小西ワクサ~マグダレナ、マグダレーナ~豊臣秀吉の正室・おねの侍女


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 キリシタン大名でもある小西行長の母とされる女性の名はワクサで、洗礼名はマグダレーナ、マグダレナ。

 小西行長は、元々岡山の商家に養子で入ったと言う堺出身の商人の子で、商売で何度か宇喜多直家を訪ねていたところ、才覚を見出されて、宇喜多直家の家臣となった。
 その後、羽柴秀吉が三木城攻めをしていた際に、宇喜多直家の使者として羽柴秀吉に使われると、羽柴秀吉に気に入られて直臣となった優秀な武将で、豊臣家の元では舟奉行として水軍を率いた。
 恐らくは、商人時代に船の航海技術なども学んでいたのであろう。

 スポンサーリンク


 小西ワクサは、豊臣秀吉の正室・おねの侍女として仕え、大阪城ではおねの右腕として、豊臣秀吉の側室などを取り仕切っていたと言われるが詳細は不明。

 小西行長の父・小西隆佐は、堺の豪商であったが、1585年から羽柴秀吉に仕えている為、小西ワクサもこの時期におね(北政所)に仕えたのではと推測できる。

小西行長~頭脳派として豊臣秀吉の交渉人を務めた武将
明泉寺にある小西行長の墓?~垂井・岩手の竹中家ゆかりのお寺


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  2.  阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達…
  3.  片倉喜多(かたくら-きた)は、1538年に伊達家臣・鬼庭良直の娘(長女)として生まれた。  母は…

人気の戦国武将

  1. 今治城(いまばりじょう)は、輪郭式平城で、別名は吹揚城、吹上城(ふきあげ)とも言います。 海を活用…
  2. 三方ヶ原の戦い(みかたがはらのたたかい)は、1572年に武田信玄が3万の軍勢を動員した西上作戦として…
  3. 甲斐宗運(かい-そううん)は阿蘇神社大宮司・阿蘇惟豊の筆頭家老である甲斐親宣の子として生まれた。 …

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
2016年10月、書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

2016年8月、戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る