なぞの溝呂木城と溝呂木正重


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 溝呂木城神奈川県厚木市にあると考えられているが、実はどこにあったかが定かではない。

 厚木市の推測では、相模川・中津川・小鮎川の3つの川が合流する地点、現在、厚木パノラマタワー(国土交通省厚木無線中継所)がそびえ立つ付近と推定されており、なんでも、付近には溝呂木という名の家も古くからあると言うことだが、城の遺構などは一切発見されておらず、溝呂木城の場所は定かではないと言うのが正しい。もっとも、相模川の洪水により、昔と今では地形がかなり変化しているとも考えられる。

 長尾景春の乱の時、溝呂木城主は溝呂木正重と言う説があり、城に火を放って逃亡したとも言われている。

 なお、愛甲石田の石田寺にも、溝呂木家の墓が多数あるようだ。

 スポンサーリンク



訪問しておきたい神奈川県の城郭・寺院・古戦場など一覧リスト

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1.  お市の方は、1547年?に織田信秀の娘として誕生した。呼称としては、市、お市の方、市姫、小谷の方(…
  2. 山手殿は宇多頼忠の娘という説が有力だが、武田信玄の家臣・遠山右馬助の娘とする説もあり、良くわかってい…
  3. 立花誾千代とは 立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…

人気の戦国武将

  1.  石田三成の波乱に満ちた生涯について公開されているホームページは多い。ただし、年表式に石田三成を解釈…
  2. 三方ヶ原の戦い(みかたがはらのたたかい)は、1572年に武田信玄が3万の軍勢を動員した西上作戦として…
  3.  真田幸村(真田信繁)とは?どのような人物だったのか?  真田幸村は1567年に武藤喜兵衛昌幸(の…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る