タグ:千利休

  • 松井康之は丹波水軍の優れた大将だった~細川家の重臣

    松井康之(まつい-やすゆき)は、京都郊外の松井城主である松井正之(松井山城守正之)の次男として、1550年11月1日に生まれました。 母は荒川澄宣(荒川治部大輔澄宣)の娘です。 (さらに…)…
  • 千宗恩~千利休を支えた妻

     千利休の後妻・宗恩(そうおん)は生年不詳。  名は「おりき」で、元は能役者・宮王三入(観世流の小鼓の名手)の妻。ただし、近年は松永久秀の妻であったとする説もある。  千利休は、この宮王三入から能を習い、親しくしてい…
  • 宝心妙樹と千利休の嫡男・千道安

     千利休の先妻・宝心妙樹(ほうしんみょうじゅ)は生年・本名不詳。  名はお稲で、飯盛山城主・三好長慶の妹とされる。  1542年頃に、千利休へ嫁ぎ、長男・千道安、長女、次女、3女、4女を設けている。  しかし、…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。 亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…
  2.  淀殿をご紹介する記事では、できる限り中立的な立場にて記載したつもりですが、父・浅井長政や、母・お市…
  3. 豪姫(ごうひめ)は、織田信長の家臣・前田利家の4娘として尾張・荒子城(愛知県名古屋市)にて1574年…
  4.  お市の方は、1547年?に織田信秀の娘として誕生した。呼称としては、市、お市の方、市姫、小谷の方(…

人気の戦国武将

  1. 【治国平天下 ~柳生新陰流 天下統御の剣・柳生石舟斎と柳生宗矩】 柳生石舟斎・柳生宗矩と柳生一…
  2. 北条氏康(ほうじょう-うじやす)は、小田原北条氏の第2代当主・北条氏綱の嫡男として1515年に生まれ…
  3. 長篠城を包囲した武田勝頼に対して、徳川家康・織田信長が38000の援軍を派遣すると、武田勝頼が120…
  4. 松山城(まつやまじょう)は、伊予(愛媛)の松山にある標高132m、比高約90mの連郭式平山城で、津山…
限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る