タグ:史跡

  • 鹿島神宮と行方四頭とは

     質問回答編とは?  当方関連サイトにお寄せ頂きましたご質問などに対して、相模原の歴史研究会所属会員が回答するものです。古い歴史にはわからないことが多いですので、もちろん歴史認識の違いや間違えなどが あるかも知れ…
  • 筑波・神郡の名刹「普門寺」

     インターネット上での記録が失われそうですので、下記の留めておく事に致しました。  茨城県つくば市神郡(かんごおり)にある名刹「普門寺」の記録です。  たまに普門寺境内を散策する方も見られます。 (さらに&hel…
  • 小沢古城(こさわこじょう)と小沢城、小沢要害(相模国)

     神奈川県の相模原側から見ると、水郷田名「高田橋」(相模川)の愛川町側にあたる、相模川のすぐ横にそびえる標高80mの山が小沢古城になる。  のちの世、すぐ近くにできたとされる小沢城と区別する為、小沢古城(下記写真)と呼…
  • 小松姫と真田信幸(真田信之)の2人の生涯

    1573年に誕生した小松姫(こまつひめ、小松殿)は、徳川家康の家臣・本多忠勝の長女(第1子)で、母は側室・乙女の方(松下弥一娘・月量院)。 幼名は稲姫(いなひめ)、または於小亥(おねい)とも称している。 妹には、…
  • 伊豆・長浜城と北条水軍の駿河湾海戦~長浜城の訪問記

    伊豆の長浜城は、駿河湾に面する重須湊を守るための城と考えられ、戦国時代関東一円を治めた北条氏の北条水軍の基地であった。 (さらに…)…
  • 逆井城(飯沼城)のみどころ~櫓門、橋、塀、主殿、二層櫓などが復元

     江戸時代の新田開発(干拓)により湖水こそなくなったが、逆井城(さかさいじょう)は南北30km、東西1kmを誇った飯沼の中央でカギ形にカーブする所の標高20mの台地先端にあり、城の北側は飯沼が洗い、西側は入り江の蓮沼に接…
  • 枡形城(桝形山城)~稲毛有重の稲毛荘

    枡形城(ますがたじょう)  小山田有重(母は宇都宮宗綱(八田宗綱)の娘)の子・小山田重成が、源頼朝の正室・北条政子の妹を妻に迎え、多摩丘陵にあった広大な稲毛荘を所領とし、1195年頃、枡形山に枡形城を築城。  そ…
  • 新井城(荒井城)と三浦道寸の墓~三浦半島、三浦氏・三浦水軍の拠点

    まずは相模・新井城(あらいじょう)の生い立ちからご紹介したい。 鎌倉幕府創設に多大な貢献をした三浦氏であったが1213年、新井城からも程近い和田城を領し、幕府の侍所を努めていた三浦一族の和田義盛が和田合戦で執権・北…
  • 神倉神社(南紀)の神秘と歴史に迫る

    神倉神社は日本列島に人間が住み始めた古い時代から信仰の対象であり、熊野神社が出来るより遥か以前からありました。ちなみに、神倉神社の近くにある熊野速玉大社は神倉神社の伊邪那美神が移ったもので、神倉山にあった元宮に対して熊野速玉大社のことを新宮と呼ぶ事から、新宮市と言う地名にもなっています。
  • 村上義清~北信の雄・葛尾城主【村上義清居館跡など】

    村上義清  1501年3月29日~1573年2月3日 村上氏の先祖は、清和源氏のひとつである河内源氏の初代・源頼信の庶子・源頼清を祖とする。 源頼清の孫にあたる源盛清は、長兄で白河上皇に仕えていた源惟清の養子とな…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1.  於菊(おきく)は真田昌幸の5女で、名胡桃城で生まれた。  真田信之・真田信繁らの妹に当たる。生年…
  2. 奈多夫人(なだふじん)は大友義鎮(大友宗麟)の継室です。 奈多城主でもある八幡奈多宮の大宮司・奈多…
  3. 慶誾尼(けいぎんに)は、慶ぎん尼とも書きますが、1509年に生まれた村中龍造寺家の当主・龍造寺胤和(…
  4. 寿桂尼(じゅけいに)は、藤原北家である勧修寺流の中御門家(公家)・権大納言中御門宣胤の娘で、兄に中御…

人気の戦国武将

  1. 淀城には「淀古城」と「淀城」の2つがありますが、その理由と歴史について調べてみました。 (さらに…
  2. 北条氏康(ほうじょう-うじやす)は、小田原北条氏の第2代当主・北条氏綱の嫡男として1515年に生まれ…
  3. 菅沼定忠(すがぬま-さだただ)は、田峯菅沼氏である菅沼定継の子となるが生年や母は不詳となる。 (…
  4.  小山田氏の祖である鎌倉武士・小山田有信から、戦国武将で武田信玄に臣従していた小山田信茂までの「小山…
限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
2016年10月、書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

2016年8月、戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る