前田美津と和泉局(お菊)~かぶき者慶次


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 NHKの木曜時代劇「かぶき者慶次」にて、女優の江波杏子さんが演じる、前田美津

 この記事の執筆時点では、前田美津の役どころがまだ不明なのですが、推測するに、前田慶次の正室?でしょうかね?

 前田慶次の妻は、七尾城主・前田安勝の娘です。

 織田家の家臣であった前田家は、長男・前田利久、次男・前田安勝、そして3男が前田利家でした。

 前田利家豊臣秀吉から越前府中を与えられると、この時、兄らは前田利家の家中に入ったようで、特に、前田安勝は七尾城主として13500石となって能登を任されました。

 ただ、前田慶次の妻となった前田安勝の娘の名や生没年などは不詳です。

 スポンサーリンク


 「かぶき者慶次」にて江波杏子さんが演じる、前田美津は、果たして悪女なのか?、それとも夫を陰ながら支える良妻賢母なのか?
 なかなか興味が注がれるところですが、どうも、前田慶次に勝るとも劣らない「女かぶき者」と言う設定なようです。

 

和泉局(お菊)

 一方、前田美波里さんが演じる和泉局・お菊ですが、この女性も実在したのか調べましたが、不明です。
 阿茶局をモデルにしているのかもしれません。
 なお、テレビ放送においては、徳川幕府の大奥で権勢を振るっている女性のようで、昔、前田慶次となんらかの接点があったようです。
 しかし、上杉家が取つぶしになるのを望み、老中・久保田備前守忠常(久保田忠常)に命じているのです。

 かぶき者慶次 出演者一覧情報

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた。…
  2. 豪姫(ごうひめ)は、織田信長の家臣・前田利家の4娘として尾張・荒子城(愛知県名古屋市)にて1574年…
  3. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…

人気の戦国武将

  1. 淀城には「淀古城」と「淀城」の2つがありますが、その理由と歴史について調べてみました。 (さらに…
  2. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…
  3.  天正壬午の乱(てんしょうじんごのらん)は、1582年6月、織田信長の死後、空白地帯となった甲斐・信…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る