関宿城の訪問記と写真集~坂東武者を物語る歴史ある地


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 関宿城(せきやどじょう)は、古河公方の筆頭家老であった簗田満助または簗田成助が、1547年に築城した城とされています。

 利根川と江戸川が合分流する地点であり、関東平野における古くからの水上交通の要所であり「舟役」と呼ばれる通行税も取っていたようです。

 ※各画像はクリックすると拡大します。

 関東平野の中心に位置していると言っても過言ではありませんので、遠くの山々まで見渡せます。

 スポンサーリンク


 下記は関宿城から見える富士山です。雨上がりでしたので、ちょっと霞んでいますが・・。

 下記は筑波山ですね。とてもキレイです。

 こんな景色が素晴らしいところでしたら、私も城主になってみたいです。
 下記は利根川の対岸から撮影した関宿城と富士山です。

 現在、利根川の堤防沿いにお城の形をした「千葉県立関宿城博物館」があります。
 模擬天守です。
 江戸時代にもこんな天守はなかったと推定されています。

 資料館より、江戸川沿いをちょっと歩きますと、関宿城の本丸跡があります。
 すぐ隣は堤防となっていますが、本丸は田んぼよりも1.5mくらいかさ上げした土地になっておりますので、昔から洪水対策が施されていたのでしょう。

 本丸があったことを示す石碑も建っています。

 上記写真は、本丸の土地ですね。
 何もありませんが、保存されています。

 江戸時代に入ると「関宿藩」となり、幕末には老中として名を知られる久世広周が藩主でした。

 見学所要時間は、関宿城博物館内の有料拝観を含めて、約60分といったころです。
 是非、天気が良い時にでもお出かけください。

 下記の地図ポイント地点は、関宿城の本丸跡となります。

簗田晴助とは~関宿城主~上杉家と北条家と言う勢力への対抗

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 戦国時代には関東にも「足利氏姫」と言う女城主がいたと言うのは、あまり知られていないだろう。 157…
  2. 千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた。…
  3.  阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達…

人気の戦国武将

  1. 筒井順慶(つつい-じゅんけい)は、筒井城主・筒井順昭の子として1549年3月3日に生まれた。 母は…
  2. ▼徳川家康は天文11年(1542年)に、三河国(現在の愛知県東部)岡崎城で小大名・松平広忠の嫡男とし…
  3. 宮尾城(みやおじょう)は、厳島神社で有名な宮島にある平山城で、別名は宮ノ尾城、宮尾ノ城、宮ノ城とも呼…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり。
戦国武将シャツ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る