井出の沢の戦い【中先代の乱と町田・菅原神社】殿ノ城と青木屋敷


スポンサーリンク
スポンサーリンク

井出の沢の戦い(井手の沢の戦い)は、1335年の南北朝時代に、北条時行が鎌倉幕府再興のため挙兵した「中先代の乱」のなかでの古戦場となります。

鎌倉幕府が滅亡したあと後醍醐天皇の「建武の新政」となると、1333年、新田義貞が後醍醐天皇の倒幕運動に協力し、鎌倉を攻めて執権・北条家を滅ぼします。
1333年12月にには、足利尊氏の弟・足利直義が執権となり、後醍醐天皇の皇子・成良親王を奉じて鎌倉へ入り「鎌倉将軍府」が成立しました。

しかし、建武政権は武家の支持を得られず、旧鎌倉幕府の残党などが各地で蜂起します。

 スポンサーリンク


1334年11月には、建武政権で足利尊氏と対立していた征夷大将軍・護良親王が失脚し、鎌倉にて幽閉されます。

そんな折り、1335年7月、信濃に逃れていた鎌倉幕府第14代執権・北条高時の次男である北条時行(ほうじょう-ときゆき)(10歳前後)を擁立した諏訪頼重、諏訪時継や滋野氏が挙兵し「中先代の乱」となります。

青沼の戦いにて小笠原貞宗を撃破すると、不満を持つ武将が加わりながら武蔵に入り、7月20日頃、女影原(日高市)にて渋川義季と岩松経家らと戦い勝利。

さらに小手指ヶ原(所沢市)で今川範満を破り、武蔵府中では小山秀朝を破るなど破竹の勢いで鎌倉を目指します。

そして、鎌倉から出陣した鎌倉将軍府の執権・足利直義と、町田村の井出の沢にて、ついに決戦となります。

井出の沢は、現在の町田市本町田を流れる恩田川周辺と考えられ、菅原神社に足利直義が本陣を構えて、鎌倉街道を南下する北条時行勢を迎撃したと考えられています。

しかし、足利直義は敗れて、鎌倉に敗走すると、足利尊氏の子で幼い足利義詮や、後醍醐天皇の皇子・成良親王らと逃亡しました。
この時の7月23日、土牢に幽閉されていた護良親王は、足利直義の命を受けた淵辺義博によって殺害されました。

7月24日には、援軍として赴いた佐竹義直も鶴見にて討死し、25日に北条時行は鎌倉に入り、一時的に支配しました。

京都にいた足利尊氏は独断で討伐軍を発し、敗れた北条時行らは1335年8月19日に鎌倉から逃亡しています。

北条時行らが鎌倉にいたのは僅か20日余りですが、先代の執権・北条家と、後代の足利家が鎌倉を支配した間であることから、中先代の乱(なかせんだいのらん)と呼ばれています。

勝利して鎌倉に入った足利尊氏は対立関係にあった新田義貞の所領を勝手に没収し、鎌倉にて独自に恩賞を分配するなど自立の意思を示して、後醍醐天皇の命を無視するようになります。
そのため、11月、後醍醐天皇は新田義貞と尊良親王の討伐軍を送り、足柄峠の麓での竹ノ下の戦いとなりますが、足利尊氏が撃退します。

そして、足利尊氏は京都へ進軍すると、1336年1月、後醍醐天皇は比叡山へ退いて、のち吉野にて南朝政権(吉野朝廷)を樹立し南北朝時代となったのです。

と言う事で、井出の沢合戦にて、足利直義が本陣を構えたと考えられ菅原神社、今でも朝夕には渋滞する鎌倉街道のすぐ脇にあります。

ちょうど、町田の台地から恩田川に下る、台地の先端にあり、鎌倉街道を南下する北条時行らを迎え撃つには、なかなか良い場所です。
しかも、鶴川街道への分岐点でもありますので、古来より交通の要所です。
中先代の乱での両軍の兵力や、主戦場も良くわかっていませんが、菅原神社の北側一帯で戦いが繰り広げられたのでしょう。

