備しました。

浦戸城

その本山茂宗の死後、永禄3年(1560年)長浜城の戦いとなります。

長宗我部国親は、1560年5月27日、長浜城を夜襲して占領したため、本山茂辰と5月28日に戸ノ本の戦いとなります。
下記は、戸ノ本の戦いがあった場所にある石碑です。

戸ノ本の戦い

本山茂辰の兵力は2500で、1000の長宗我部国親・長宗我部元親(初陣・22歳)・長宗我部親貞(初陣・20歳)は劣勢でしたが優位に戦い、本山茂辰は浦戸城へ退きました。

浦戸城

長曽我部勢は浦戸城の南北の海岸線に舟を配置し水上を封鎖、また陸からも柵を設けて包囲体制を取りました。
下記は、鎮守の森公園の駐車場脇に再現された馬防柵です。
長宗我部元親の銅像がある公園ですね。

浦戸城の戦い

このように浦戸城は包囲されますが、長宗我部国親が急な病となったため撤退し、本山茂辰は助かりました。
なお、岡豊城に戻った長宗我部国親は、治療のかいもなく間もなく死去します。

この時、浦戸城は落城したとする説もありますが、以後、本山茂辰は朝倉城を本拠としており、浦戸城は放棄したのか、長曾我部家が手に入れた模様で長宗我部親貞(吉良親貞)が入り改修しました。

吉良親貞

この吉良親貞(きら-ちかさだ)は、1541年に生まれた長宗我部国親の次男で母は不詳です。
永禄6年(1563年)に兄の命を受けて、土佐・吉良氏の婿養子となりました。
その後、一条兼定との戦いでは数々の戦功を挙げ、兄・長曽我部元親に代わって総大将を務めることもあったと言います。
天正3年(1575年)に一条兼定が再起を図った際に、長宗我部氏は窮地に陥っていますが、長曽我部親貞が四万十川の戦いで一条勢に大勝して、長曽我部家を救いました。
このように多大な貢献をした吉良親貞でしたが、四国統一もこれからと言う天正4年(1576年)に病死。享年35。
吉良親貞が生きていれば、長曽我部元親の四国平定は5年は早かったであろうと言われています。

その兄・長宗我部元親はもともと体が弱かったとされますが、合戦ともなるとその活躍は目覚ましく、1564年頃には本山茂辰を降伏させました。
また、1569年には、安芸城主・安芸国虎を破り、1575年に土佐統一を果たします。

そして、更には四国をほぼ制圧した長宗我部元親でしたが、1585年、豊臣秀吉の四国攻めによって降伏し、阿波・讃岐・伊予は没収され土佐一国のみ安堵となりました。

1588年には、居城を豊岡城から、大高坂山城(高知城)に移しますが水害が多かったため、岡豊城に戻ったあと、1591年からは浦戸城を大改修して、本格的な本拠地にしています。

浦戸城

本丸には五間四方3層の天守も建てられたと言いますので、まさに土佐を統治する長曾我部家の居城と言えるでしょう。
豊臣秀吉の意向もあり、朝鮮出兵の海上基地としても改良が加えられたようです。

しかし、長宗我部元親のま死後、跡を継いだ長曽我部盛親は、1600年、関ヶ原の戦い石田三成に味方したため、所領没収となり、代わりに浦戸城は掛川城主・山内一豊に与えられることになります。

この時、徳川家康井伊直政の家臣を土佐に派遣して、浦戸城を接収させようとしましたが、竹内惣右衛門を中心とする一領具足らは身分剥奪を恐れて、浦戸城の引渡しを拒否します。
そして、長曽我部盛親に土佐半国か二郡を与えるよう要求しました。
これを「浦戸一揆」と呼びます。
一揆をおこした一領具足らは、長浜の雪蹊寺(せっけいじ)に滞在していた鈴木重好(井伊谷三人衆鈴木重時の子)を17000で包囲して銃撃したため、徳川家康が怒り、四国の諸将に鎮圧を命じました。

