奥村弥五兵衛(奥村光親)~真田家の草の者・忍者


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 奥村弥五兵衛(おくむらやごべえ)、奥村弥五兵衛光親(みつちか)、奥村光親は、1552年生まれの真田家の草の者。

 奥村弥五兵衛(奥村光親)の父・弥介は甲賀出身の忍びで武田信玄に仕えており、その後、真田昌幸忍者(諜報活動)として仕えた。

 第1次上田城の戦い(上田合戦)では、1585年閏8月2日、神川の戦いで忍者部隊を指揮し、徳川勢相手にゲリラ戦を行ったとも伝わる。

 また、関ヶ原の戦いでは、姉山甚八ら14名にて福島正則の兵を装って徳川家康を討ったが、それは影武者であったともあるが、上田合戦以降の話は、すべて創作の話だと推定される。

 スポンサーリンク


 真田昌幸と眞田幸村が九度山に蟄居となると、京に潜入して「印判師・仁兵衛」として暮らし、加藤清正と九度山蟄居中の真田昌幸・幸村父子のつなぎをしたとされる。
 のち、加藤清正に従うと、熊本へ同行したともある。

 1610年には、上洛する徳川家康を暗殺しようとしたが、山中忍びの追跡をうけ、迫小四郎の投網に捕らわれて死亡したとも。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 3月 09日

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 寿桂尼(じゅけいに)は、藤原北家である勧修寺流の中御門家(公家)・権大納言中御門宣胤の娘で、兄に中御…
  2.  淀殿(よどどの)は1569年に近江・小谷城にて誕生した。  父は浅井長政で、母は織田信長の妹・お…
  3. 奈多夫人(なだふじん)は大友義鎮(大友宗麟)の継室です。 奈多城主でもある八幡奈多宮の大宮司・奈多…

人気の戦国武将

  1.  石田三成の波乱に満ちた生涯について公開されているホームページは多い。ただし、年表式に石田三成を解釈…
  2. 菅沼定忠(すがぬま-さだただ)は、田峯菅沼氏である菅沼定継の子となるが生年や母は不詳となる。 (…
  3. 甲斐の虎・武田信玄の父である武田信虎。 実の息子である武田信玄によって国を追放されたことは、戦国愛…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
2016年10月、書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

2016年8月、戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る