菅原神社の崖下には、上記のように「池」もありますので、水もある程度確保できたのかも知れません。

上記は、境内の左奥にある井手の沢碑です。

菅原神社は永享年間(1429年~1440年)に、領主・大沢左近正次により創建されたとあり、大沢正次の祖先としては、1319年頃に大沢正純(大沢七郎正純)と言う名も見られます。
江戸時代に入ると、1630年、その子孫である大沢玄蕃が、新たに町田村の鎮守として社殿を建てました。

町田・菅原神社への行き方・アクセスですが、参拝用駐車場は下記の地図ポイント地点の場所となります。
縮尺は変えてご覧願います。
※ページの下部では引き続き、殿ノ城と青木屋敷もご紹介致します。

殿ノ城

菅原神社の前を通る、鎌倉街道と恩田川の間の地名は殿ノ城(とのの)または御屋舗と言い、新編武蔵国風土記稿ではここが井出の沢の戦いがあった場所としています。
殿ノ城主は一色伊予とする伝承もありますが、不詳と言った方が良く、殿ノ城(居館)がどこにあったのかは不明です。
前述した町田の領主・大沢氏の居館が殿ノ城であった可能性もあるのではと推測致します。
そう考えますと、井手ノ沢塁である菅原神社に屋敷や砦があったとしてもおかしくなく、菅原神社の場所こそが殿ノ城だったのかも知れません。

なお、地区内には本町田おやしき児童公園があります。
下記の地図ポイント地点が、その場所ですが、駐車場はないので、菅原神社の参拝も兼ねて歩いて行きましょう。

青木屋敷(青木二郎屋敷)

あともう1つ、町田の青木屋敷をご紹介しますと言っても、幕末の豪農である相原の青木医院のところとは違う、金井町の青木屋敷です。

源頼朝の家臣であった鎌倉武士・青木二郎の屋敷跡との伝承があるのが、八幡神社です。
源頼朝が奥州征伐からの帰ってきた際に、関所を設けて青木二郎に守らせたと伝わります。
この青木氏は武蔵七党・丹党である勅使河原氏の庶流とされ、入間郡青木が本貫であった青木家と考えられます。
吾妻鏡では、源頼朝が上京した際に青木丹五なる武将の名が見られ、青木三郎なる同族とみられる武将の館は、青木二郎の館からちょっと北になる、鶴川街道沿いの金井にあったと言われています。
しかし、青木二郎・青木三郎なる武将については、全くを持って不明です。

また、関所跡(青木屋敷)についても諸説ありますが、今回訪問した木暮八幡神社付近ともされていますので、訪問して参りました。
木暮八幡神社の参道は、数段の曲輪状の平場になっていますが、館跡の遺構であるかは確証がありません。

車は麓の道路わきの路肩に2台くらい止められるスペースがありました。
下記の地図ポイント地点がその場所となります。

青木三郎屋敷

下記の地図は、皇国地誌に出てくる青木三郎屋敷跡と推測される「付近」を指してありますが、遺構などは全く見当たりません。

なお、合わせて訪問したい付近の史跡は下記の通りです。

新田義貞とは~鎌倉を落とした男【新田義貞挙兵の地】
小山田城の訪問記(東京都町田市の大泉寺)~自然豊かな多摩の伝承地
小野路城(結道城)と鎌倉古道の訪問記と写真集
小山田記~ 現認・小山田氏400年の存亡【小山田氏関連の考察とまとめ】

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(ま…
  2. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。 亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…
  3. 豪姫(ごうひめ)は、織田信長の家臣・前田利家の4娘として尾張・荒子城(愛知県名古屋市)にて1574年…

人気の戦国武将

  1. 北条氏康(ほうじょう-うじやす)は、小田原北条氏の第2代当主・北条氏綱の嫡男として1515年に生まれ…
  2. 戦国時代を制して平和な江戸時代をもたらした英傑・徳川家康。 戦国の世に生まれ、今川義元の人質であり…
  3. 今治城(いまばりじょう)は、輪郭式平城で、別名は吹揚城、吹上城(ふきあげ)とも言います。 海を活用…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る