信綱寺(打越城・真田古城)と真田信綱の墓所


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 真田の里紀行信綱寺(打越城・真田古城)と真田信綱の墓所です。

打越城(真田古城)

 打越城(真田古城)は、横尾采女守が最初に築いたとされています。
 1550年の上田原合戦にて、横尾采女守は村上義清に協力して、武田信玄と戦って討死しました。
 残された幼君と家臣らは、上州へ逃れたと伝えられています。

 

 各写真はクリックすると拡大します。
 戸石城(砥石城)の村上義清を破った真田幸隆が打越城主となると、真田本城ができるまでのあいだ、真田家の本拠地になったと考えられているようです。
 上記「丘」の左先端辺りが打越城(真田古城)だったようです。
 この丘の北側に「信綱寺」があります。

 スポンサーリンク


信綱寺

 もともとは横尾氏の菩提寺として好雪斉大柏寺により室町時代に創建された模様です。
 真田信綱がまだ存命中のときに、横尾城の東にある梅ノ木の場所から、移転させました。
 現在の信綱寺(しんこうじ)の場所は、恐らくは打越城主だった時代の、真田幸隆の屋敷機能があったものと推測致します。

 

 1575年、長篠の戦いにて、真田信綱と真田昌輝が討死します。享年39。家督を継いで僅か1年でした。
 そして、武藤家の養子になっていた武藤喜兵衛が、武田勝頼の命により真田家を継ぐ事となり、真田昌幸が打越寺を改築して大柏山「信綱寺」とし、兄・真田信綱の墓所と定めました。

 

 訪れて一番ビックリしたのは、大変立派なお寺だった事です。
 真田家の菩提寺と言う訳ではありませんので、大変失礼ながらもうちょっと規模が小さい風に想像していました。

 左の裏山の墓地にまわってみたのですが、お墓の場所がわからず、戻って聞こうと思ったところ、ご丁寧に声を掛けて頂きまして、無事にお参りする事ができました。ありがとうございます。
 真田信綱の墓がある場所は、本堂の右側(鐘台の外)に進みまして、裏山へ続く舗装路をちょっと歩くとあります。

 

 真田信綱の遺体は、甲冑姿のまま家臣・白川勘解由の兄弟がここまで運び、埋葬したと伝わります。
 その時の血染めの陣羽織や、真田昌幸から信綱寺に宛てた書状などが宝物館に納められていますが、宝物館は事前電話予約制で100円(たぶん)となっています。

 

 墓は左から真田信綱の夫人、真田信綱、真田昌輝です。
 ※妻の墓は別の寺にもあり、真田昌輝の墓も含めて、推測となっています。

 

 脇には白川勘解由兄弟の墓もありました。
 しかし、境内はほんとうにキレイに清掃も行われており、管理されている皆様のご苦労も伺えます。

 

 上記写真は、信綱寺の手前にある「歴史の丘」です。
 一応、真田3代の歴史が左から右へと分かるようになっているようですが、ここが館跡であったともされています。内小屋城(内小屋館跡)とも言うサイトがありますが、内小屋城は上田市横尾内小屋にあるようです。

 

 おまけ写真は六地蔵さまです。六地蔵も立派でしたよ。

 さて、信綱寺への行き方・アクセスですが、下記の地図ポイント地点が駐車場となります。
 手前の真田古城霊園用の駐車場がありますが、通り過ぎて下さい。
 駐車場付近にトレイもあります。トイレも綺麗に管理なさっておられます。
 信綱寺と墓だけでしたら、観光所要時間は約15分です。
 
 

 → 真田の里紀行はこちら

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 立花誾千代とは 立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…
  2. 曳馬城主である飯尾連竜(いいお-つらたつ)は、今川義元に仕えていた。 飯尾致実(いいお-のりざね)…
  3. 奈多夫人(なだふじん)は大友義鎮(大友宗麟)の継室です。 奈多城主でもある八幡奈多宮の大宮司・奈多…

人気の戦国武将

  1. 真田丸(さなだまる)とは、真田幸村が築いた大阪城の出城の名称である。 大坂冬の陣に参加して欲し…
  2.  石田三成の波乱に満ちた生涯について公開されているホームページは多い。ただし、年表式に石田三成を解釈…
  3. 1535年7月23日、伊作城(本丸を亀丸城と呼ぶ)にて島津義弘が誕生。父は島津貴久で、次男として生ま…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る