鎌原幸定・鎌原幸重・鎌原重澄・鎌原重春・鎌原重宗~真田家に仕えた家臣


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 鎌原幸定(かんばらゆきさだ)は、真田家の祖・真田頼昌の子で、真田幸隆の弟。
 海野棟綱の3男とする説もある。官途は大和守。

 その後、上野吾妻郡の海野氏の一族である三原城主・鎌原幸政(鎌原修理亮幸政)の養子となった。

 武田信玄が信濃に進出すると、子の鎌原幸重(鎌原宮内少輔)と共に、早くから武田信玄に臣従したようで、真田幸隆の吾妻郡進出にも協力した。
 その後、真田幸隆の軍に加わり、岩櫃城攻めなどに参加し、岩櫃城攻略の際、岩櫃城主・斎藤憲広の弟を内応することに成功している。

 スポンサーリンク


 鎌原城主・鎌原幸重の子・鎌原重澄(鎌原筑前守)は、真田信綱に従い(武田勝頼の家臣として仕えていたとも?)、1575年、長篠の戦いで討死。
 その鎌原重澄の子・鎌原重春が、真田昌幸の娘(名前不詳、真田信尹の娘で昌幸の養女とも?)を正室に迎えている。

 1582年3月、織田信忠による武田征伐で武田勝頼が滅亡したあとは、真田昌幸に従い、1590年、豊臣秀吉小田原攻めにも従軍。
 しかし、大道寺政繁が守備する上野松井田城攻めで討死したため、家督は子の鎌原重宗が継ぎ、関ヶ原の合戦では真田信幸(真田信之)に従って東軍に付き、大阪の陣にも従軍。
 子孫は歴代、真田一族衆として真田家重臣に名を連ねている。

 なお、鎌原重春の夫人(真田昌幸の娘)は、1619年8月1日に死去している。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 3月 15日

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 大蔵卿局・大蔵局(おおくらのつぼね)は浅井長政の家臣だっとされる大野定長の妻で、茶々の乳母であったと…
  2. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  3. 慶誾尼(けいぎんに)は、慶ぎん尼とも書きますが、1509年に生まれた村中龍造寺家の当主・龍造寺胤和(…

人気の戦国武将

  1. 真田丸(さなだまる)とは、真田幸村が築いた大阪城の出城の名称である。 大坂冬の陣に参加して欲し…
  2. 甲斐の虎・武田信玄の父である武田信虎。 実の息子である武田信玄によって国を追放されたことは、戦国愛…
  3. 今治城(いまばりじょう)は、輪郭式平城で、別名は吹揚城、吹上城(ふきあげ)とも言います。 海を活用…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
2016年10月、書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

2016年8月、戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る