小山田信茂の首塚と小山田左兵衛尉信茂顕彰の碑【初狩・瑞龍庵跡】


スポンサーリンク
スポンサーリンク

1582年3月、武田勝頼が自刃し武田家が滅亡した際に、小山田信茂葛山信貞、ほかに武田信堯、小菅五郎兵衛などと共に、甲斐善光寺で切腹となります。

そして、小山田信茂の遺体は、甲斐善光寺の北に葬られました。
現在、その地も小山田信茂の首塚とされますが、私有地(民家の庭)にあります。
今回、ご紹介するのは、その善光寺近くの首塚ではなく、初狩にある首塚となります。

 スポンサーリンク


国道20号(甲州街道)を西へと進みますと、唐沢橋のところに突然「←首塚」の小さな看板が現れます。
その狭い道を中央本線の方へ登って行きますと、また「首塚」の小さな案内があります。

その付近に車を止めるスペースがありましたので、そこからは徒歩で行きますが、中央本線のカード下の道を、山の方向へと歩いて行きます。

そして、沢の橋を渡って行くと、旧瑞龍庵の境内へと入ります。

瑞龍庵は、明治40年に鉄砲水が発生し流されてしまったそうで、それ以降、再建されておらず、平坦な土地だけが残されています。
境内に入って更に山の方角へと足を運ぶと、小山田信茂の首塚と小山田左兵衛尉信茂顕彰の碑に到着致します。

中央本線のガードから、徒歩5分といったところでしょうか?
下記の地図ポイント地点の場所が、首塚がある場所となります。
地図は縮尺を変えてご覧ください。

小山田信茂の従者が首を持ち帰り、詳雲山瑞龍庵(随龍庵)の住職が、ここに葬ったとされます。
甲斐国誌古蹟部では「小山田古蹟」として紹介されていますが、現在は僅かに湘南塔の一古塔礎を残すだけとなっていました。

場所はわかりにくいので、上記の地図を良くご覧の上、訪問願います。
夏場は虫除けなど対策が必要だと思います。

なお、小生が車を止めさせて頂いたスペース(上記写真)の場所も下記に地図にて残しておきます。
どうぞ、お気をつけてお出かけください。

小山田信茂(小山田藤乙丸)~(1545年?~1582年)郡内の実力者
武田氏滅亡と武田勝頼・天目山の戦いと小山田氏滅亡
岩殿城山~小山田信茂の難攻不落の山城
小山田氏の中津森館と長生寺・桂林寺・用津院とは
小山田記~ 現認・小山田氏400年の存亡【小山田氏関連の考察とまとめ】

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  2.  阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達…
  3.  久保姫(くぼひめ)は、大館城主・岩城重隆の長女として1521年に生まれた。  通称は杉目御前、笑…

人気の戦国武将

  1.  石田三成の波乱に満ちた生涯について公開されているホームページは多い。ただし、年表式に石田三成を解釈…
  2. 甲斐宗運(かい-そううん)は阿蘇神社大宮司・阿蘇惟豊の筆頭家老である甲斐親宣の子として生まれた。 …
  3. 安土城(あづちじょう)は、琵琶湖東岸の標高199m安土山に織田信長が命じて築城した山城(比高112m…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る