山内一豊は弟の山内康豊を派遣し、土佐・中村城代だった桑名吉成や吉田貞重も説得に参加します。
また、井伊直政は計略をもって、旧長曽我部家の重臣を使い、吉川善助・徳井佐亀之助・池田又兵衛・野村孫右衛門・福良助兵衛・歳岡彦兵衛・下元十兵衛・近藤五兵衛ら273名を討ち、首を塩漬けにして大阪に送ったと言います。
そして、竹内惣右衛門も討って出て討死し、50日間の浦戸一揆は鎮圧されました。

その後、高石左馬助らの滝山一揆など、一領具足による反乱が起こっていますが、山内家は鎮圧しています。

このように一領具足ら長宗我部の旧臣は、土佐藩の上士・下士よりも低い身分の郷士として取り込み、幕末まで厳しい身分に置かれたのです。

翌年の慶長6年(1601年)1月に、ようやく山内一豊が浦戸城に入りました。
下記は浦戸城の本丸にある社ですが、本丸は狭いです。

浦戸城の本丸

このように手狭であったため、1601年8月より高知城の建設を開始し、浦戸城の資材や石垣などは運ばれ、1603年に浦戸城は廃城となっています。

現在、浦戸城の場所には、国民宿舎・桂浜荘や龍馬記念館などが建っており、遺構のほとんどは消滅しています。
ただし、唯一とも言える浦戸城の石垣が一部残されています。
下記の国民宿舎・桂浜荘の玄関より右側から、奥に見える従業員用の駐車場へ入っていきます。

浦戸城の石垣入口

その従業員用駐車場のさらに奥へと進むと、下記のような石垣が残されていました。

浦戸城の石垣

駐車場は坂本龍馬記念館などの駐車場を拝借できますが、小生が訪れた際には、建て替え中で、駐車場は離れた場所となりました。
桂浜の坂本龍馬記念館は、2018年春まで工事で休館の予定ですが、リニューアル・オープン後には浦戸城と長宗我部氏の展示も行われると言う事です。
個人的には、浦戸城の天守も再現して、坂本龍馬とダブルでアピールすれば、桂浜も四国の観光地トップになるのでは?とも感じますが、まぁ、そこまでの気兼ねは現時点では見受けられません。

一領具足とは

一領具足(いちりょうぐそく)と言うのは、長宗我部氏が兵農分離を行う前に、農民や地侍を対象に武装させた兵・組織・屯田兵のことです。
織田信長が兵農分離を始めるまで、戦国時代の軍勢と言うものは、合戦の総兵力のうちだいたい3割程度が家臣・武士(常備兵)であり、残りの7割は農兵でした。
農兵と呼ばる兵は、普段は農民で田畑で作物を育てていますが、合戦になると招集されたりして、武器を持って領主に従って出陣する徴兵です。

農民も軍勢に加えますので、兵力は大きくできますが、農民は領内各地にいるため、召集するのに時間も掛かります。
また、田植えの時期や、秋の収穫期には、農民は、自分の田畑が心配で、合戦どころではありませんので、武田信玄上杉謙信も冬や夏にしか、合戦に出られませんでした。

土佐でも例外ではなかったのですが、この農兵が独自の進化を遂げます。

まず、一領具足を考案したのは長宗我部国親とも重臣・吉田孝頼とも言われていますが、長宗我部元親が積極的に運用しました。

一領具足には「開墾領地」の権利を与え、その代わりに長宗我部家は忠誠を求めました。
この土佐の一領具足ら農民は、農作業をする際に、近くに一領の具足を常に置いて仕事をしていたそうです。
すなわち、合戦ともなれば、我先にと参じて戦ったと言えます。

通常、農民の多くは、合戦で死にたくないので、喜んで戦いに行くようなことはありません。
「またか~」と嫌々ながらも命令にはそむけず出陣するものですが、その点、一領具足はやる気満々とも言え、長宗我部氏が兵力に劣っても強かった理由が分かります。
下記は高知城の天守にあった一領具足です。

