丸子城 (信濃国) 徳川勢の攻撃にも耐えた丸子三左衛門


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 丸子城長野上田市丸子にある山城です。
 
 東側を依田川、西側を内村川に挟まれると言う地形を生かした、標高685mの急峻な山となっています。
 丸子城の築城時期は不明ですが、高白斎記などによると、依田丸子氏の居城であったとされます。

 

 1585年、第1次上田城の戦いの際、真田昌幸2000は上田城で、徳川勢の鳥居元世・平岩親吉・大久忠世ら7000を迎え撃ち、撃退します。

 スポンサーリンク


 この時、徳川勢はすぐに帰らず、八重原の台地まで退陣すると軍勢を整えて、諏訪頼忠らが丸子城に籠城した丸子三左衛門へ攻撃を行いました。
 丸子表の戦いとも呼ばれており、3方から攻撃したようです。
 真田昌幸も救援として長瀬河原へ出ると、鉄砲隊で諏訪頼忠の背後を攻撃したと言います。
 そのため、徳川勢の諏訪頼忠と岡部長盛らは、攻略できず撤退しています。
 この丸子三左衛門(丸子三右衛門)なる武将、真田家を裏切らず頑張り、立派な武将とお見受け致します。
 真田昌幸も、その健闘をさぞかし褒めて、感謝したのではと存じます。
 真田は支城も落ちなかったのです。

 

 各写真はクリックすると拡大します。
 徳川勢の攻撃を受ける2年前の1583年に、当時、徳川方だった真田昌幸が、北条氏直勢だった城主・丸子三左衛門を攻撃したとあります。
 この時の戦いこそが、真田幸村の初陣との伝承が上田にはあります。
 丸子三左衛門は降伏すると真田家に臣従したのでした。

 

 徳川勢は丸子氏に対して、味方するよう調略もしたようですが、丸子三左衛門は真田家との信頼関係を守り抜きました。 
 徳川勢は何度も丸子城を攻撃をし、合戦後に見受けられる徳川家康の感状は17通もあり、丸子城の戦いが激戦であったことが伺えます。
 更に井伊直政ら5000の援軍を送ってきましたが、その時、石川数正が徳川家を出奔すると言う事件が起きて、全軍撤退しています。

 1600年、関ヶ原の戦いの際にも、上田城で再び敗れた徳川勢は、丸子城を牽制しつつ、現在の152号を南下して、143号に入り、中山道を進みました。
 この時、和田峠越えでは、真田幸正の追撃や挟撃を恐れて、疑心暗鬼になったそうで、峠越えもかなりの時間を要したと伝わります。

 その後、丸子三左衛門は、どうも、真田氏の本家姓である「海野」姓を与えられて、海野三左衛門尉と改名し、真田信之に仕えたようです。
 1601年には、上丸子村に300貫文を安堵されています。
 1622年、真田信之が松代城へ転封となると、丸子海野氏も松代に移って、明治維新まで続きました。

 麓の駐車場からの登山道はつづら折りですが、緩やかになっており、砥石城のようにスゴクきつい事はありませんでしたが、此高152mですので、それなりの苦労はあります。

 

 ピークは2箇所あり、城址一帯は「彩の森公園」と呼ばれているようです。
 先端が二の郭(飯盛城)と呼ばれており、現在、写真のような立派な模擬物見櫓が再現されています。
 ここまでは、駐車場から15分くらいでした。

 

 

 

 その奥、350m先には主郭である丸子城の中心部があり、あと10分ほどで行けます。
 今回は、すいません。朝から、砥石城に登ったりと限界でしたので、物見櫓の階段すら登る気力が無く、二の郭までで下山しました。

 

 麓には館跡だと思われる台地もありました。
 今は、遊具も有りますので、家族連れでも楽しめると思います。

 上田城から丸子城までは、車で30分くらいの距離です。

 行き方・アクセス・場所ですが、下記の地図ポイント地点が、丸子城への登城口となります。
 特に案内はないのですが、登って行けばわかります。
 また、その登城口の反対側となる、依田川側に無料駐車場とトイレがあります。
 徳川勢を撃退した、武勇を誇る丸子城、是非訪れてみて下さい。

第1次上田城の戦い【第一次上田合戦、神川合戦】の概要と経緯
上田城のみどころまとめ 真田幸村も活躍した信州上田城

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 5月 01日

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  2. 石井彦鶴姫は、1541年に肥前・飯盛城主である石井常延(石井兵部少輔常延)の次女として生まれました。…
  3.  1547年?に誕生した「おね」は、尾張国の杉原定利の娘(次女)で、母は朝日殿。  生まれてす…

人気の戦国武将

  1. 甲斐の虎・武田信玄の父である武田信虎。 実の息子である武田信玄によって国を追放されたことは、戦国愛…
  2.  5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。  米沢にて虎哉和尚や片倉景綱…
  3. 1535年7月23日、伊作城(本丸を亀丸城と呼ぶ)にて島津義弘が誕生。父は島津貴久で、次男として生ま…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
2016年10月、書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

2016年8月、戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る