森長可~武勇から「鬼武蔵」と称され槍術が得意だった武将


スポンサーリンク
スポンサーリンク

森長可(もりながよし)は、森可成の二男として1558年に誕生した。
母の名は、えい(妙向尼、林通安の娘)。

1570年に父・森可成の討死し、森長可は13歳にして家督と遺領を継いで、美濃・金山城主となり、織田信長の家臣に列した。

東美濃衆をまとめて、小田信長の嫡男・織田信忠に仕えた。
正室は池田恒興の娘。

甲斐・武田勝頼攻めでは、団忠正と共に先鋒を務めて活躍し「鬼武蔵」の異名をとる。
武田氏滅亡後、恩賞として信濃川中島4郡(高井・水内・更級・埴科)と海津城20万石を与えられた。
旧領となった金山城は弟・森蘭丸に与えられている。

 スポンサーリンク


明智光秀本能寺の変により織田信長と弟・森蘭丸が横死すると、柴田勝家を支援して越後で上杉景勝と戦っていた森長可は窮地に陥った。
信濃の国人衆が、織田信長の死を知り裏切り、一揆も勃発したのだ。
しかし、人質を楯にうまく脱出し旧領への撤退を成功させている。

清洲会議で羽柴秀吉(豊臣秀吉)が実権を握ると池田恒興と共に臣従。

徳川家康織田信雄との小牧・長久手の戦いでは、井伊直政と激戦となる。
しかし、森長可は池田恒興と共に討死した。

この合戦直前、尾藤知宣に「決して自分の娘は、武士の妻などにはせぬように」と遺言を残している。

森可成~攻めの三左と呼ばれた槍の名手
森坊丸とは~森長隆も本能寺の変にて
森蘭丸~将来を嘱望された織田信長の小姓
昊天と傑山~龍潭寺の僧で南渓和尚の弟子の井伊家での活躍
春日信達~海津城主として上杉につくも真田の調略に応じる

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 12月 07日
  2. 2015年 12月 27日

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1.  阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達…
  2. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。 亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…
  3. 大蔵卿局・大蔵局(おおくらのつぼね)は浅井長政の家臣だっとされる大野定長の妻で、茶々の乳母であったと…

人気の戦国武将

  1. 筒井順慶(つつい-じゅんけい)は、筒井城主・筒井順昭の子として1549年3月3日に生まれた。 母は…
  2.  天正壬午の乱(てんしょうじんごのらん)は、1582年6月、織田信長の死後、空白地帯となった甲斐・信…
  3.  真田幸村(真田信繁)とは?どのような人物だったのか?  真田幸村は1567年に武藤喜兵衛昌幸(の…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る