タグ:史跡

  • 伊吹善右衛門~おたつ 広峯神社の御師

     NHKの大河ドラマ「軍師・官兵衛」に登場する、広峯明神の御師 と言う設定の伊吹善右衛門とは? と思い、調べてみた。  まず「御師」とは、おんし/おし とも読み、寺に所属する僧侶で、参詣者を案内し、参拝・宿泊などの…
  • 小田原の役と八王子城の戦い

     はじめに  滝山城や津久井城も関連した三増峠の戦いから21年後、小田原北条氏は豊臣勢の攻撃を受け滅亡することになるが、その時、津久井城とも密接な状態にあった八王子城などを取り上げた。 (さらに……
  • 小牧・長久手の戦いと池田恒興~長久手古戦場

    小牧・長久手の戦いを、討死した池田恒興の視点から紹介したい。 1584年、羽柴秀吉は、織田信雄に味方する徳川家康が浜松にいる留守を狙って三河への侵攻を決意。 羽柴秀吉の甥・三好秀次に20000の兵を与え、堀秀政、…
  • 筑波・小田城と小田氏治の頑張り~8回も奪還を試みた小田城は防御は弱かった?

    茨城県つくば市にある国指定史跡「小田城」と、常陸の大名「小田氏」の記録です。 常陸・小田城 茨城県つくば市小田にある常陸・小田城です。 おだはおだでも、織田信長の織田ではなく、小田のほうになりますが、織田家…
  • 多気山城と多気氏の関係は?

     質問回答編とは?  当方関連サイトにお寄せ頂きましたご質問などに対して、相模原の歴史研究会所属会員が回答するものです。古い歴史にはわからないことが多いですので、もちろん歴史認識の違いや間違えなどがあるかも知れませ…
  • 鹿島神宮と行方四頭とは

     質問回答編とは?  当方関連サイトにお寄せ頂きましたご質問などに対して、相模原の歴史研究会所属会員が回答するものです。古い歴史にはわからないことが多いですので、もちろん歴史認識の違いや間違えなどが あるかも知れ…
  • 筑波・神郡の名刹「普門寺」

     インターネット上での記録が失われそうですので、下記の留めておく事に致しました。  茨城県つくば市神郡(かんごおり)にある名刹「普門寺」の記録です。  たまに普門寺境内を散策する方も見られます。 (さらに&hel…
  • 小沢古城(こさわこじょう)と小沢城、小沢要害(相模国)

     神奈川県の相模原側から見ると、水郷田名「高田橋」(相模川)の愛川町側にあたる、相模川のすぐ横にそびえる標高80mの山が小沢古城になる。  のちの世、すぐ近くにできたとされる小沢城と区別する為、小沢古城(下記写真)と呼…
  • 北条氏繁・北条氏舜・北条氏勝と玉縄城の縄張り

    北条氏繁・北条氏舜・北条氏勝 北条綱成の嫡男・北条氏繁(1536年~1578年)は初名を福島康成(北条康成)と言い、別名では左衛門大夫、常陸介を名乗った。正室は北条氏康の娘を迎えたとされ、子に北条氏舜・北条氏勝・北…
  • 小松姫と真田信幸(真田信之)の2人の生涯

    1573年に誕生した小松姫(こまつひめ、小松殿)は、徳川家康の家臣・本多忠勝の長女(第1子)で、母は側室・乙女の方(松下弥一娘・月量院)。 幼名は稲姫(いなひめ)、または於小亥(おねい)とも称している。 妹には、…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1.  お市の方は、1547年?に織田信秀の娘として誕生した。呼称としては、市、お市の方、市姫、小谷の方(…
  2.  1547年?に誕生した「おね」は、尾張国の杉原定利の娘(次女)で、母は朝日殿。  生まれてす…
  3. 寿桂尼(じゅけいに)は、藤原北家である勧修寺流の中御門家(公家)・権大納言中御門宣胤の娘で、兄に中御…
  4. 常高院(じょうこういん)・浅井初(お初、於初)は、1570年に小谷城にて生まれた。 父は小谷城主・…

人気の戦国武将

  1. 四国を制覇した長宗我部氏の本城だったのが土佐の岡豊城です。 その岡豊城を写真でご紹介しながら、…
  2. 【治国平天下 ~柳生新陰流 天下統御の剣・柳生石舟斎と柳生宗矩】 柳生石舟斎・柳生宗矩と柳生一…
  3. 安土城(あづちじょう)は、琵琶湖東岸の標高199m安土山に織田信長が命じて築城した山城(比高112m…
  4. 戦国時代の日本歴史上有名な戦いである「桶狭間の戦い」に触れてみたいと思います。 今川義元の大軍に、…
限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る