長沼城(東京都稲城市)と長沼五郎宗政


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 東京都の稲城にある「長沼城」は、鎌倉時代の武士で、吾妻鏡に登場する長沼五郎宗政(長沼宗政)の館跡とされています。

 ただ、この長沼五郎宗政なる人物は、静岡市の長沼砦(茶臼山)(静岡市葵区長沼)も城主であると言う記述もあるため、どちらが後先かわかりませんが、所領が移り変わったのかも知れません。
 なお、稲城の長沼城は、長沼五郎宗政(長沼宗政)の一族が住んだと言う説があるので、もともと、長沼五郎宗政自身が館を構えたとは考えにくい点もあります。

 江戸時代の1823年に発刊された武蔵名勝図会では、西党の長沼二郎大夫の館であったとあり、その場合は、平山城主・平山季重や、立川氏、由井氏、田村氏などの一族と言う事になり、栃木の小山氏系列となる長沼五郎宗政とは別人と言う事になります。

 いずれにせよ、稲城の長沼城(長沼館)も使われなくなると、跡地には報恩寺ができたそうですが、その報恩寺も明治30年に廃止されました。

 その後、多摩ニュータウン開発などにより、三沢川はまっすぐになり、鉄道の高架橋ができ、京王稲城駅前も区画整備されました。

 この時、亀山(きざん)と呼ばれていた、張り出た尾根が崩されたと言う事ですので、尾根の先端に館があったものと推測致します。

 スポンサーリンク


 現在は石碑があるのみで、遺構などは全く不明です。

 長沼城や長沼五郎宗政に関して、情報お持ちの方がおられましたら、是非、下記のコメント欄より情報提供頂けるとうれしく存じます。

 石碑の場所への行き方・アクセスですが、下記の地図ポイント地点となります。
 地図は縮尺を変えてご覧頂けますと幸いです。

 

 近くの城跡も合わせてどうぞ。

大丸城(東京都稲城市)~失われた謎の多い城跡
長沼館と西党・長沼氏

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 10月 13日
  2. 2015年 12月 07日

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1.  於菊(おきく)は真田昌幸の5女で、名胡桃城で生まれた。 真田信之・真田信繁らの妹に当たる。生年…
  2. 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(ま…
  3.  片倉喜多(かたくら-きた)は、1538年に伊達家臣・鬼庭良直の娘(長女)として生まれた。 母は…

人気の戦国武将

  1. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  2. 長篠城を包囲した武田勝頼に対して、徳川家康・織田信長が38000の援軍を派遣すると、武田勝頼が120…
  3. 1582年6月2日の本能寺の変で織田信長を倒して明智光秀ですが、なかなか味方してくれる大名がいなく苦…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり。
戦国武将シャツ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る