児玉就英とは~毛利水軍を率いた草津城主(草津城と児玉就方の墓)


スポンサーリンク
スポンサーリンク

児玉就英(こだま-なりひで)は、1554年に安芸・草津城主である児玉就方の子として生まれた。

父である児玉就方(こだま-なりかた)は、武勇ある武将で、毛利元就の家臣に加わると、1551年から草津城主として川内水軍衆の統率を任されていた。

児玉就英は、1569年、尼子再興軍の尼子勝久・山中幸盛らが出雲へ乱入した際、父と共に毛利水軍を率いて出陣し、日本海側で戦っており、1570年の尼子氏討伐でも出撃したと考えられる。

このように、父と共に毛利家の戦(いくさ)の大半に出陣し、1576年の第1次木津川口の戦いにも参戦。
この時は、毛利家の大将である乃美宗勝、井上春忠、村上吉充、香川広景らと毛利水軍主力を率いた。
焙烙玉などを駆使した戦術にて、九鬼嘉隆の織田水軍を壊滅させている。
そして、石山本願寺へ兵糧を入れるのに成功した。

 スポンサーリンク


1578年に児玉就英は淡路・岩屋城に入り、淡路周辺の瀬戸内海の守備を担当。
同じ、1578年に山中鹿之助(山中幸盛)が毛利家によって暗殺されると、山中鹿之助の娘・盛江(八重姫)(14歳)を児玉就方や児玉就英は養育し嫁に出したようだ。

毛利輝元豊臣秀吉に臣従したあとも、父・児玉就方と共に毛利水軍を率いて、1585年、紀伊・雑賀攻めなどに参加している。

1586年に父・児玉就方が死去すると、家督を継いで草津城主となった。

児玉就英の没年は、1596年6月11日である。

ちなみに、和田竜さんの「村上海賊の娘」と言う歴史小説(フィクション)において、児玉就英はイケメンであり、主人公・村上景が惚れると言う設定になっている。

更にちなみにであるが、日露戦争にて指揮をとった陸軍大将・児玉源太郎は、この児玉氏の子孫となる。

草津城と児玉就方の墓

相模の渋谷氏が下向した地である広島の草津は、神武天皇の時代から軍津(いくさつ)や、久曽津とも呼ばれ、水軍・海運などの重要拠点でした。
朝鮮での白村江の戦いの際にも、草津から倭国の軍船が出撃(寄港)したようです。

鎌倉時代には相模・高座郡渋谷荘を本貫地とした渋谷氏の一族が、東京都渋谷区一帯も領地としていましたが、和田合戦で敗れた後、薩摩や各地の氏神としても下向を命じられています。
そのうち安芸・草津にも下向した渋谷氏(渋谷右衛門大夫または渋谷右京大夫と伝わる)がいるようで、草津八幡宮を創建したとされます。

戦国時代には、厳島神社神主家の配下である神領衆・羽仁氏の本拠地でした。
1456年には銀山城主・武田信賢が攻撃して落城し、1457年には大内氏が攻撃して落城すると、新里式部少輔が入っています。
1554年、草津城主の羽仁氏が石見・津和野に出陣している間に、毛利元就が草津城を占拠すると、児玉就方、児玉就英、児玉元昌と草津城主に配置し、桜尾城、仁保城、宮尾城と陶晴賢を迎え撃つための最前線としました。
草津城(田方城)の南に位置する草津湊は、広島湾を防衛する毛利水軍の根拠地にもなり、草津は大いに賑わったとされます。

草津城へのアクセスですが、下記の地図ポイント地点が、草津城への登城口となります。

駐車場が見つからず高架橋下の広い所(交通障害にならないところ)に自己責任でちょっとクルマを止めさせて頂きました。
下記の階段を登って行きます。

福島正則広島城主となると、草津城下の山陽道に「大門」を建造して西の関所とし、草津城を破却しました。

下記は本丸からの展望ですが、すぐ横に大きなマンションがありました。

本丸跡と思われる削平地に、草津城跡の石碑・案内板が設置されています。

草津城主であった児玉周防の墓(児玉周防守就方の墓)は小泉家の墓所にあります。
小泉酒造でも有名な小泉家は、小早川家の一族とされています。
しかし、児玉就方の墓がある場所は、わかりにくかったです。
本丸に出たらマンションの方へ降りて行く小道を進みます。

