大多喜城と良玄寺の本多家墓所~本多忠勝と本多忠朝の墓


スポンサーリンク
スポンサーリンク

大多喜城(おおたきじょう)は、千葉県にある平山城で大滝城とも呼ばれますが、最初は小田喜城(おだきじょう)と名づけられたようです。

1521年に真里谷信清が小田喜城を築城したのが始まりとされています。

真里谷朝信が小田喜城主だった1544年に、里見義堯の家臣・正木時茂((正木時綱子)が、真里谷朝信を討って、小田喜城を居城としました。
その後、正木信茂、正木憲時と続きますが、1574年、里見義堯の死後し里見義弘に従っています。

しかし、北条氏政の支援を受けた里見義頼が反乱を起こし、里見義弘に従っていた正木憲時・太田康資などは家臣らに殺害されてしました。

その後、小田喜城(大喜多城)には、里見義頼の家臣が城代として入っています。

 スポンサーリンク


里見義頼の長男・里見義康は、1590年の小田原攻めの際に、独自に行動したみとから惣無事令違反に問われて、豊臣秀吉の命にて、安房4万石に減封されます。

として、江戸城徳川家康が入ると、大多喜城主には10万石で本多忠勝が入りました。
当然、里見氏への備えとしてですので、この時に大多喜城の大改修をおこなったようです。

城下町を整備して、3層4階の天守も設けたとされていますが、皆さまご承知の通り、本多忠勝は稲姫(小松姫)の父ですので、真田丸真田信之とも縁がある話です。

本丸には土塁も多少見受けられます。

下記は大手門付近の堀跡ですが、あまり良く分かりません。

二の丸には大井戸が残されています。
ちなみに二の丸は大喜多高校になっています。

1600年、関ヶ原の戦いにて奮戦した本多忠勝は、桑名藩10万石で移り、残った大多喜藩は本多忠勝の次男・本多忠朝が5万石で継ぎました。

1609年、スペイン船サン・フランシスコ号が房総・御宿で難破した際には、本多忠朝も300の家臣を引き連れて支援しています。
本多忠朝は1614年に破却した館山城の破壊も、佐貫城主・内藤政長と共に務めています。

しかし、1615年、大阪夏の陣にて毛利勝永に突撃した本多忠朝は討死したため、遺児・本多政勝がのちに大和郡山藩5万石となりました。

このあと、大多喜藩は「廃藩」を繰り返したため、大多喜城は荒れたようで、1671年12月に阿部正春が1万6000石で大多喜城に入った際には、江戸幕府から「大多喜城は、塀すらない単なる城跡になっているので再建するように」と命を受けています。

その後の隠密の調査でも、塀がまだない状態との記録もあり、多少の建物や天守は再建したようですが、荒廃していたようです。

1842年には、その天守も焼失したため、のちには2階建ての「神殿」と呼ばれた建物が天守の代わりに建築されたとあります。

明治に入ると大喜多城は破壊されて、本丸も削平されました。

現在の天守は1975年(昭和50年)に再建した天守で内部は資料館ですが、1835年の絵図を元に外観を復元しています。

なお、資料館は有料です、内部では甲冑体験コーナーもあります。
ただし、展示資料はすべて撮影禁止です。

大多喜城の無料駐車場は下記の地図ポイント地点となります。
一方通行などもある大喜多の複雑な城下町を抜けて行く形となりますので、カーナビで指定するか、地図を良く見て出かけましょう。
地図は縮尺を変えてご覧願います。

良玄寺

大喜多城の城下町の南端に、良信寺(良玄寺)があります。

本多忠勝が1595年に照誉了学を招いて創建した寺で、当初は本多忠勝の法号から良信寺でしたが、子・本多忠朝が死去すると、忠朝の法号から良玄寺と改名しました。

あの有名な本多忠勝の肖像画「紙本著色本多忠勝像」は、この良玄寺が所有しているもので、現在は、大喜多城(千葉県立中央博物館大多喜城分館)託されています。
そのため、大喜多城ではこのページトップにもある本多忠勝を見る事ができます。

下記は良玄寺にある本多家墓所(本多忠勝の墓、本多忠朝の墓)です。

中央が本多忠勝の墓、左が本多忠朝の墓、右が本多忠勝夫人とありますが、本多忠朝を生んだ側室の阿知和右衛門玄鉄の娘(見星院)と言う事でしょうか?

大阪天王寺の一心寺にある本多忠朝の墓は大変有名ですが、そこから分骨されています。
なお、本多忠勝の墓は本人の遺言により、ここに分骨されているとの事です。

良玄寺の場所ですが、下記の地図ポイント地点に境内無料駐車場があります。
北側の県道から細い道を南下して行くと良いです。

本多家の墓所は、良玄寺の本堂から右手の外側の道(トイレがある公園「忠勝公園」)の奥に進むとあります。

圏央道も繋がり、大多喜城へも大変行きやすくなりましたので、東京や関東から是非訪れてみて下さい。
観光所要時間は資料館も見学して30分~40分といったところです。

本多忠朝と一心寺【真田の抜け穴・本多忠朝の墓】大阪の陣
本多忠勝~名槍が似合う豪将・徳川四天王
毛利勝永と毛利勝信【大阪の陣で義を果たした名将】
兄・本多忠政と本多忠刻とは?【姫路城主】
本多忠勝の陣跡~軍監として関ヶ原の戦いに参じるもバズ抜けた働き【関ヶ原の史跡】
久留里城~南総里見氏全盛期の本拠地に気軽に登ろう
里見義頼と里見義康とは~安房・館山城と共に歩んだ里見家のその後は?

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 秋山虎繁(あきやま-とらしげ)は、秋山領主(山梨県南アルプス市秋山)である秋山信任(秋山新左衛門信任…
  2.  阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達…
  3.  淀殿をご紹介する記事では、できる限り中立的な立場にて記載したつもりですが、父・浅井長政や、母・お市…

人気の戦国武将

  1. 戦国時代の日本歴史上有名な戦いである「桶狭間の戦い」に触れてみたいと思います。 今川義元の大軍に、…
  2. 今川義元(いまがわ-よしもと)は、1519年、駿河・遠江守護の今川氏親の5男として生まれた。幼名は芳…
  3. 広島城(ひろしまじょう)は1589年に築城された輪郭式平城で、別名は鯉城(りじょう)、在間城(ざいま…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る