長井坂城 上杉謙信・北条氏邦・真田昌幸らが奪い合った最前線


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 群馬県の長井坂城(ながいさかしろ)は、1560年、春日山城主・上杉謙信が関東出陣し、沼田城主・沼田顕泰を降伏させる際、ここに着陣したのが始まりとされます。

 上杉謙信がこの地に陣を構えたため、沼田城の沼田顕泰は、北条家との連絡を絶たれ、長井坂の陣を訪れて和睦したとされます。

 その後、上杉家によって長井坂城は整備され、関東出陣の際、沼田城と前橋城の中間拠点となりました。

 長井坂城の堀

 その後、北条氏政の支配下となり、1580年になると、武田勝頼の家臣・真田昌幸が長井坂城を攻略します。
 しかし、1582年に北条氏邦が5000を率いて奪還すると、白井長尾家の白井衆・長尾憲景が長井坂城を改良して、猪俣邦憲が長井坂城主となり、沼田城の攻略拠点としました。

 長井坂城の二の丸

 戦国時代には利根川沿いの国道17号はありません。
 昔の古道・沼田街道が、長井坂城の中の本丸と二の丸の間を通過していたと考えられます。
 上記写真の右側ですね。
 街道を城で囲んでしまうのは、まさに北条家の築城そのものの特徴を現していると存じます。
 沼田からですと、それこそ谷底から、長い坂を登ってくるしかなく、城の名前にもなったと想像します。

 長井坂城の馬出

 1590年、豊臣秀吉小田原攻めのあと、廃城になったとされます。

 長井坂城の三の丸

 長井坂城への行き方・アクセスですが、沼田城からは車で25分くらいの距離です。

 長井坂城からの展望

 関越道の長井坂トンネルの上となります。
 沼田方面からでも、渋川方面からでも、結構「長井坂城跡」と言う看板が道路沿いに見られますので、あまり迷わずに行けると思います。

 長井坂城の二の丸

 しかし、長井坂城のある場所は標高480m、比高210mの台地の先端にある、現在の城域は「農地」となっています。
 要するに「畑」であり個人の方の所有地ですので、見学なさる際にはくれぐれも地元の方にご迷惑をお掛けしない様、お願い申し上げます。

 スポンサーリンク


 見学所要時間は15分といったところでしょうか?
 駐車場は下記のスペースをお借りすると良いですが、できる限り短時間の駐車に留めましょう。
 なお、長井坂城への進入路は、小型車や軽自動車向けですので、大きな車は走行が困難です。
 心配な方は、広い道路に止めてから見学を。

 駐車スペースがある場所の地図

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(ま…
  2. 阿古姫
    阿古姫(あこひめ)は、長宗我部元親の3娘です。長宗我部氏の家臣で、上ノ加江城主である佐竹親直…
  3. 寿桂尼(じゅけいに)は、藤原北家である勧修寺流の中御門家(公家)・権大納言中御門宣胤の娘で、兄に中御…

人気の戦国武将

  1. 遠藤直経(えんどう-なおつね)は、近江の須川城主・遠藤主膳の子として1531年に生まれました。通称は…
  2. 南渓瑞聞(なんけい-ずいもん)とは、井伊谷城主・井伊直平の次男である。生年は不明。戦国初…
  3. 筒井順慶(つつい-じゅんけい)は、筒井城主・筒井順昭の子として1549年3月3日に生まれた。母は…

オリジナル戦国グッズ


 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり。
戦国武将シャツ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る