奥村弥五兵衛(奥村光親)~真田家の草の者・忍者


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 奥村弥五兵衛(おくむらやごべえ)、奥村弥五兵衛光親(みつちか)、奥村光親は、1552年生まれの真田家の草の者。

 奥村弥五兵衛(奥村光親)の父・弥介は甲賀出身の忍びで武田信玄に仕えており、その後、真田昌幸忍者(諜報活動)として仕えた。

 第1次上田城の戦い(上田合戦)では、1585年閏8月2日、神川の戦いで忍者部隊を指揮し、徳川勢相手にゲリラ戦を行ったとも伝わる。

 また、関ヶ原の戦いでは、姉山甚八ら14名にて福島正則の兵を装って徳川家康を討ったが、それは影武者であったともあるが、上田合戦以降の話は、すべて創作の話だと推定される。

 スポンサーリンク


 真田昌幸と眞田幸村が九度山に蟄居となると、京に潜入して「印判師・仁兵衛」として暮らし、加藤清正と九度山蟄居中の真田昌幸・幸村父子のつなぎをしたとされる。
 のち、加藤清正に従うと、熊本へ同行したともある。

 1610年には、上洛する徳川家康を暗殺しようとしたが、山中忍びの追跡をうけ、迫小四郎の投網に捕らわれて死亡したとも。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 3月 09日

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 大蔵卿局・大蔵局(おおくらのつぼね)は浅井長政の家臣だっとされる大野定長の妻で、茶々の乳母であったと…
  2. 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(ま…
  3. 寿桂尼(じゅけいに)は、藤原北家である勧修寺流の中御門家(公家)・権大納言中御門宣胤の娘で、兄に中御…

人気の戦国武将

  1. ▼徳川家康は天文11年(1542年)に、三河国(現在の愛知県東部)岡崎城で小大名・松平広忠の嫡男とし…
  2. 戦国時代の日本歴史上有名な戦いである「桶狭間の戦い」に触れてみたいと思います。 今川義元の大軍に、…
  3. 岩村城(いわむらじょう)は、標高721m、比高153mの山城です。 本丸の標高は717mと、江…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり。
戦国武将シャツ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る