鍋島信房と城下町が素晴らしい鍋島陣屋~神代城(鶴亀城)と神代貴茂も


スポンサーリンク
スポンサーリンク

鍋島陣屋跡(なべしまじんや)は、1608年に鍋島信房が築いた陣屋です。

この鍋島信房(なべしま-のぶふさ)は、鍋島清房の嫡男として1529年に生まれました。
母は正室・華渓で龍造寺家純の娘です。

 スポンサーリンク


このように、父・鍋島清房は早くから龍造寺家に仕えた重臣で、1548年に龍造寺隆信が本家を継ぐことになった際には、後見役にもなっています。
その嫡男であった鍋島信房は、龍造寺隆信が有馬家から奪った、常広城(佐賀県鹿島市)を任され、1576年に修築したようです。

なお、鍋島信房の弟には有名な鍋島直茂がいます。
龍造寺隆信が沖田畷の戦いに向かう際には、ここ神代城(鶴亀城)を一時、本陣としています。

その合戦で龍造寺隆信は討死し、継承した龍造寺政家に鍋島氏は引き続き仕えました。
しかし、弟・鍋島直茂は有能な武将であったため、豊臣秀吉が九州を平定した際に、龍造寺家に代わり国政を担うよう命じられます。

更に関ヶ原の戦いでは鍋島直茂は黒田官兵衛らと共に、九州の西軍諸将を攻略した功績もあり、佐賀35万7000石は安堵となります、

これにより、兄・鍋島信房が治めていた鹿島は、そのまま佐賀藩の支藩として2万石鹿島藩が成立しました。

その後、1608年、弟である鍋島直茂の次男・鍋島忠茂に常広城を譲り、鍋島信房は肥前・高来郡神代(長崎市雲仙市)に移ります。
※鍋島忠茂は鹿島鍋島家となり合計25000石。

この神代鍋島家は肥前神代領6263石を知行し、鶴亀城跡の麓に「鍋島陣屋」を建造した訳です。
その翌年、1609年に鍋島信房は死去します。享年81。

その後、子の鍋島茂治が飛び地である神代領を継ぎ、代々、佐賀藩の家老を務めました。

鍋島陣屋跡を中心とした神代小路地区は、4代・鍋島嵩就のときに神代小路と呼ばれる武家屋敷地が整備されました。

現在、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

江戸初期に花開いた城下町の風情が、大変色濃く残っており、まるで昔に時間が止まったままのような、美しい街並みが残っています。

1865年に建てられた陣屋の長屋門と、長さ30mある立派な蒲鉾型の石塀は見事です。

枯山水様式の庭園は鶴亀城(神代城)の二の丸まで続いており、庭園が学できます。

下記は高台から望む鍋島陣屋付近です。

もう1枚どうぞ。

この高台は、神代城の曲輪だったようです。

肥前・神代城

神代城(おじろじょう)は、標高16m、比高15mの「海城」でした。
別名は鶴亀城です

戦国時代には神代貴茂(神代兵部大輔貴茂)の居城となっており、最初は日野江城主・有馬家に仕えていたようです。
しかし、龍造寺隆信の勢力が南下してくると、龍造寺家に臣従し、1577年には龍造寺隆信を神代城にて饗応しています。

沖田畷合戦で龍造寺隆信が討死したあと、近隣の豪族は続々と有馬晴信に寝返りましたが、神代貴茂はただひとり神代城にて有馬勢を迎え撃ち、城を守り抜きました。

神代城を落とせなかった有馬晴信は、和睦すると見せかけて、神代貴茂を肥前・多比良城に招きます。
そして、その帰り道の国見町犬馬場にて、神代貴茂(神代兵部大輔貴茂)を謀殺しました。
その直後、鶴亀城などは陥落し、1584年、鎌倉時代より続いたとされる神代家は滅亡しました。

神代城の本丸と二の丸の間にあった大堀切は、現在道路になっています。

その堀切の所に二の丸虎口があり、神代城(鶴亀城)の二の丸に上がれます。

二の丸の方が海側にあり結構広いです。
現在、民有地なようで畑になっていますので、その入口だけで失礼させて頂きました。

あと、神代城(鶴亀城)の本丸へは同じ堀切の所から神代神社への参道で登れます。

下記のように本丸は神代神社になっていました。
1843年の創建とされる神代神社は、神代邑主鍋島信房と菅原道真が祀られています。

同じ境内には道政院稲荷神社もあります。

江戸時代の1747年創建である道政院稲荷神社は、神代鍋島家の8代・鍋島茂興が、桃園天皇即位式に参列した際に、京都の伏見稲荷から分霊を勧請したものとなります。

それにしても、この神代(こうじろ)の街では、道を「カニ」さんが歩いています。
道路もカニさんが普通に歩いています。
海城へも何回も訪問させて頂いておりますが、カニさんに出くわした城は初めてです。
神代城でも藪の中をカニが移動していますので、草がカサカサとあちこちで揺れて、ちょっとした恐怖感も味わえました。
道路にてカニを撮影しようと近づくと、石垣のすき間などに隠れてしまい、なかなか撮影できなかったのですが、逃げ場が無かったカニさん1枚だけ撮影成功しました。

しかし、アスファルトの道路を見ると、あちこちで「カニせんべえ」のようにペチャンコになった★カニさんも・・。
戦国時代の神代城はもっと海に近かったと思いますので、城兵はカニに囲まれた生活をしていたのかも知れません。

さて、鍋島陣屋への行き方・アクセスですが、雲仙市歴史資料館国見展示館と鍋島邸との間に無料駐車場があります。
トイレがある新しい立派な建物もありました。
下記の地図ポイント地点です。

神代城も見学する場合には、上記の駐車場から徒歩が良いです。

幕末には勝海舟坂本龍馬も鍋島陣屋で休息をとったという歴史ある街並がある島原半島の神代でした。

龍造寺隆信とは~5分でわかる龍造寺隆信
島津家久とは~釣り野伏せにて数多くの敵将を討ち取った勇将
鍋島直茂と鍋島勝茂とは~鍋島化け猫騒動と龍造寺の存亡
慶誾尼(けいぎんに)と龍造寺周家~龍造寺家兼から龍造寺隆信のゴダゴダ騒動
有馬晴信と日野江城~沖田畷の戦いでは南蛮防衛での最新兵器を駆使か?
松倉重政と松倉勝家~島原城を築城するも日本最大の一揆を引き起こした原因は?

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1.  1547年?に誕生した「おね」は、尾張国の杉原定利の娘(次女)で、母は朝日殿。 生まれてす…
  2.  阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達…
  3. 秋山虎繁(あきやま-とらしげ)は、秋山領主(山梨県南アルプス市秋山)である秋山信任(秋山新左衛門信任…

人気の戦国武将

  1. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  2. 三方ヶ原の戦い(みかたがはらのたたかい)は、1572年に武田信玄が3万の軍勢を動員した西上作戦として…
  3. 武田信広(たけだ-のぶひろ)は、若狭の守護大名・武田信賢の子として、1431年2月1日、若狭小浜・青…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり。
戦国武将シャツ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る