犬山城 日本最古の天守閣は国宝 写真集


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 犬山城は、1537年、織田信長の叔父である織田信康が、木曽川沿いの標高88mの山の上に、木之下城より城郭を移して築いたといわれています。
 1469年に、織田広近がこの地に砦を築いたのが始まりとされています。

 

 国宝の犬山城は、現存天守12城の1つで、国宝天守は姫路城彦根城松本城とここ犬山城の4つだけです。
 その中でも、室町時代の1537年に建てられた犬山城の天守閣は日本最古となっています。

 

 1544年、織田信康が斎藤道三との争って討死すると、子の織田信清が犬山城主となりました。

 

 1564年、織田信長と織田信清が対立すると、織田信長によって、犬山城は陥落しています。
 その後は、池田恒興や織田勝長などが犬山城主を務めました。
 ※各写真はクリックすると拡大します。

 

 1862年、明智光秀による本能寺の変後、織田信雄の家臣・中川定成が入っています。

 

 1584年、かつての犬山城主・池田恒興が木曽川をわたり奇襲をかけて犬山城を奪取。
 そして、小牧・長久手の戦いの引き金の1つとなりましたが、この時、豊臣秀吉が一時、犬山城に陣を置いています。
 その後、再び織田信雄の支配化となりますが、失脚後は三好吉房などが城主を務めています。

 

 豊臣秀吉の時代には石川貞清が入っています。
 関が原の戦いのあとは、徳川家康家臣の小笠原吉次が1601年に城主となりました。
 犬山城を去った石川貞清は商人となり成功をおさめ、大坂の陣のあとには真田信繁の娘・おかねを継室に迎えています。
 1607年には、平岩親吉が犬山城主となっています。

 

 1617年になると、尾張徳川家の重臣・成瀬正成が、尾張藩の附家老として30000石を拝領し、このとき現在の唐破風出窓が天守に増築されたと言われています。

 

 以後は成瀬家が代々、幕末まで犬山城主を務めました。

 

 天守は下の2重2階の主屋が1537年に木之下城より移したものと判明しています。

 

 天守閣最高部の木製の欄干(手すり)は、高さも低くて当時のままです。

  

 国宝天守ですので、観光客はたくさん訪れます。
 混雑が予想される場合には、ちょっと前に公式サイトにて、混雑予想が出る場合がありますのでご参考になさってください。

 

 犬山城の入城券は、JAF会員証で割引になります。

 

 行き方・アクセスは犬山駅からは徒歩約15分です。
 犬山城に近いお勧め駐車場は、下記地図のポイント地点。

 スポンサーリンク


 この犬山城第1駐車場(140台)500円で駐車できる。
 土日祝は朝8時開門(平日は朝8時30分)で、16時30分に閉鎖。

 他には城下町に民間のコインパーキング「リパーク犬山城」などがあります。

成瀬正一と成瀬正成~意外性もあった徳川家の家臣とその功績
真田信繁の娘・おかねと石川貞清(石川光吉)~元・犬山城主
姫路城の歴史と見どころ【国宝・世界遺産】写真集・観光情報
国宝天守・松本城はこちら
国宝天守・彦根城はこちら

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 11月 22日
  2. 2015年 11月 27日

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 奈多夫人(なだふじん)は大友義鎮(大友宗麟)の継室です。 奈多城主でもある八幡奈多宮の大宮司・奈多…
  2.  阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達…
  3. 古文書に魅了されて早うん年の戦国未来(せんごくミク)と申します。 今回ご紹介するのは、『以貴小…

人気の戦国武将

  1. ▼徳川家康は天文11年(1542年)に、三河国(現在の愛知県東部)岡崎城で小大名・松平広忠の嫡男とし…
  2. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  3. 宮尾城(みやおじょう)は、厳島神社で有名な宮島にある平山城で、別名は宮ノ尾城、宮尾ノ城、宮ノ城とも呼…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
2016年10月、書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

2016年8月、戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る