小沢城(川崎市)と小沢原の戦い~勝坂と隠れ谷・小沢蔵屋敷


スポンサーリンク
スポンサーリンク

神奈川県川崎市にある小沢城は、多摩丘陵の先端にあり、鎌倉道の矢野口(多摩川渡河点)を抑える交通の要衝にあります。
また、丘の麓には三沢川が流れ、標高87m、比高56m(三沢川と比較)の天然の要害となっています。

築城は平安時代末期で、小山田城主・小山田有信の3男・小山田重成が稲毛領主となり、稲毛重成(稲毛三郎重成)と称しており、その時に築城されたとも、または、稲毛重成の子・小沢重政(小沢小太郎)が築城したともされますが、この小沢重政(小沢小太郎)は「小沢姓」であることから、小沢城の城主になったのは間違いないでしょう。

しかし、1205年6月22日、畠山重忠の乱が起こり、北条時政の謀略によって稲毛氏(小沢氏)が首謀者とされます。
翌6月23日、稲毛重成は大江戸行元により殺害され、子の小沢重政は宇佐見祐村に討たれました。
墓所は枡形城近くの稲毛館跡とされる広福寺(向ケ丘遊園)にありますが、一族の大半は讃岐に落ち延びたようで、香川県まんのう町に稲毛姓が残っているそうです。

 スポンサーリンク


1205年11月3日、一族の小沢信重が、亡き稲毛重成と源師季(北条政子の妹・綾小路師季)との間の2歳の娘を連れて鎌倉を訪れると、北条時政の外曾孫である姫を哀れんだ北条政子が、姫を自身の猶子とし、小沢重成の遺領・小沢郷を与えました。
その後、一族の小沢信重(小沢左近将監信重)と言う名が見られ、応安年間(1368-1374)には小沢国高(小沢左衛門尉国高)が小沢城主だったようです。
また、小沢城の西側に小沢蔵屋敷の伝承がありますので、このページの最後に記載しておきます。
その年代の小沢城は足利尊氏の弟・足利直義の支配下であったそうなので、この頃、小沢国高(小沢左衛門尉国高)は足利直義に従ったとも考えられます。
そして、1351年、足利基氏(足利尊氏の4男)の家臣・高麗経澄(高麗彦四郎経澄)が小沢城を攻め落としており、この時に焼き払われたとあります。

小沢原の戦い

戦国時代になると、1530年6月、河越城から軍を進め深大寺城に入ってきた扇谷上杉家・上杉朝興を迎え討つため、小田原城主・北条氏康が軍勢を率いて小沢城に入っています。

1530年6月12日、小沢原の戦いと言う訳ですが、主戦場は、小沢城の麓と言う説と、現在の新百合ヶ丘駅周辺とする説があります。
総合すると、どうも、初戦は小沢城の麓であったようで、その時、北条勢(北條勢)は敗れて小沢城に籠ります。
それを見た、上杉勢は新百合ヶ丘方面まで進軍し、そこで夜営したようです。
その時、この時、16歳で初陣であった北条氏康は、清水吉政(志水小太郎)、中島隼人佐を引き連れて、夜営していた上杉勢を急襲するべく、小沢城から撃って出て「夜襲」を掛けたと言います。
金程付近(神奈川県川崎市麻生区金程1丁目)で戦闘になったとされます。

勝利した北条氏康(北條氏康)は「勝った!勝った!」と喜びの声を発して、金程から細山へ通じる坂を駆け上がったとし、現在「勝坂」(麻生区千代ヶ丘5-9)と呼ばれています。

この「夜襲」は、1546年の河越城の戦い(河越夜戦)でも、生かされる訳ですねと言うより、扇谷上杉家はまたしても同じ戦法を受けて北条勢に負けたと言う事が言え、油断がありすぎだと思います。

新百合ヶ丘駅の南東には、北条の軍勢を隠したとされる「隠れ谷」もあり、現在、上麻生隠れ谷公園(上麻生3丁目23-4)があります。
また、現在の麻生川は、かつて陣川と呼ばれていたそうです。

新百合ヶ丘駅入口の交差点付近は、矢が飛び交ったことから「矢崎」と呼ばれています。
なお、この辺りにはかつて万福寺という名の寺が存在しており、その伝承から現在でも町名は「万福寺」で、新百合ヶ丘駅の住所も万福寺となっています。
もしかしたら、上杉勢の本陣が万福寺に置かれたところを、北条氏康が夜襲したのかも知れませんね。

