大石定久の生涯とは~扇谷上杉家の宿老も北条家に屈する


スポンサーリンク
スポンサーリンク

大石定久(おおいし-さだひさ、大石綱周)は、高月城主・大石定重(大石信濃守定重)の嫡男として1491年3月23日に生まれた。
弟に大石憲重(浄福寺主?)、大石定基(大石宗虎)、大石信吉、大石照仲(羽村の大石氏館主)、大石定顕、子に大石定仲、養子に北条氏照と大石定勝(園通寺が館跡)がいる。

そもそも大石家は、初代・木曽義仲から続く木曾家教の3男・木曽信重が、1334年に大石為重の婿養子となって、源姓木曾氏の庶家となった。
大石信重は、1351年、南朝方の新田義宗との笛吹峠の戦いにて先陣で戦功をあげ、1356年に武蔵の入間・多摩に13郷と言う広大な所領を得て二宮館(あきる野市)を構えた。
1384年には浄福寺城(八王子市下恩方町)を築城し、大石家は武蔵守護代として関東管領・上杉憲顕に仕え、宿老・重臣として君臨する。
1458年には大石顕重が高月城(八王子市高月町)を築城して本拠を移した。

 スポンサーリンク


戦国時代に入ると伊勢宗瑞(北条早雲)と今川氏親が扇谷上杉朝良に味方して、1504年の立河原の戦いで関東管領・上杉顕定(山内上杉家)を撃破。
この時、大石家はもちろん、関東管領・上杉顕定に従っていたと考えられるが、1510年6月20日、長森原の戦いで関東管領・上杉顕定は敗れて自刃し、山内家は衰退していく。

それ以降、小田原城主・北条早雲の圧迫を受ける形となり、高月城では防備に不安があったため、父・大石定重は1521年、滝山城を築城して本拠を移した。

元服した大石定久(大石源左衛門尉定久)は柚木城主(由木城)となったが、37歳のときである1527年に父が死去し家督を継ぐと滝山城に移った。

1546年、河越城の戦いにて上杉憲政・上杉朝定・足利晴氏の連合軍が、北条氏康に大敗を喫すると、大石定久が従っていた上杉朝定が討死して扇谷上杉家が滅亡。
関東管領・上杉憲政も平井城へ敗走し、大石家は後ろ盾を失った。
この時、大石家は独立した小大名に脱却できず、北条家の力に屈して大石定久(大石綱周、大石道俊)(56歳)は北条家の軍門に下った。
そして、北条氏康の三男・北条氏照(由井源三)と大石定久の娘・比佐と結婚が決まり、北条氏照が大石家の婿養子になることが決まり、事実上、大石家は北条家に乗っ取られる形となる。

また、北条氏照の補佐役として、北条家臣・松田康郷の子・松田四郎右衛門が、大石定久の弟・大石憲重の養子となって大石秀信と称した。
他にも松田康定の子・松田源七郎(松田惣四郎)が、大石定基(大石宗虎)の養子となって大石惣四郎(大石照基)と称しただけでなく、松田康定の娘が大石定久の長男・大石定仲の正室となり、大石直久を儲けている。
このように、徹底的に北条家に取りこまれて滝山衆と化している。

大石定久(大石源左衛門尉定久)は入道して心月斎道俊と号し、戸倉城に隠居したが、上杉謙信や勝沼城主・三田綱秀らとも連絡を取り、なんとか北条家から脱却できないものかと試みている。
しかし、1563年、三田綱秀も北条氏照に辛垣城を攻略されてしまっている。
一説には、猿丸山(現在の野猿峠)に登って、浄福寺城(松竹城)方面を望んで自刃したとされ、大石定久の墓は柚木城跡である永林寺に江戸時代に移された。

いずれにせよ大石定久は1549年10月7日に死去。享年59歳。

滝山城には北条家から横地監物(横地吉信)、狩野一庵、中山家範と言った北条氏照補佐の重臣も送り込まれ、1559年、北条氏照(由井源三)が滝山城に入ると、正式に大石定久の娘・比佐と結婚し、北条氏照は大石源三と改名し大石家を継いだ。

別の説では北条氏照は最初に浄福寺城(由井城)に入り、大石家を継承したあとである1567年頃になって、初めて滝山城を築いたともされている。

なお、松田家から入った大石照基(大石信濃守)は小山城(下野国の小山城)を任されていたが、1590年、豊臣秀吉小田原攻めの際、八王子城の戦いにて奮戦。
その後、徳川家に仕えて松田惣四郎松庵と復姓すると結城秀康に2300石で召し抱えられている。
他には、上杉景勝の侍奉行に大石播磨守2050石、出身は武蔵とあり、子孫は上杉家の重臣になっている。
加賀藩給帳では300石・丸内三杏葉・大石太作とある。
また、下柚木村の大石氏系図所蔵者でもある百姓・伊藤氏の本姓は大石氏である。
江戸時代には大石定久の実子・大石定仲と養子・大石定勝が、八王子千人同心となって大久保長安に仕え、土着している。

滝山城の訪問記はこちら
柚木城の訪問記はこちら
高月城と圓通寺~大石家の本拠地(おまけ二宮城)
北条氏照とは
大石宗虎の屋敷跡と大石宗虎の墓
関東管領の上杉憲政とは~平井城と平井金山城
上田朝直と武蔵・松山城の歴史~上杉/武田/北条/豊臣と何度も攻撃された松山城
関東の役職である鎌倉公方・関東管領・古河公方などを解説

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…
  2.  阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達…
  3. 慶誾尼(けいぎんに)は、慶ぎん尼とも書きますが、1509年に生まれた村中龍造寺家の当主・龍造寺胤和(…

人気の戦国武将

  1. 松山城(まつやまじょう)は、伊予(愛媛)の松山にある標高132m、比高約90mの連郭式平山城で、津山…
  2. 遠藤直経(えんどう-なおつね)は、近江の須川城主・遠藤主膳の子として1531年に生まれました。通称は…
  3. 1582年6月2日の本能寺の変で織田信長を倒して明智光秀ですが、なかなか味方してくれる大名がいなく苦…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり。
戦国武将シャツ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る