韮崎の泣き石~武田滅亡を見てきた岩


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 韮崎にほど近い甲斐市下今井字鳴石に「泣石」と言う大きな石(大きな岩)があります。
 先に場所からご紹介致しましょう。

 

 JR中央本線の線路わきにあり、塩崎駅からも近いです。

 1582年3月3日、武田勝頼新府城から小山田信茂岩殿城を目指して落ち延びた際に、ここを通過した北条夫人が、振り返って新府城の方角を見て涙したと言う伝承があります。

 ただし、かつては岩がある現在の場所には無かったようでして、100m程南東にあり、岩の割れ目からは水が流れていたと言います。
 その場所が、中央本線の線路となったため、今の場所に移されたようです。

 岩の大きさは、高さ3.8m、幅2.7m、奥行き3.7mで、目立ちます。

 スポンサーリンク


 駐車場は無いのですが、県道を甲府方面に進んでいれば、道路が広くなった箇所があり、路肩に短時間止められるスペース(5台分くらい)があります。

 →新府城に関してはこちら
 →涙の森(なみだの森)はこちら
 →武田勝頼の逃避行の詳細はこちら


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。 亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…
  2. 山手殿は宇多頼忠の娘という説が有力だが、武田信玄の家臣・遠山右馬助の娘とする説もあり、良くわかってい…
  3. 立花誾千代とは 立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…

人気の戦国武将

  1. 南渓瑞聞(なんけい-ずいもん)とは、井伊谷城主・井伊直平の次男である。 生年は不明。 戦国初…
  2. 源頼朝は、源氏の頭領である、源義朝の3男として、1147年4月8日に尾張の熱田神宮西側にあった神宮大…
  3. 今治城(いまばりじょう)は、輪郭式平城で、別名は吹揚城、吹上城(ふきあげ)とも言います。 海を活用…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり。
戦国武将シャツ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る