掲載写真の提供についてのご案内

 アクセスを賜りまして深く御礼申し上げます。
 当サイトに掲載致しております、当方取材の史跡写真の提供をさせて頂いております。
 ※史跡写真以外の提供はできません。

 雑誌・書籍・テレビ番組などだけでなく、個人の方のブログやホームページなどでもご対応させて頂きます。
 たまにお問合せを賜る関係で、明記させて頂きました。

 城郭や史跡に関して、写真の元データ(大きなファイル)がある場合には、元データにてご提供をさせて頂きます。
 ただし、すべて元データがあると言う訳では無く、また、史跡以外など一部はご提供できない写真もありますので、まずはご相談賜りますと幸いです。

 また有料販売と言う事でなく、当方へのご寄付と言う形で承っております。
 その為、金額については任意とさせて頂いておりますので、当方より申し上げ事は致しません。

 充分なご寄付のご入金を賜りました際には、年間1000万PVなどのサイトにて、写真ご掲載先の媒体をご紹介(広告)もさせて頂く場合がございます。
 ただし、写真提供先としてご紹介を掲載する/しないの判断や、掲載する当方サイト、その内容などお任せ頂きますまで、予めご了承願います。

 ご希望の場合には、下記のフォームより、当方写真のURLをお知らせ願います。
 連休以外には概ね翌日までにメールにてご返信申し上げます。
 ※下記フォーム送信後は、この画面に戻ります。



スポンサーリンク
スポンサーリンク


サイト開設以来の総合人気ランキング

  1. 真田幸村とは 【真田信繁の生涯】 詳細版~徳川家に徹底対抗する人生を全うした名将
  2. 織田信長と言う人物に迫る~【織田信長】の性格・人柄は?
  3. 黒田官兵衛とは 黒田家とは~名軍師・黒田孝高、黒田如水の詳細紹介
  4. 淀殿(茶々)が産んだ、拾 (豊臣秀頼) の父親は誰?
  5. 淀殿(淀の方、茶々)~豊臣家・我が子の為に生涯を全うした強き女性
  6. 戦国伝~織田家~簡単攻略法・手順~信長の野望「創造」 パワーアップキット
  7. 荒木だし(荒木ダシ、たし)~荒木村重の継室?
  8. 1分でわかる「関ヶ原の戦い」~わかりやすい関ヶ原合戦
  9. 本能寺の変と織田信長・明智光秀の関係に迫る
  10. 後藤又兵衛(後藤基次)~不運な晩年を過ごし大阪城に入る
  11. 黒田長政~父に負けず勇猛果敢で智将でもあった武将
  12. 豊臣秀吉とは~農民の木下藤吉郎が天下を取れた理由と天才野心家の実態
  13. 信長の野望「創造」~攻略法の基本から簡単なゲームの進め方
  14. 井伊直虎とは~おんな城主になった訳と次郎法師を知ろう【2017年大河ドラマ】
  15. 織田信成さんまでの織田家の系図・歴代織田家当主とは
  16. 武田氏滅亡と武田勝頼・天目山の戦いと小山田氏滅亡
  17. 小松姫と真田信幸(真田信之)の2人の生涯
  18. 真田丸とは~大阪冬の陣~日の本一の武将の意地を掛けた真田丸の戦い
  19. 竹林院とは~九度山でも献身的に支えた真田幸村の正室である安岐姫
  20. 前田慶次とは(前田利益、前田慶次郎)【かぶき者】(戦国の傾奇者)
  21. 武田信玄とは~智力溢れる戦略と人物像・性格は?
  22. 真田昌幸~戦国時代を巧みに生き抜き真田家を守った名将
  23. 徳川家康がなぜ天下を取れたのか?~人財を生かし夢を叶えた徳川家康のスゴイところ
  24. 村松殿~姉として常に弟を気遣った真田家の女性 (於国)【真田丸では松】
  25. 兵数が増えやすい攻略方法~信長の野望「創造」パワーアップキット
  26. 糸姫 (イト)~蜂須賀小六の娘で黒田長政の最初の正室
  27. 大谷吉継の雄姿~関ヶ原の戦いでも石田三成に加勢
  28. 荒木村重とは~池田家家臣から摂津37万石の大名に出世した豪傑
 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(ま…
  2.  淀殿(よどどの)は1569年に近江・小谷城にて誕生した。  父は浅井長政で、母は織田信長の妹・お…
  3. 早川殿(はやかわどの)は、早河殿とも書きますが、今川氏真の正室になった女性です。 NHKの2017…
  4. 石井彦鶴姫は、1541年に肥前・飯盛城主である石井常延(石井兵部少輔常延)の次女として生まれました。…

人気の戦国武将

  1.  真田幸村(真田信繁)とは?どのような人物だったのか?  真田幸村は1567年に武藤喜兵衛昌幸(の…
  2. 戦国時代の日本歴史上有名な戦いである「桶狭間の戦い」に触れてみたいと思います。 今川義元の大軍に、…
  3. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…
  4. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。 米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…
限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る