沼田竜替城(茨城県つくば市沼田字竜替)


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 沼田要害城は、つくば市にある筑波山(876m)の麓(ふもと)の沼田地区にある、燧ヶ池(三角池)のすぐ北側の高台がその場所だ。ただし、高台と言っても比高はわずか5mほどである。

 沼田地区は標高20m(推定)であり、そこから筑波山を眺めると、800m級の山でも結構高く見えると言う場所。筑波山からのキレイな水が注ぐ水田地帯が広がり、江戸幕府の時代には筑波山神社の社領として幕府から寄進を受けていたこともあった。

 しかし、徳川幕府の頃には当然機能はしておらず、戦国期に小田氏家臣が筑波城(筑波神社の東側)の出城(支城)として築かれた要害の一種であったものと推察される。
 もしかしたら、筑波城主・筑波氏の家臣や親族が守備していたのかも知れない。実際には小規模な館跡とも考えられる。

 約20m x 30mの主郭と思われる場所には現在熊野神社があり木々が繁っている。
 恐らくいにしえの時代の小型・前方後円墳だと思われる。

 スポンサーリンク


 北側はすぐに筑波山の山すそとなっている。東側は約2mほど低くなっており、腰曲輪のような低地が下に続く。南側とは約5mの比高差があり、その先が燧ヶ池であり、西側には低い土塁?が10mほど残り、西下の畑とは1mほどの比高差がある。この畑の西側は低地の水田があると言う、多少だが地形的有利な場所と言え、年貢を取るにも便利な場所であり、領地経営の点でも沼田地区では一番要害に適した地であることがわかる。

 竜替(ゆうがい)と余り聞きなれない呼び方がされているが、城の西側に今でも残る地区名によるものである。「要害」が茨城弁?でなまったと考えられ、資料上では沼田要害城と呼ぶのが正しいのかも知れない。しかし、要害と言う名とはほど遠い、多少展望はよかったであろう砦である。

 見学所要時間は10分程度。
 駐車場は旧筑波駅の南側にあるが、そこから徒歩5分くらい。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1.  淀殿(よどどの)は1569年に近江・小谷城にて誕生した。  父は浅井長政で、母は織田信長の妹・お…
  2. 戦国時代には関東にも「足利氏姫」と言う女城主がいたと言うのは、あまり知られていないだろう。 157…
  3. 立花誾千代とは 立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…

人気の戦国武将

  1. 甲斐宗運(かい-そううん)は阿蘇神社大宮司・阿蘇惟豊の筆頭家老である甲斐親宣の子として生まれた。 …
  2. 今川義元(いまがわ-よしもと)は、1519年、駿河・遠江守護の今川氏親の5男として生まれた。幼名は芳…
  3. 宮尾城(みやおじょう)は、厳島神社で有名な宮島にある平山城で、別名は宮ノ尾城、宮尾ノ城、宮ノ城とも呼…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る