小机城の訪問記~横浜市で一番見応えある平山城


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 横浜市にある「小机城」は、戦国時代に北条氏が縄張りを整備した標高42m(比高22m)の根小屋風・連郭式平山城です。
 別名は飯田城、根古屋城とも呼ばれます。

 

 上記は横浜線の踏切から小机城を撮影したものです。右側の山が本丸がある方向となります。

 

 上記は、麓から小机城を撮影した写真です。そんなに高い山ではありません。

 スポンサーリンク


小机城とは

 築城年代や築城者は不明ですが、室町時代の豪族・小机氏が関与していた可能性はあります。
 初見としては1476年の長尾景春の乱で、小机城主として矢野兵庫助の名が見受けられます。
 太田道灌が1478年1月に、豊島泰経が逃げ込んだ小机城を攻撃するため、鶴見川を挟んだ対岸「亀之甲橋」がある、現在の浅間神社付近の峰に、亀之甲山陣城を築いて、約2ヶ月掛けて攻め落としています。
 小机城の南側にある城郷村内の九大字には、小机城の合戦で討死した将兵を供養した「九養塚」「十三塚」や、太田道灌が小机城の捕虜を処刑した「磔原」、その血で谷戸が赤く染まったといわれる「赤田谷戸」などの地名が現存します。
 その後は廃城となっていたようですが、戦国時代に北条氏は「小机衆」を組織し、その本拠地としました。
 1524年には小机城主として北条氏堯(北条氏尭)が任じられましたが、まだ2歳でしたので、小机城代として笠原信為が入り、大改修を行い前線拠点として整備されました。
 その後は北条時長、北条氏堯、北条氏政の弟・北条三郎、北条氏光などが城主を歴任しますが、実質的には笠原氏が城代としてまとめ続けたようです。
 小机衆としては笠原氏の他に、曽弥外記、神田次郎左衛門、市野助太郎、増田満栄、座間豊後、村嶋豊左衛門、二宮義忠、岩本和泉、高田玄蕃、中田加賀、長谷川為久、沼上出羽、石原靱負、大曾根飛騨守らの名が見受けられます。
 1590年、豊臣秀吉小田原攻めの際には、小机城主は笠原虎千代でしたが、小机衆は小机城を放棄して、ほぼ全員が小田原城へ籠城したようですので、豊臣勢は小机城には攻撃すら行っていません。
 その後、徳川家康が関東入封となると小机城は廃城となりました。

 

 京都・嵐山の竹林ほどではありませんが、小机城は全体的に竹林があり、大変風情豊かなところです。
 ※各写真はクリックすると拡大致します。

 

 大きな空堀の横を二の丸方面へ抜けて行きます。

 

 上記写真はその空堀を撮影したものです。
 北条家らしい、北条氏特有の特徴ある大空堀ですね。
 写真では余り高くないように見えますが、結構、深い堀です。

 

 小机城の本丸方面を撮ったものです。

 

 上記写真は、二の丸への入口ですね。

 

 二の丸は結構な広さでした。

 

 上記写真は、二の丸の奥の方(北側)です。櫓台(物見やぐら)があったものと推測できます。
 恐らくは、狼煙台としての役割もあり、玉縄城への連絡を中継したと考えられます。

 

 そんなに坂(階段)もきつくないので、一度、北側の空堀に降りてから、本丸を目指してみました。

 

 現在は第三京浜が小机城を南北に「切通し」して通っていますので、西側とは分断され、遺構の一部が失われています。
 昔に第三京浜作ったので仕方ないですが、今の時代にもし高速を通したのであれば、恐らくトンネルとなり、小机城は原型を留めていたことでしょう。残念ですね。

 

 上記写真は、空堀から本丸を望む写真です。
 なお、小机城は単独の城では無く、菊名方面など支城がいくつもあります。

 

 上記が小机城の本丸です。少年野球でもしているのか? 周囲には球除けネットが巡らされており、地面にはブルーシートが敷かれていました。

 

 

 本丸も周りは木々で囲まれていましたが、僅かな隙間から撮影した展望が上記写真です。

 

 上記は、土橋と思われる通路から、本丸方面を撮影した物です。

小机城への行き方

 JR横浜線の小机駅から徒歩15分と比較的交通の便も良いので、気軽に訪れる事ができます。
 公園として遊歩道が整備はされており、トイレもありますが、残念ながら駐車場はありません。
 もし、お車の場合には、県道12号(横浜上麻生道路)沿いにある「小机辻」信号付近の100円パーキングを使用して、登山口まで徒歩5分といったころです。
 又は、新横浜公園のタイムズに止めても良いですね。小机城を眺めながら接近できます。

 

 上記写真の道を、真っ直ぐに進むと、電柱などに「小机城はこっち」と記載がありますので、その案内に従って登りましょう。
 登ると言っても、子供でも危険がない平山城ですので、スニーカーで充分です。

 

 上記写真の住宅街の間の道が、小机城への入口です。

 

 この緩い坂を登って行きます。
 ここから入って、小机城ぐるっと回る見学所要時間(登城時間)は、約30分といったところです。

 

 一応トイレもあります。

 下記地図の目印地点が、小机城への登り口となります。
 ご近所迷惑にならないよう、ご見学頂けますと幸いです。
 

茅ヶ崎城~横浜の整備保存された茅ヶ崎城址公園
太田道灌~忠義を貫いた名将の終焉の地~太田道灌の首塚

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 10月 19日
  2. 2015年 11月 04日

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 立花誾千代とは 立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…
  2. 大蔵卿局・大蔵局(おおくらのつぼね)は浅井長政の家臣だっとされる大野定長の妻で、茶々の乳母であったと…
  3.  千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた…

人気の戦国武将

  1. 【治国平天下 ~柳生新陰流 天下統御の剣・柳生石舟斎と柳生宗矩】 柳生石舟斎・柳生宗矩と柳生一…
  2. 源頼朝は、源氏の頭領である、源義朝の3男として、1147年4月8日に尾張の熱田神宮西側にあった神宮大…
  3. 甲斐宗運(かい-そううん)は阿蘇神社大宮司・阿蘇惟豊の筆頭家老である甲斐親宣の子として生まれた。 …

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
2016年10月、書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

2016年8月、戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る