安田勝之進とは~米沢藩・上杉景勝の家臣


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 NHKの木曜時代劇「かぶき者慶次」に登場する安田勝之進について、分かっている事をできる限り詳しく記載したいと存じます。

 安田勝之進は米沢藩・上杉景勝の家臣です。
 父の名は安田継之丞と言い、上杉家における経理部門(勘定方)のリーダー(頭)ですので、家中においては、それなりの身分ある父を持ち、将来有望な若者であるのが安田勝之進と言う事になります。

 前田慶次の娘・前田佐乃が、なかなか前田家に戻ってこない父を心配して、加賀から米沢にやってきます。

 そんな前田佐乃に好意を持つのが、安田勝之進なのですが、安田勝之進自身は正義感が大変強く、前田慶次同様に剣の腕も良く、尚且つ二枚目と言う事になっています。

 放送される「かぶき者慶次」のストーリーなど気になる所ですが、現時点ではこの程度しか判明しておりません。

 スポンサーリンク


 上杉家と言えば有名な家臣として、直江兼続もおりますが、放送に登場するのかなど、全く不明でございます。
 安田勝之進が実在した武士なのかですが、調べても父・安田継之丞共々、名が見られませんので、恐らくは創作された上杉家臣と推測できます。

 最終回では、安部一左衛門の娘・知佳(市山京香さん)とお見合いするシーンも登場します。

 放送は2015年4月9日(木)20時スタートで、11回の毎週木曜日連続です。

 その前に、なんで前田利家の弟ともされる「前田慶次」が、米沢の上杉家の家臣になっているのか?について今一度、足跡をご覧頂けますと幸いに存じます。

 → 前田慶次とは

かぶき者慶次 出演者一覧情報

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 3月 22日

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 慶誾尼(けいぎんに)は、慶ぎん尼とも書きますが、1509年に生まれた村中龍造寺家の当主・龍造寺胤和(…
  2. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…
  3.  1547年?に誕生した「おね」は、尾張国の杉原定利の娘(次女)で、母は朝日殿。  生まれてす…

人気の戦国武将

  1. 松山城(まつやまじょう)は、伊予(愛媛)の松山にある標高132m、比高約90mの連郭式平山城で、津山…
  2. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。 米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…
  3. 実際の山本勘助  武田家は滅んだ大名のため、武田家に関する資料は多く残されていない。  武田…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る