今川家重臣の関口親永と井伊直平の娘「さな」とは~今川家に尽くすも無念の切腹


スポンサーリンク
スポンサーリンク

関口親永

関口親永(せきぐち-ちかなが)は、元は瀬名義広(せな-よしひろ)と称した、今川家の中でもトップクラスの重臣でした。
1518年生まれで、父は瀬名氏貞 母は堀越貞基の娘となります。

父・瀬名氏貞は遠江・二俣城主を務めたあと、駿河の庵原郡瀬名村(静岡県静岡市葵区瀬名)に移りました。

 スポンサーリンク


なお、瀬名義広(関口親永)は次男であり、兄の瀬名氏俊(瀬名貞綱)が瀬名家を継ぐ立場です。
当時の通例としては、次男である瀬名義広(関口親永)は、僧侶として寺に出されてもおかしくないのですが、転機が訪れました。

今川刑部少輔家(今川関口家)と言う、今川家の一族である関口氏縁の養子となり、関口家の家督を相続したのです。
なお、今川氏親から偏諱を受け、関口親永と改めています。
そして、妻には、今川氏親の養女(井伊直平の娘)を迎えたと言う事になります。

2017年NHK大河ドラマ「おんな城主・直虎」では井伊直平の娘を「佐名」(さな)としています。
井伊直平の娘である佐名ですが、実際の名前は不明ですが、この井伊直平の娘は、今川家の人質を経て、今川家の重臣・関口親永の正室となった模様です。

そして、のち松平元康、要するに徳川家康の正室となる瀬名姫(築山殿)を1542年頃に産みました。

また、関口親永は重臣として駿河・持船城主となり、また室町幕府の奉公衆も務めました。

永禄3年(1560年)、桶狭間の戦いにて織田信長に敗れて、今川義元が討死します。
しかし、関口親永は跡を継いだ今川氏真を支えましたが、娘婿の徳川家康が今川家から独立します。
そのため、今川氏真から謀反を疑われた、永禄5年(1562年)に駿府尾形町の屋敷にて切腹を命じられました。
そして、1568年には武田信玄の侵攻を許し、今川家は崩壊したのです。

ちなみに、娘となる瀬名姫(築山殿)は、松平信康を産み、その娘・登久姫から繋がる系譜は、幕末の仁孝天皇→孝明天皇明治天皇と繋がるので、関口親永は現在の今上天皇の直系祖先と言えます。

井伊直平と井伊直宗や井伊直満の関係とその生涯【井伊家】井伊直義と井伊直元も
今川氏親と北川殿~今川家の危機を乗り越え遠江を手中に収めた絆は強し
花總まりさんが演じる佐名とは~井伊直平の娘と関口親永の関係【おんな城主直虎】
桶狭間の戦いとは~桶狭間はこんなところだったよ~桶狭間古戦場跡
築山殿は悪女だったのか?築山御前が殺害された本当の理由とは
今川義元は領国経営に優れた優秀な戦国大名だった
桶狭間の戦いの最新見解と桶狭間古戦場跡の訪問記・写真集
今川氏真と言う武将の才覚~今川氏真に足りなかったものは?
今川家の滅亡~掛川城と今川氏真・朝比奈泰朝 、薩埵峠の戦い

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1.  久保姫(くぼひめ)は、大館城主・岩城重隆の長女として1521年に生まれた。  通称は杉目御前、笑…
  2. 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(ま…
  3. 大蔵卿局・大蔵局(おおくらのつぼね)は浅井長政の家臣だっとされる大野定長の妻で、茶々の乳母であったと…

人気の戦国武将

  1. 戦国時代を制して平和な江戸時代をもたらした英傑・徳川家康。 戦国の世に生まれ、今川義元の人質であり…
  2.  天正壬午の乱(てんしょうじんごのらん)は、1582年6月、織田信長の死後、空白地帯となった甲斐・信…
  3. 淀城には「淀古城」と「淀城」の2つがありますが、その理由と歴史について調べてみました。 (さらに…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る