スポンサーリンク
スポンサーリンク

野田城は、武田信玄が亡くなる直前、最後に攻めて陥落させた城です。

別名を根古屋城、三河野田城とも言います。

1508年、菅沼定則によって築城され居城となりました。菅沼定則の子・菅沼定村や、孫・菅沼定盈も居城としています。
1561年、織田信長桶狭間の戦い今川義元が討死すると、菅沼定盈は今川家から離反したため、今川勢に包囲されて開城し退去しています。
1562年に、菅沼定盈が夜襲を行い、野田城を奪回しますが、野田城は大きくは破壊されてしまったため、大野田城を仮本拠とし、修復開始しました。
1571年、武田信玄の遠江・三河侵攻では、武田家臣の山県昌景・小笠原信嶺らが大野田城を攻撃すると炎上したため、1571年12月、菅沼定盈は修理中の野田城を再び本拠としています。

野田城の戦い

1572年12月、三方ヶ原の戦い徳川家康を破った武田信玄は、遠江国浜名湖北岸の形部村にて年越ししました。
その後、1573年1月10日に出発すると、細かく宿泊をして、宇利峠から三河へと進入。
これは「風のごとく」と言う風林火山の武田軍では、かなり遅い進軍スピードです。
ようやく豊川を渡ると、1573年1月に500名程度が守備する野田城を包囲します。

この時、徳川家康は三方ヶ原の戦いによる大敗で、援軍(後詰)ができる状態ではありませんでした。

しかし、この時、武田勢は30000の軍勢にて、簡単に落とせたと思える野田城の攻略に、約1ヶ月も費やしています。
そのため、この時、既に武田信玄の病状が重い状態だったと推測されています。

なお、野田城には、城から聞こえた村松芳休の笛の音に聴き惚れた武田信玄が近づいたところを、鳥居三左衛門が鉄砲で狙撃したとされ、その傷がもとで亡くなったとの伝説があります。
野田城本丸の西側なのですが、その向こうの高台は、そんなに遠くないので、仮に武田勢がいたとすれば、狙撃は可能だったと存じますが、百戦錬磨でとても慎重な武田信玄が、こんな前線にうかつに現れるとは考えられませんので、恐らくは前線を指揮していた他の武将ではなかったと推測します。

野田城の戦いでは、武田勢は、わざわざ甲斐の金山掘を呼び寄せ、地下道を掘って水の手を断ち切ります。
野田城は約1ヶ月籠城しましたが、水の手が切られ、2月16日に城兵の助命を条件に菅沼定盈は開城降伏しました。

その後、菅沼定盈は武田家の捕虜となって連行されましたが、3月10日に徳川家と武田家の人質交換で解放されています。

武田信玄が死んだとのうわさが流れると、徳川家康は長篠城を攻略。
菅沼定盈も1574年に野田城を奪還しています。

1590年、豊臣秀吉による小田原攻めのあと、徳川家康が関東へ移封となると、菅沼定盈も従ったため、吉田城主となった池田輝政の配下の者が新城城に代官として入り、野田城は破却・廃城となりました。

訪れて見ますと、野田城の第一印象は、半島のように突き出した台地の先端にある、小さな平山城でした。
両側は切り立った崖とは言え、比高も僅か18mで、たいしたことがないのに、3万の武田勢は1ヶ月も攻略に費やしたのです。

本丸、二の丸、三の丸と連郭式に3郭ほどがあったようですが、現在、遺構として確認できるのは本丸部分のみです。

 スポンサーリンク


野田城へのアクセス・行き方ですが、JR飯田線の野田駅と、東上駅のちょうど真ん中あたりにあります。
駐車場はありません。
下記の地図のポイント地点の路肩にちょうど1~2台止められるスペースがありました。
駐車禁止の道路ではないと思います。感謝しつつ10分ほど短時間停めさせて頂いて見学しました。
ゆっくり見学される場合には、法性寺さんの駐車場をお借りすると良いかもしれません。

長篠城の詳細はこちら

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1.  お市の方は、1547年?に織田信秀の娘として誕生した。呼称としては、市、お市の方、市姫、小谷の方(…
  2. 阿古姫(あこひめ)は、長宗我部元親の3娘です。 長宗我部氏の家臣で、上ノ加江城主である佐竹親直…
  3. 木曽義昌/木曾義昌(きそ-よしまさ)は、木曾谷領主(木曽福島城主)・木曾義康の嫡男として1540年に…

人気の戦国武将

  1. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…
  2. 広島城(ひろしまじょう)は1589年に築城された輪郭式平城で、別名は鯉城(りじょう)、在間城(ざいま…
  3. 今治城(いまばりじょう)は、輪郭式平城で、別名は吹揚城、吹上城(ふきあげ)とも言います。 海を活用…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る