降り切ると道が無いように見えるのですが、左の竹林に逸れる道があるので探してください。
下記の場所から児玉就方の墓へと入って行くのですが、写真の通り分かりにくいです。
恐らく6月~9月頃は草が茂っていて、道もわからないと思いますので、できる限り冬季がお勧めです。

竹林に足を踏み込んだら、ちょっと道が下がって行く感じになります。
そのまま下がって行くと小泉家の綺麗に清掃されている墓所となるのですが、そちらには向かわず、途中山側(左手)にちょっと登る感じで進みます。

竹林に入って下がって左へ折れて登る感じで行くと下記の児玉就方(児玉就英の父)の墓にたどり着きました。

結構、ココに車で暗い林の中をさまよい必死(決死)だったので、撮影を失念してしまいましたが、児玉就方の墓の脇にある墓は、正室の墓とされているそうです。
もと来た道を戻って帰りました。
ちなみに、児玉氏の子孫である陸軍大将・児玉源太郎の墓は、東京・多摩霊園にあります。

草津城と児玉就方の墓の観光所要時間は約15分となります。
お墓をお参りさせて頂いたあとの帰り道、ヘンな虫も飛んでいて、こんな誰も訪れる事もないであろうと考えていた草津城で、女性の方に出くわしました。
帰りの坂道を息を切らしながら登っている際に、逆光で見えなかったのですが、相手の方より「こんにちは」と声を掛けられて気がついた次第です。
今回の広島1泊2日では、草津城だけでなく、宮尾城亀居城桜尾城鎮海山城賀儀城三原城洞雲寺海蔵寺勝運寺長生寺米山寺なども訪れましたが、他の人と会う事は無かったので、大変ビックリ致しました。

厳島の戦い~戦国時代の三大奇襲戦と宮島の宮尾城と勝山城
村上景とは~村上海賊の娘「主人公のモデルとなった女性は?」
毛利元就のスゴイところはこちら
村上武吉~瀬戸内海の村上水軍を率いた日本最大の海賊
村上吉充とは~因島村上水軍を率い厳島の戦いを勝利に導いた武将
村上吉継とは~日本最古の水軍城である甘崎城(天崎城)も
毛利輝元とは【かろうじて毛利家をつないだ戦国大名】
乃美宗勝とは~浦宗勝とも名乗り水軍を率いた小早川家の勇将
九鬼嘉隆~九鬼水軍を率いた織田家・豊臣家の水軍大将
眞鍋七五三兵衛と眞鍋道夢斎と沼間道夢斎と沼間義清と松浦安太夫【村上海賊の娘】
三原城と石垣~小早川家が改修した本格的な水軍城
児玉氏が保護したのか?北条氏直の墓がある広島「海蔵寺」を訪ねて

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 常高院(じょうこういん)・浅井初(お初、於初)は、1570年に小谷城にて生まれた。 父は小谷城主・…
  2. 阿古姫(あこひめ)は、長宗我部元親の3娘です。 長宗我部氏の家臣で、上ノ加江城主である佐竹親直…
  3.  淀殿(よどどの)は1569年に近江・小谷城にて誕生した。  父は浅井長政で、母は織田信長の妹・お…

人気の戦国武将

  1. 北条氏康(ほうじょう-うじやす)は、小田原北条氏の第2代当主・北条氏綱の嫡男として1515年に生まれ…
  2. 今川義元(いまがわ-よしもと)は、1519年、駿河・遠江守護の今川氏親の5男として生まれた。幼名は芳…
  3. 岩村城(いわむらじょう)は、標高721m、比高153mの山城です。 本丸の標高は717mと、江…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る