小沢城

今回は小沢城の南側より登城してみました。
こちらからですと、標高43mからですので、比高は41mとなります。

小沢城には、稲田堤駅からも尾根伝いに登れます。
また、京王よみうりランド駅からの場合は、穴沢天神社の参道から入れます。

細い階段を上がると、やがて竹林に囲まれた、なかなかの雰囲気の中を登って行きます。
各写真はクリックすると拡大します。

ただし、竹林などは私有地ですので、立入禁止となっています。

小沢城は地元の里山保存会の方が、定期的に草刈りなどをし、整備・保存なさってくれていますので、感謝しなくてはなりません。

上記は空堀後です。手作りの説明版もあります。

上記は浅間山へ向かう途中の物見台の郭です。
1590年、豊臣秀吉小田原攻め以降、小沢城は廃城となったようですが、江戸時代には富士講が流行し、小沢城の「浅間山」の峰が富士塚として信仰を集めたようです。

浅間山をあとにして、馬場跡方面に向かいます。

なお、小沢城と言う名の城は、あちこちにあり、神奈川県には別の小沢城もありますので、歴史を調べる場合には、混同しないよう注意が必要です。

上記は小沢城の馬場跡で、結構広いです。
この日は、幼稚園でしょうか?子供たちが訪れており、ドングリを拾っていました。

そうそう、竪堀もありました。

上記は南側から見た小沢城の遠景で、下記は北側の三沢川から見た遠景です。
ちょうど京王線も通過しました。

太平洋戦争中には、小沢城に「探照灯」が設置され、高射砲は枡形城(桝形城)に設置されていたと言います。

読売ジャイアンツ球場からもほど近い小沢城の見学所要時間は30分~50分です。
小沢城には駐車場はありませんが、南側の住宅街の道路は駐車禁止にはなっていません。
ただし、道が狭いですので、駐車しても消防車や大型トラットの通行に妨げとならない、広い道路の箇所を見つけて止めさせて頂きました。
駐車される場合には、くれぐれも住民の皆様の迷惑になら無いよう、配慮願います。

北側の三沢川沿いからも登れるようですが、南側の住宅街からの登城口(入口)は、下記の地図ポイント地点となります。

続いて、勝坂と隠れ谷公園の場所も念の為、地図表記しておきます。

勝坂

勝坂の場所は、下記の地図ポイント地点となります。

隠れ谷公園

隠れ谷公園の場所は、新百合ヶ丘駅から近いです。
隠れ谷の場所は下記の地図ポイント地点です。
地図は縮尺を変えてご覧願います。

小沢蔵屋敷(小沢氏館)

最後に、京王よみうりランド駅近くの「小沢蔵屋敷」をご紹介しておきます。
新編武蔵国風土記稿に「旧跡、小沢蔵屋舗、小名谷戸の内、国安社の北の山間に在」と記載されており、妙覚寺の付近が小沢蔵屋敷とされます。
応安年間(1368年~1374年)頃の人物とされる小沢国高(小沢左衛門尉国高)が築いたとされますが不詳です。
また、江戸名所図会によると、妙覚寺境内を含むこの付近に、小沢小太郎の居館があったとされ、そうなると小沢氏館跡と言う事になります。

妙覚寺の場所は下記の地図ポイント地点です。
参詣者用駐車場は、京王線の高架橋の北側にあります。

北条氏康と瑞渓院とは~文武両道な猛将も家中や庶民を大切にした戦国大名
神奈川県の小沢古城(こさわこじょう)と小沢城、小沢要害(相模国)
枡形城~稲毛有重の稲毛荘
小山田記~実録・小山田氏の存亡【小山田氏関連の考察とまとめ】
北条時政とは~伊豆韮山にある願成就院、執権・北条時政の生涯と牧の方について
武蔵・寺尾城と諏訪右馬助の大きな謎~横浜の寺尾城と川崎の寺尾城
訪問しておきたい神奈川県の城郭・寺院・古戦場など一覧リスト

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 早川殿(はやかわどの)は、早河殿とも書きますが、今川氏真の正室になった女性です。 NHKの2017…
  2. 山手殿は宇多頼忠の娘という説が有力だが、武田信玄の家臣・遠山右馬助の娘とする説もあり、良くわかってい…
  3.  彦姫は、米沢城主・伊達晴宗の4女として、1552年?に生まれた。兄に岩城親隆・伊達輝宗などがいる。…

人気の戦国武将

  1. 南渓瑞聞(なんけいたんぶん)とは、井伊谷城主・井伊直平の次男である。 生年は不明。 戦国初期…
  2. 広島城(ひろしまじょう)は1589年に築城された輪郭式平城で、別名は鯉城(りじょう)、在間城(ざいま…
  3. 松山城(まつやまじょう)は、伊予(愛媛)の松山にある標高132m、比高約90mの連郭式平山城で、津山…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る