タグ:城郭

  • 滝山城の探訪記と写真集~登城所要約90分も見応えある城

     滝山城(横山城)は、多摩川沿いにある標高160mの丘陵地を活かした連郭式山城で、1521年、近くの高月城主・大石定重(武蔵守護)が築城したとされる。  やがて戦国時代となり、小田原城の北条氏康が勢力を伸ばすと、滝山城…
  • 箱根の城攻め編~発見!ニッポン城めぐり

     スマホや携帯のGPS機能を使い、日本全国3000ものお城スタンプラリーを行うアプリ→ 「発見!ニッポン 城めぐり」の神奈川県の城攻めにおいて、なかなか取れていなかった箱根の城攻めを行って参りました。  箱根周辺に…
  • 鉢形城~北条氏邦が改修した城の訪問記

     鉢形城は、埼玉県寄居町にある城跡。  大きな流れの荒川と、渓谷になっている深沢川との合流部分の小高い丘に築いた平山城だ。 (さらに…)…
  • 足利義昭~信長包囲網など外交手腕に優れた最後の室町幕府将軍

    足利義昭の生まれは1537年11月13日、父は室町幕府12代将軍・足利義晴。母は近衛尚通の娘・慶寿院。 2男(次男)であった為、足利将軍家の家督相続者以外の子として、1542年11月20日、6歳の時、関白近衛稙家の猶子…
  • 小田原の役と八王子城の戦い

     はじめに  滝山城や津久井城も関連した三増峠の戦いから21年後、小田原北条氏は豊臣勢の攻撃を受け滅亡することになるが、その時、津久井城とも密接な状態にあった八王子城などを取り上げた。 (さらに……
  • 筑波・小田城~常陸小田氏の本拠地

     インターネット上での記録が失われそうですので、下記の留めておく事に致しました。  茨城県つくば市にある国指定史跡「小田城」と、常陸の大名「小田氏」の記録です。 小田城(茨城県つくば市小田)  源頼朝に従い…
  • 多気山城と多気氏の関係は?

     質問回答編とは?  当方関連サイトにお寄せ頂きましたご質問などに対して、相模原の歴史研究会所属会員が回答するものです。古い歴史にはわからないことが多いですので、もちろん歴史認識の違いや間違えなどがあるかも知れませ…
  • 田代城と細野城(新野城)~神奈川県愛川町

     田代城は、小田原北条氏家臣の内藤下野守秀勝(内藤秀勝)が半原・田代・角田を領して1555年~1558年位に築城されたと考えられる。  田代中学校付近には居館が構えらたと考えられ、背後の山には、狼煙台が設けられたようだ…
  • 沼田竜替城(茨城県つくば市沼田字竜替)

     沼田要害城は、つくば市にある筑波山(876m)の麓(ふもと)の沼田地区にある、燧ヶ池(三角池)のすぐ北側の高台がその場所だ。ただし、高台と言っても比高はわずか5mほどである。  沼田地区は標高20m(推定)であり…
  • なぞの溝呂木城と溝呂木正重

     溝呂木城は神奈川県厚木市にあると考えられているが、実はどこにあったかが定かではない。 (さらに…)…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 戦国時代には関東にも「足利氏姫」と言う女城主がいたと言うのは、あまり知られていないだろう。 157…
  2.  阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達…
  3. 山手殿は宇多頼忠の娘という説が有力だが、武田信玄の家臣・遠山右馬助の娘とする説もあり、良くわかってい…
  4. 千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた。…

人気の戦国武将

  1. 戦国時代の日本歴史上有名な戦いである「桶狭間の戦い」に触れてみたいと思います。 今川義元の大軍に、…
  2.  真田幸村(真田信繁)とは?どのような人物だったのか?  真田幸村は1567年に武藤喜兵衛昌幸(の…
  3.  天正壬午の乱(てんしょうじんごのらん)は、1582年6月、織田信長の死後、空白地帯となった甲斐・信…
  4. 長篠城を包囲した武田勝頼に対して、徳川家康・織田信長が38000の援軍を派遣すると、武田勝頼が120…
限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る