河原村伝兵衛(川原伝兵衛、川原村伝兵衛 、河原伝兵衛)


スポンサーリンク
スポンサーリンク

河原村伝兵衛(川原伝兵衛、川原村伝兵衛、河原伝兵衛)

 元は三河の浪人とされ、山県昌景の同心として活躍した。

 1570年、伊豆・韮山城攻めで、山県昌景隊が深入りし危機に陥った際に、河原村伝兵衛は白地に「船」の一字を書いた旗を指し、1人で6回も敵に突撃をし、山県昌景隊の危機を救ったとされる。

 この武功を武田信玄は大変気に入り恩賞として、その場で杯、槍、刀、そして武田信玄自らの手で甲州金を三すくいほど与え、河原村伝兵衛を剛の者と褒めたと言われる。(甲陽軍鑑による)

 これ以外に河原村伝兵衛に関する記録は残っておらず、詳細は不明。

 スポンサーリンク



スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(ま…
  2.  阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達…
  3.  お市の方は、1547年?に織田信秀の娘として誕生した。呼称としては、市、お市の方、市姫、小谷の方(…

人気の戦国武将

  1. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。 米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…
  2. 今川義元(いまがわ-よしもと)は、1519年、駿河・遠江守護の今川氏親の5男として生まれた。幼名は芳…
  3. 淀城には「淀古城」と「淀城」の2つがありますが、その理由と歴史について調べてみました。 (さらに…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る