大丸城(東京都稲城市)~失われた謎の多い城跡


スポンサーリンク
スポンサーリンク

京都稲城市に大丸城(おおまるしろ)があります。

編武蔵野国風土記稿の大丸村の項には「土人これを城山と呼ぶ。登り一町余の山にて、上に堀の跡とおぼしき所あり、物見などせし所なるべし」と出てきます。

発掘調査の結果、大丸城は鎌倉時代末から室町時代初期(南北朝時代)に築城されたようだとの事ですが、この辺りの多摩川では、過去に何度も「戦(いくさ)」がありましたので、渡河地点である「是政の渡し」を押える重要拠点だったようです。

 スポンサーリンク


新田義貞がこの大丸城を守ったという伝承もあるようですが、築城者や城主などは一切わかっていない謎が多い城で、見張り的な大丸砦と言った方が良いかも知れません。

1530年に上杉朝興が府中に出陣した際、小田原の北条家が小沢天神山城(小沢城)に入っていますので、その際に物見櫓として使用された可能性は充分あると思います。
城郭跡の丘陵頂部は周囲に空堀を巡らした主郭があり、土塁状の腰曲輪なども確認され、主郭には小建物跡と柵列跡があったと言います。

JR南武線の南多摩駅から南方300mほどのところにあります。

日帰り温泉施設「季乃彩」の北側が、大丸城があった場所で、曲輪でもあった可能性がある麓には円照寺、普門禅庵、大麻止乃豆乃天神社(おおまとのつのてんじんじゃ)などが現在あります。
多摩ニュータウン開発の際に、大丸城は採掘して平坦地にされてしまい、昔の面影は失われています。

なお、西側に「大丸公園」や、更に山のピークがある稲城第一公園などもありますが、そちらは城址ではありません。

下記の地図ポイント地点は、大丸城の説明版がある場所となります。
縮尺は変えてご覧願います。

近くの城跡や温泉も合わせてどうぞ

長沼城(東京都稲城市)と長沼五郎宗政
府中の高安寺城と名刹・高安寺~藤原秀郷も
新田義貞とは~鎌倉を落とした男【新田義貞挙兵の地】
稲城天然温泉~季乃彩【常に進化している最新コンセプトの日帰り温泉施設】

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 立花誾千代とは 立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…
  2.  淀殿をご紹介する記事では、できる限り中立的な立場にて記載したつもりですが、父・浅井長政や、母・お市…
  3. 奈多夫人(なだふじん)は大友義鎮(大友宗麟)の継室です。 奈多城主でもある八幡奈多宮の大宮司・奈多…

人気の戦国武将

  1. 1535年7月23日、伊作城(本丸を亀丸城と呼ぶ)にて島津義弘が誕生。父は島津貴久で、次男として生ま…
  2.  真田幸村(真田信繁)とは?どのような人物だったのか?  真田幸村は1567年に武藤喜兵衛昌幸(の…
  3. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る