真田氏館跡と真田氏歴史館&天白城


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 真田の里紀行真田氏歴史館と真田氏館跡の2本立てです。

真田氏館跡

 真田氏館は、真田幸隆真田信綱真田昌幸と、3代に渡り、真田家が居住した館跡とされます。
 真田家は松尾古城の付近が発祥と言われていますが、武田信玄に仕えて真田の地に復帰した際には、真田古城(打越城)を最初使用したようです。
 その後、真田本城を築くと、この地に館を構えたと考えられています。

 

 通称は「お屋敷公園」と呼ばれ、なだらかな丘陵地にあり、水源も豊富です。
 各写真はクリックすると拡大します。

 

 上記写真は屋敷の外から大手門土塁を撮影したものです。

 

 真田本城と真田氏館は、1585年に真田昌幸・真田信之真田幸村上田城に入るまで、使われました。
 皇大神宮は、真田昌幸が上田城に移転した際、、先祖代々の土地が荒廃するのを防ぐため、勧進したと言います。

 

 

 上記のように土塁もしっかり残されていました。

 

 上記は真田氏館跡の最下部付近からの展望で、砥石城・本城・枡形城を望むことができました。

 スポンサーリンク


真田氏歴史館

 

 見学所要時間は資料館は20分、館跡は20分といったところですが、じっくり見ますともっと時間が掛かります。
 なお、真田氏歴史館は火曜日定休のようですので、ご注意を。

 館内の展示物は撮影禁止でしたので、写真ありませんが、唯一撮影しても大丈夫な手前の展示物は下記です。

 

 真田関連のお土産物も販売されています。

 行き方・場所ですが、無料駐車場入口は下記の地図ポイント地点となります。
 ちっょと狭い駐車場でして、満車の場合、南側には別の大きな駐車場があります。
 この付近に止めることで、歴史館と館跡の両方に歩いてアクセスできます。

 

天白城

 真田氏歴史館の北東側には「天白城」があります。

 

 あくまでも有事の際に、立て籠もる為の詰めの城だと考えられます。
 北赤井神社の南側から登れると言う話ですが、付近に駐車場は無いとの事でして、今回は登っていませんので、写真はこれだけです。

 真田の里を観光する際のヒントにどうぞ。
 → 真田の里紀行はこちら

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 早川殿(はやかわどの)は、早河殿とも書きますが、今川氏真の正室になった女性です。 NHKの2017…
  2. 立花誾千代とは 立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…
  3. 石井彦鶴姫は、1541年に肥前・飯盛城主である石井常延(石井兵部少輔常延)の次女として生まれました。…

人気の戦国武将

  1. 南渓瑞聞(なんけいたんぶん)とは、井伊谷城主・井伊直平の次男である。 生年は不明。 戦国初期…
  2. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  3. 戦国時代を制して平和な江戸時代をもたらした英傑・徳川家康。 戦国の世に生まれ、今川義元の人質であり…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る