タグ:三浦氏

  • 三浦義澄と三浦義村とは~三浦半島にある三浦義村の墓

    三浦義村(みうら-よしむら)は、相模・三浦郡矢部郷の領主・三浦義澄(みうら-よしづみ)の次男として生まれたが生年は不詳。 母は正室・伊東祐親の娘と考えられる。 兄の三浦友澄が承久の乱にて討死したため、三浦義村が三浦家…
  • 和田義盛の居城「和田城」と三浦氏の本拠地「三崎城」

    相模・和田城は、三浦郡和田郷にあります。 源頼朝の鎌倉幕府創設に大きく貢献したことが認められ、初代・侍所別当を任された和田義盛(和田小太郎義盛)の居城・館です。 (さらに…)…
  • 三浦道寸(三浦義同)~三浦義同と三浦氏

     宝治合戦以後、三浦氏は鎌倉の一御家人としての地位でしかなかったが、南北朝時代になると三浦氏は扇谷上杉勢として活躍する。三浦時高の代には大森氏・曾我氏らとともに扇谷上杉氏の重臣に取り立てられ、三浦郡だけでなく鎌倉郡へと領…
  • 新井城(荒井城)と三浦道寸の墓~三浦半島、三浦氏・三浦水軍の拠点

    まずは相模・新井城(あらいじょう)の生い立ちからご紹介したい。 鎌倉幕府創設に多大な貢献をした三浦氏であったが1213年、新井城からも程近い和田城を領し、幕府の侍所を努めていた三浦一族の和田義盛が和田合戦で執権・北…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1.  阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達…
  2. 奈多夫人(なだふじん)は大友義鎮(大友宗麟)の継室です。 奈多城主でもある八幡奈多宮の大宮司・奈多…
  3. 寿桂尼(じゅけいに)は、藤原北家である勧修寺流の中御門家(公家)・権大納言中御門宣胤の娘で、兄に中御…
  4. 竹林院(ちくりんいん)の生年は不明。 本名は利世(りよ)、安岐姫ともあるが、小説などでの創作名であ…

人気の戦国武将

  1. 実際の山本勘助 武田家は滅んだ大名のため、武田家に関する資料は多く残されていない。 武田氏の…
  2. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。 米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…
  3. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…
  4. 真田丸(さなだまる)とは、真田幸村が築いた大阪城の出城の名称である。 大坂冬の陣に参加して欲し…
限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり。
戦国武将シャツ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る