一領具足

この「一領」と言うのは、鎧・甲冑を指す言葉で、ひとつだと一領、2つだと二領と言う意味です。
すなわち、農民は一領だけ具足(甲冑)を持っていたと言う事ですが、武将や武士の場合、予備として二領を戦場に持参したことから、正規兵と区別する言葉として、土佐では使われました。
土佐物語では「死生知らずの野武士なり」と記されています。

織田信長は、農民の繁忙期など関係なく一年中戦えるようにと、農兵を徴用するのではなく、農民の次男・三男などを「常備兵」として雇用し、城下町に住まわせ、軍勢の即応性も高めました。
これに対して、長宗我部元親は、農民が畑仕事に出かける際にも、一領(甲冑や武器)を持参させ、農作業中でも、声を掛ければ直ちに出陣できる体制を整えたのです。
一領具足の農民は半農半兵ですが、常に武器を携行し、ある程度、下級武士と言う身分を保証したようで、農民に対しての賦役も、一両具足は一部免除されたとあります。

下記はその一領具足供養の碑で、石丸塚とも呼ばれる胴塚です。

一領具足供養の碑「石丸塚」

浦戸城の西にある浦戸小学校の東側・墓地(石丸神社)にあります。

石丸神社

この付近は、一領具足の指導者である吉川善介らが集まって評定を開いていたところを襲撃された場所とされます。

一領具足供養の碑

浦戸城や一領具足供養の碑、戸ノ本の戦い跡などの場所は、当方作成のオリジナルGoogleマップ四国編の「高知」の欄をご確認賜りますと幸いです。
駐車場の場所も示しています。

なお、長宗我部元親の墓の近くにも、浦戸一揆にて討死した一領具足など兵士の墓とされるものが移転されています。

浦戸一揆の兵士の墓

あわせて、ご訪問されると良いかも知れません。

岡豊城と長宗我部国親の栄光~秦氏や明智との関係も
長宗我部元親~5分で分かる長曾我部元親と豊岡城の遺構
安芸国虎と安芸城~土居廓中武家屋敷と安芸氏の菩提寺である浄貞寺も
長宗我部盛親~土佐再興に命を賭け大阪城に馳せ参じたが
立石正賀~武勇名高い長宗我部氏の重臣
長宗我部信親とは~戸次川の戦いで無念の壮絶な最期を遂げる
長宗我部盛親陣址~九十九坊・栗原連理のサカキにあった陣跡【垂井町の関ヶ原合戦史跡】
阿古姫と佐竹親直~大坂の陣にて伊達家が匿った長宗我部家の娘
近藤康用・菅沼忠久・鈴木重時【井伊谷三人衆】井伊家を支援した武将
井伊直政~井伊の赤鬼の異名を誇る徳川四天王
山内一豊とは~秀吉家臣として活躍し土佐・高知城主まで出世した戦国大名
高知城の歴史と築城の名手である百々綱家とは~高知城の見どころ
四国「高知」の戦国時代の史跡から幕末史跡まで場所がわかる便利観光地図

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 大蔵卿局・大蔵局(おおくらのつぼね)は浅井長政の家臣だっとされる大野定長の妻で、茶々の乳母であったと…
  2. 常高院(じょうこういん)・浅井初(お初、於初)は、1570年に小谷城にて生まれた。父は小谷城主・…
  3.  淀殿(よどどの)は1569年に近江・小谷城にて誕生した。 父は浅井長政で、母は織田信長の妹・お…

人気の戦国武将

  1. 淀殿(茶々)が産んだ、子供である豊臣秀頼の父親は誰なのでしょう?状況的には豊臣秀吉が父親であ…
  2. 1582年6月2日の本能寺の変で織田信長を倒して明智光秀ですが、なかなか味方してくれる大名がいなく苦…
  3. 徳川家康
    戦国時代を制して平和な江戸時代をもたらした英傑・徳川家康。戦国の世に生まれ、今川義元の人質であり…

オリジナル戦国グッズ


 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり。
戦国武将シャツ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る