岡崎城とは~徳川家康誕生の城を一度は見よう・駐車場情報など


スポンサーリンク
スポンサーリンク

岡崎城は、菅生川と矢作川の合流地点にある丘陵「龍頭山」に作られています。

1452年(または1455年)に、三河国守護仁木氏の守護代・西郷稠頼が龍頭山砦として築城したのが始まりです。

1531年、松平清康(徳川家康の祖父)が岡崎城主となり、城郭を整備して勢力を広げましたが、家臣の謀反(森山崩れ)で命を落としています。

1542年、岡崎城内で竹千代(徳川家康)が誕生。
当時の岡崎城は、櫓や門の屋根も茅葺で、石垣などもなく、ただ堀と土塁だけの城でした。

1549年、松平広忠が家臣の謀反により殺害されると、岡崎城は今川家の支城となり、山田景隆、三浦義保、糟谷備前らが岡崎城代を務めました。
例によって、各写真はクリックすると拡大します。

1560年、織田信長桶狭間の戦いにて今川義元が敗死すると、松平元康は岡崎城を奪還し、今川家から独立を果たします。

上記は二の丸井戸です。

1570年、徳川家康は本拠地を浜松城に移したため、子の松平信康が岡崎城主となりました。
しかし、松平信康は謀反の疑いをかけられ、二俣城にて自刃したため、以後は重臣の石川数正や本多重次らが城代を務めています。

1590年、豊臣秀吉による小田原攻めのあと徳川家康が関東に移封となると、豊臣家の田中吉政が5万7400石で岡崎城主となります。

この時、田中吉政は岡崎城を拡張改修し、石垣や城壁などを用いた梯郭式平山城に改築し、城下町を整備しました。

そして、岡崎の郊外を通っていた東海道を、岡崎城下町の中心を通るように変更しています。

1602年、徳川家譜代の重臣・本多康重が、上野国白井より5万石で入城します、
その後、徳川幕府では、徳川家康公誕生の城として、水野家や本多家と言った譜代大名が歴代の城主を務めました。

1617年、本多康重の時に3重の天守が完成しています。

岡崎城は、JAF会員証で割引になります。
当然、三河武士のやかた家康館との共通券を購入。

三河武士の館家康館は、なかなか展示内容も良く、戦国武将体験コーナーもありますので、是非お立ち寄りください。

行き方・アクセスですが、電車の場合、名鉄名古屋本線の東岡崎駅から徒歩約15分です。
観光所要時間は、家康館を合わせて約60分といったところです。

 スポンサーリンク


車の場合には、下記の地図ポイント地点が有料駐車場となります。 
ただし、平日であれば、岡崎城脇の観光バス駐車場の方にも普通車が止められる場合が多いです。

徳川家康がなぜ天下を取れたのかを検証「人財智生」
松平信康と徳姫~小田原・万松院にある松平信康の供養塔
徳川家康が姓を変え苗字を変えた「大人の事情」~松平から徳川姓へ
田中吉政とは~誰からも愛され関ヶ原で武功を挙げた戦国武将
桶狭間の戦いとは~桶狭間はこんなところだったよ~桶狭間古戦場跡
井伊直虎ゆかりの地を楽しく観光~お勧めスポットベスト10【おんな城主・直虎】

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1.  彦姫は、米沢城主・伊達晴宗の4女として、1552年?に生まれた。兄に岩城親隆・伊達輝宗などがいる。…
  2.  阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達…
  3. 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(ま…

人気の戦国武将

  1. 1582年6月2日の本能寺の変で織田信長を倒して明智光秀ですが、なかなか味方してくれる大名がいなく苦…
  2. 今治城(いまばりじょう)は、輪郭式平城で、別名は吹揚城、吹上城(ふきあげ)とも言います。 海を活用…
  3. 甲斐宗運(かい-そううん)は阿蘇神社大宮司・阿蘇惟豊の筆頭家老である甲斐親宣の子として生まれた。 …

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る