小山田神明神社は小山田城(小山田館)の支城(砦)であった可能性も?


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 小山田神明神社は、鎌倉時代の1223年前後に、小山田義重(小山田次郎義重)の創建したとあります。
 主祭神は天照大神ですので、伊勢神宮・内宮系の神社ですね。

 ただし、創建当初から明治維新までは、現在の場所ではなく、東京都町田市の田中谷戸873番にあり、その名も「山王社」と呼ばれたそうです。
 田中谷戸の場所は、鶴見川の源流にあたる、泉がある辺りです。
 田中姓の家屋が多く、1661年、田中与五兵衛が青銅製の御正体(神体)を祀ったり、1803年には田中貴長が奉納した扁額もあります。

 小山田重義は、伊勢の伊鈴川のに面影があると言う事で、上小山田の田中谷戸に、皇大神の神霊を勧請したのが始まりと伝わります。

 それが、明治7年になって、神明社、天王社、稲荷神社、神明社の4社を合祀して、現在の場所である平に移転し、明治8年に神明神社と変更したと言います。

 スポンサーリンク


 毎年の祭礼は、この辺りで多く見られる「湯花の神事」です。

 

 さて、現在の神明神社の場所は、ちょっとした小高い丘の最高部にあります。
 谷戸を見おらせる展望もありますので、もしかしたら、小山田城のちょっとした砦でもあったのかな?と感じました。

 現在の上小山田神明神社がある場所へのアクセス・行き方は、下記の地図ポイント地点となります。
 郭のような小さな台地ですので、駐車場はありません。
 付近の道路には駐車禁止ではないところもありますので、住民の方や、トラックなどの通行障害にならないよう配慮して、短時間停めされて頂いて参拝させて頂きました。

 

 →小山田重義についてはこちら
 →小山田記~実録・小山田氏の存亡【小山田氏関連の考察とまとめ】

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。 亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…
  2.  片倉喜多(かたくら-きた)は、1538年に伊達家臣・鬼庭良直の娘(長女)として生まれた。  母は…
  3. 立花誾千代とは 立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…

人気の戦国武将

  1. 源頼朝は、源氏の頭領である、源義朝の3男として、1147年4月8日に尾張の熱田神宮西側にあった神宮大…
  2. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。 米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…
  3. 今治城(いまばりじょう)は、輪郭式平城で、別名は吹揚城、吹上城(ふきあげ)とも言います。 海を活用…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る