三河・拳母城(七州城)~本丸隅櫓が復興されている豊田市のシンボル


スポンサーリンク
スポンサーリンク

愛知県豊田市にある七州城(しちしゅうじょう)をご紹介してみたいと存じます。

「三河」「尾張」「美濃」「信濃」「伊賀」「伊勢」「近江」の七か国が見渡せる標高63m、比高28mの「童子山」にあることから七州城と呼ばれますがこれは通称で、正式名称は三河・挙母城(ころもじょう)となります。

鎌倉時代にこの地「挙母」を治めていた中條景長は、1309年に金谷城が築いており、昔からここの童子山に城があったとは考えられていないようです。
その三河・金谷城も、拳母城と呼ばれることがあります。

 スポンサーリンク


関ケ原の戦いのあと、1604年に三宅康貞が、先祖ゆかりの地である拳母(衣)に1万石で入封すると、荒廃していた金谷城を改修するのではなく、新たに佐久良城(さくらじょう)を新築しました。
その後、挙母藩(ころもはん)は、幕府直轄領になったり、本田忠勝の曾孫・本多忠利が1万石で入るなどしますが、1749年に上野・安中藩より内藤政苗が2万石で挙母へ領地替えとなります。

この内藤政苗は、佐久良城(桜城)を大改修し、徳川幕府も4000両を挙母藩に支給しています。
しかし、度々、矢作川の氾濫で被害を受けたため、2代藩主・内藤学文は1779年に工事途中で断念し、童子山に新城を築城することなりました。
そして、童子山の挙母城は、1785年に完成した訳です。

以後、挙母の城下町は桜城(佐久良城)があった下町と、挙母城を中心とした樹木の両地域で発展し、明治維新を迎えるのです。

現在は豊田市美術館の敷地と城跡公園として整備されていますが、遺構はほとんどありません。

ただし、1977年に、石垣上の櫓台に本丸隅櫓が復興されています。

また、少し奥には、隅櫓に隣接する形で、書院は「又日亭」が移築されています。
この又日亭(ゆうじつてい)は、矢作川の対岸にあった寺部城(寺部陣屋)にあった書院を豊田市が移築したものです。

拳母城(七州城)への行き方・アクセスですが、車の場合、豊田市美術館の無料駐車場利用(100台)が利用できます。
この駐車場があった場所は、かつて蓮池と呼ばれた池で、拳母城の堀にもなっていました。
下記の地図ポイント地点が駐車場入口の場所となります。

拳母城の見学所要時間は15分といったところです。

三河・寺部城と寺部・鈴木氏~寺部城の訪問記

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 戦国時代には関東にも「足利氏姫」と言う女城主がいたと言うのは、あまり知られていないだろう。 157…
  2.  淀殿(よどどの)は1569年に近江・小谷城にて誕生した。  父は浅井長政で、母は織田信長の妹・お…
  3.  彦姫は、米沢城主・伊達晴宗の4女として、1552年?に生まれた。兄に岩城親隆・伊達輝宗などがいる。…

人気の戦国武将

  1. 1535年7月23日、伊作城(本丸を亀丸城と呼ぶ)にて島津義弘が誕生。父は島津貴久で、次男として生ま…
  2. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  3. 源頼朝は、源氏の頭領である、源義朝の3男として、1147年4月8日に尾張の熱田神宮西側にあった神宮大…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る